お月見はいつ?由来は?団子を食べるのはなぜ?

tsukimi_jugoya

日本には「お月見」の文化がありますが、その明確な時期や由来をご存知ですか?
またお月見というと団子を食べるイメージが浮かびますが、なぜ団子を食べるのでしょうか。今回はそんなお月見に関する疑問をまとめていきたいと思います!

スポンサードリンク

お月見はいつ?

お月見は、一般的に旧暦の8月15日「十五夜」に行います。そのため日付は毎年異なり、今年(2017年)は10月4日(水)です。
秋の澄んだ空気で満月がとても美しく見られる十五夜は、「中秋の名月」とも呼ばれます。
※実際には満月と十五夜の当日は数日誤差が出ます。

お月見の由来は?

お月見は、中国から伝わった月を見る行事が取り入れられており、日本での始まりは平安時代です。はじめは平安貴族の間で秋の美しい月を愛でる行事として宴が開かれ楽しまれていましたが、庶民に広がるにつれ秋の収穫に感謝する行事として定着していきました。
また、収穫の中でも芋類収穫のお祝いを兼ねていたため、「芋名月」と呼ばれることもあります。

スポンサードリンク

お月見で団子を食べるのはなぜ?

お月見は秋の収穫に感謝する行事と先述しましたが、この収穫への感謝と今後の豊作への祈りを捧げるお供え物の一つとして月見団子があります。
月見団子が丸いのは満月を表していて、収穫への感謝や豊作祈願に加え、それをいただくことで自身の健康や幸福に繋がると考えられていました。
現代では月見団子をお供えせず食べる人も多いかと思いますが、感謝や祈願をして供えたものを食べることが風習としては自身の健康や幸福につながるとされていたので、供えずにいた方は一度月にお供えしてみてはいかがでしょうか^^
ちなみにお供えする数は、十五夜の十五にちなんで15個、もしくは簡略して5個にする場合が多いですよ。

さいごに

日本文化の中には何気なく生活に馴染んでいて、その由来など詳しく知らずに過ごしているものも意外と多いですよね。今回の記事に新たな発見があれば幸いです♪

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です