フォローアップミルクは必要?与えるタイミングや卒業の時期は?

baby_kona_milk_can

育児をする中でどうするのが良いか分からないことは多々あると思いますが、「フォローアップミルク」の存在もそのうちのひとつではないでしょうか。筆者は息子に1歳直前~1歳半までフォローアップミルクを与えていましたが、与える前は必要なのかなど色々と悩みました。
同じように悩んでいる人の参考になればと、今回はフォローアップミルクの必要性などまとめていきたいと思います!

スポンサードリンク

フォローアップミルクは必要?

結論から言うと、絶対に必要なものではありません。実際、フォローアップミルクを飲まずに成長している子もたくさんいます。
フォローアップミルクは、食事では補うことが難しい栄養を補助してくれるミルクです。育児用ミルクとの違いですが、育児用ミルクは母乳の代用であり、フォローアップミルクは牛乳の代用です(胃腸への負担が少なくなるよう牛乳よりもタンパク質が少ないので1歳前から飲むことが出来ます)。
フォローアップミルクに含まれている栄養素はDHAや鉄分、カルシウム、ビタミンなど、商品によってそれぞれ異なります。なので、与える際は子どもの成長や栄養バランスを考えて適したものを選ぶのがおすすめです。
また、フォローアップミルクは商品によって味が異なるので、子どもによって好みが分かれることもあります。

スポンサードリンク

フォローアップミルクを与えるタイミングは?

ほとんどのフォローアップミルクには、生後9か月から3歳頃まで飲めると書いてありますが、フォローアップミルクを飲み始める目安は、離乳食が1日3回しっかりと食べられるようになった頃です。フォローアップミルクはあくまで、離乳食でまかないきれない時や、赤ちゃんの食べムラがある場合に栄養を補うものだからです。
ちなみに与える時間ですが、一般的に食事にプラスしたり間食の代わりに与えたりします。筆者の場合は、息子が夜中空腹で起きてしまっていたので、食事や間食では与えず、夜間2回に分けて与えていました。量はミルク缶に記載の1日の目安を参考に。

フォローアップミルクの卒業時期は?

フォローアップミルクを見ると3歳頃までと書いてあるものが多いですが、飲み終わりのはっきりとした時期はありません。しかし、フォローアップミルクは不足しがちな栄養を補ってくれるものなので、離乳が完了して食事をしっかり摂れる場合や、牛乳に移行した場合には飲ませる必要がなくなります。

さいごに

筆者は食べムラのあった息子の栄養のバランスを考え、フォローアップミルクの必要性を感じたので与えましたが、筆者の周囲でもフォローアップミルクを与える人、与えない人はちょうど半々くらいでした。また与え方も人それぞれで、食事と一緒に与えている人、寝る前に与えている人など様々。
フォローアップミルクには賛否ありますが、子どもに合わせて、必要性を感じた人のみ子どものペースで取りいれていくのが良いと思います^^

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です