お盆の意味は?由来や時期、お供えに関するまとめ。

obon_nasu_kyuri 日本文化

お盆というと盆踊りがあったり、長期休暇取得時期のひとつであったり、日本人にとってなじみ深い行事のひとつですが、その意味や由来に関しては詳しく知らない方も多いのではないでしょうか。
今回はお盆の意味や由来とともに、時期やお供えについてもまとめてみました!

スポンサードリンク

お盆の意味・由来

お盆とは、正しくは「盂蘭盆会(うらぼんえ)」といい、旧暦の7月15日あたりに行われる先祖供養の儀式です。
その由来は、先祖の霊があの世から帰ってきて、また戻っていくという日本古来の先祖崇拝の信仰と、仏教の「盂蘭盆経(うらぼんきょう)」というお経の説話が結びついたもの。
家に帰ってきたご先祖様に感謝し、心からの供養をすることで今生きる私たちにも幸せが訪れるとされています。

お盆の時期

お盆の時期は一般的には8月13日~16日ですが、地域によって差もあります。
【東京・南関東など】
7月15日前後。旧暦がそのまま新暦に。
【全国】
8月15日前後。月遅れの盆。
【沖縄・南西諸島など】
8月20日あたり(年によって変わる)。旧盆。旧暦の7月15日にあたる。

スポンサードリンク

このような差が生まれたのは、明治時代に旧暦から新暦に変わった際に全国各地で対応が異なったため。
ちなみに1か月遅れのお盆が多い理由は、当時農業を営む人口が約8割を占めていて、新暦の7月15日では農作業が忙しかったため1か月遅らせるようになりました。

お盆のお供え

■精霊馬(しょうりょううま)
キュウリやナスに割り箸を刺して作った馬と牛。ご先祖様に馬で帰ってきてもらい(キュウリ)、お土産を乗せるため牛(ナス)で戻ってもらう、という意味があります。

■精霊棚(しょうりょうだな)
精霊馬とともに位牌や香炉、線香、蝋燭のほか、はすや果物、そうめんなどをお供え物に用意にします。

■百味飯食(ひゃくみおんじき)
すべての精霊にお供え物を供える意味があるもので、蓮や芋の葉の上にキュウリやナスの微塵切りにしたものに洗い米を加えた「みずのこ」というものを作ってお供えし、萩のほうきで水を注ぎいれます。

さいごに

最近では住環境の変化などもあり、お盆の風習が薄れてきているようにも感じますが、どのような形であれご先祖様を供養する心は忘れずにいれると良いですね^^

スポンサードリンク