クリスマスの一人での過ごし方で知りたい外食や楽しみ方をご紹介!

img_7311 クリスマス

もうする恋人たちのクリスマスがやってきます。町は色めき、クリスマスソングを耳にしない日なんてないぐらいクリスマス一色に染まっています。そんなクリスマスを一人で過ごさなければいけない女性の皆さん。クリスマスを一人でどうやって過ごしますか?今回はそんな一人で過ごすクリスマスをハッピーにするための方法をご紹介します。

スポンサードリンク
  

クリスマスの一人での過ごし方ってみんなどうしてるの?

クリスマスといえば、彼氏や家族、仲間とパーティーをして過ごすイベントのように思われる方が一般的です。
ですが、そもそものクリスマスの意味を思い出してください。
クリスマスとはキリストが生まれた日。その日をお祝いする事です。
クリスマスの本場のヨーロッパや、キリスト教徒が多くいる国ではキリストの誕生1日前を祝う日として今でも厳かに過ごすことが習慣となっています。
そうです。ミサや礼拝に行き、世界や家族や大切な人の平和や幸せを祈る日なのです。
女子会をして回りの悪口を言いまくって、カップルに嫉妬したり、
はたまた彼とおしゃれな服を着て豪華なディナーを食べる為の日でもありません。
この日ぐらいはいつもはやらない祈りの事ばを静かに唱え、今後の自分の事、
今最も望んでいることは何なのかと自分自身と向き合う日にするのもいいのではないでしょうか。

そういった趣向があってかなくてか、クリスマスの日であっても普段と変わらないようにすごる一人女子や、本などを読んで過ごす一人女子も多くいます。

クリスマスに一人で外食って危険?

クリスマスに女性一人で外食に行くと「なにあの人?痛い…」なんて変な目で見られないか心配になってしまいますよね。でも心配しないでください。もともと一人で入るようなお店なら特に変な目で見られるようなことはありません。そもそも、社会人になると忙しくすごす人も多いため、ムードのあるレストランに行かない限りみな普段と同じように食事をとっています。どうしてもクリスマスの雰囲気を味わいたいとちょっとおしゃれなレストランに移行ものなら、やれ女子会、やれデートなどの皆さんに「一人なんだww」という目で見られてしまう事もありますが、行きつけの居酒屋やバー、牛丼屋さんやファストフードなんかは一人で行っても全く問題ありません。

また、少しでも気になるようであればわざわざ外食する必要もないでしょう。
クリスマスだからといって外食しなければいけないという決まりはありません。
クリスマス気分を味わいたいのであれば、家でさも誰かと食べるような雰囲気をだしてホールケーキとちょっと贅沢なワインを買いDVDを見ながら楽しんだり、いつもより豪華なデリを買ったりしてお家でキャンドルなんかをともして頂いても贅沢ですよ♪

スポンサードリンク

クリスマスに一人での楽しみ方を知りたい!

クリスマスが平日であれば、仕事をして1日を過ごしてしまえばいいのですが、問題は休日である場合です。クリスマスが休日であった場合、街はカップルや若者グループであふれかえる為外に出てもなかなか楽しめずにどっと疲れてしまう可能性が高いです。
そうならない為にも、クリスマスお一人女子の先輩のおすすめの楽しみ方はこちらです。

本を読む

普段読みたいと思っていても、時間がなくてなかなか読めない本はこのクリスマスにまとめ読み!寝食も忘れて没頭してしますという女子もいるようです。

習い事を初めて忘年会などに誘ってもらう

クリスマスパーティーの時期は、早めの忘年会の時期でもあります。
何か習い事を始めれば、その忘年会に誘ってもらえる可能性もあります。

トルフラワーの赤いバラを買って家で豪華な食事を作る

トルフラワーとは真空のグラスの中に生花が入っているものです。
たまには、手の込んだお料理を自分の為だけに作って、きれいなお花を見ながらゆっくり食事をするなんて言うのもいいですよね。また、クリスマスといえばケーキです。せっかくのクリスマスですからクリスマスケーキを買って楽しむのもおすすめです。
クリスマスケーキを選ぶときにおすすめなのが
ひとりのクリスマスケーキは予約していつどんな種類を食べる?
こちらの記事です。

美容デーにする

クリスマスデートに備えて、23日にたいていの女性は外見を整えます。
ですので、あえてクリスマスに予約を取ればとってもすいているはず!
ネイルや美容院やエステなど、いつもより豪華な美容デーにしてご自愛しちゃいましょう♪

何をするにしてもポイントを寂しいなんて思う暇がないぐらい充実した1日を過ごすことです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。クリスマスに一人ってなんだか世間からつまはじきにされたような切ない気持ちになってしまいますよね。でも、社会人になると彼氏がいても都合が合わなくて一人で過ごす人や、仕事が忙しくて一人で過ごす人、しょうがなく一人で過ごす人など、クリスマスを一人で過ごす人は意外と多いものです。決してあなただけが一人ではないんです。せっかくの聖なる夜。思いっきり自分の時間を楽しみましょう。

スポンサードリンク