ハロウィンとは?なぜ仮装するの?子どもへの伝え方まとめ☆

001210_li

10月に近づくと、様々なところでハロウィン関連の商品を見かけるようになりますよね。多くのお店等でもハロウィンの装飾がされ、秋の一大イベントとなっています。そんなハロウィンですが、もともとどのようなイベントなのでしょうか。
今回はハロウィンとは何か、なぜ仮装をするのかについてまとめていこうと思います。また、子どもへのハロウィンの説明もご紹介します!

スポンサードリンク

ハロウィンとは?

ハロウィンの起源は、数千年前に存在した古代ケルト人の「サウィン祭」という秋の作物収穫をお祝いしたお祭りと言われています。また、古代ケルト人にとって10月31日は1年の終わりとされていて、ご先祖様が帰ってくる日本で言うお盆のような日でもありました。死者を祭る日でもあり、先祖の霊とともに悪霊もやってきて災いをもたらすとも考えられた日です。
現代のハロウィンは、キリスト教行事の一つで、毎年11月1日に行う聖人をお祝いする「諸聖人の日」の前夜に行われるお祭りで、古代ケルト人が行っていた「サウィン祭」が取り入れられたものです。そのため、正確なお祭りの期間は10月31日~11月2日で、ハロウィンとは「Hallows(諸聖人)」「Eve(前夜)」が合わさりなまったとも言われます。
※語源に関しては諸説あり、「Hallow(神聖な)」「Even=evening(夜)」が合わさり短縮されたという説もあります。

スポンサードリンク

余談ですが、ハロウィンの「Trick or Treat」といって子どもたちがお菓子をもらう風習は、中世に祭用の食料をもらうため近所を歩いた農民の様子を真似たもので、魔物に扮した子どもたちをお菓子を渡して帰す様子は、家に魔物が入っては困るのでお菓子をあげることで機嫌良く帰すために行われたとされます。

ハロウィンで仮装するのはなぜ?

先述しましたが、ハロウィンの起源とされる古代ケルト人にとっては、ハロウィンは収穫祭だけでなく一年の終わり、つまり大晦日でもありました。そして、大晦日には先祖の霊と共に悪い魔物なども一緒にやってくると考えられていました。
そこで、魔物と同様の格好をすることで魔物の仲間であることを表現し、魔物による災いから逃れようとしたのです。これが仮装の起源と言われます。
また、仮装をすることで人間の怖い姿を見せ、悪霊や魔女などの悪い魔物を退散させていたという説もあります。

ハロウィン、子どもへの伝え方

起源などを理解するのはまだ難しい小さな子ども向けに、ハロウィン説明のポイントをまとめました!

★10月31日にやるお祭り。
★(外国の)昔の人がやっていた秋の作物収穫をお祝いするお祭り。
★お化けなどの仮装をして、近所の家などに「トリック オア トリート」と言ってお菓子をもらいにいく。
★かぼちゃを顔にくり抜いたものなどを飾り付ける。

さいごに

年中行事の中にはその意味を知らずに定着しているものも多いですよね。今回の記事に新たな発見があれば幸いです♪

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です