プロテインとは?種類ごとの特徴や用途まとめ☆

6742f5ac8ab3f459743b5657dcf5853f_t

筋トレを始めた人の多くが注目するもののひとつに、「プロテイン」がありますよね。
そもそもプロテインとはどんなものなのでしょうか。今回はまだプロテインがよく分からないといった人向けに、プロテインとは何か、また種類や特徴・用途についてまとめていこうと思います!

スポンサードリンク

プロテインとは?

プロテインとは、日本語でいう「タンパク質」のことです。タンパク質は、筋肉など体を作るための材料で、肉や魚、大豆製品、卵、乳製品などに含まれている大切な栄養素のひとつです。
しかし日本では、運動前後に筋力アップを図るために摂取するタンパク質を豊富に含んだ飲料のことを指すのが一般的です。
タンパク質は食事に含まれる栄養素なので食事で補う事も可能ですが、筋肉をつけたい際は多くのタンパク質が必要となるので、食事で補おうとすると余分な脂質も加わってしまいカロリーオーバーも招きかねません。そこで注目されるのが、高タンパクでありながら低脂肪に配慮されたプロテイン飲料やサプリメントなのです。

プロテインの種類

プロテインには様々な種類がありますが、代表的なものは「ホエイプロテイン」「カゼインプロテイン」「ソイプロテイン」の3種類です。
「ホエイプロテイン」と「カゼインプロテイン」は牛乳タンパクを原料としており、「ソイプロテイン」は大豆タンパクを原料としています。

スポンサードリンク

プロテインの種類別特徴・用途

■ホエイプロテイン
【特徴】吸収効率が高い。吸収速度も速く、約1~2時間。
【用途】筋トレ。
筋肉は運動を終えた直後、回復そして増強するようになります。なので、筋トレ後すぐにホエイプロテインを摂取することで、タンパク質を素早く行きわたらせて筋肉づくりを効率よくサポートできます。

■カゼインプロテイン
【特徴】体内にタンパク質が長時間補給される。吸収速度は遅く、約7~8時間。
【用途】筋力の低下を防ぐ。
カゼインプロテインを摂取することで、筋タンパク質の分解を抑えることができるため筋力低下を防ぐことが期待できます。就寝前の摂取が最適。

■ソイプロテイン
【特徴】基礎代謝をあげてくれるので、健康維持にも最適。吸収速度は遅く、約5~6時間。
【用途】ダイエット。
筋肉量が減ってしまうと代謝が悪くなり、痩せにくくなったりリバウンドしやすくなったりしてしまいます。ソイプロテインは腹持ちが良いためダイエットに向いており、摂取することで筋肉量を維持しながら健康的にやせる効果が期待できます。

さいごに

プロテインと言っても種類があり、それぞれに特徴もあるので、自身の使用目的に合わせて選んでいくのが良いですね♪

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です