赤ちゃんの夏の過ごし方【部屋内】【外出時】【服選び】ポイントをご紹介♪

004814_li

赤ちゃんはとても汗っかきなうえ、体温調節機能も未熟なので夏場の過ごし方にはいろいろと気を遣いますよね。
はじめての子育ての場合、どうしたら良いか分からないことも多いのではないでしょうか。そこで今回は、赤ちゃんの夏の過ごし方について、【部屋内】【外出時】【服選び】ごとにポイントをご紹介していきたいと思います!

スポンサードリンク

赤ちゃんの夏の過ごし方ポイント【部屋内】

■適温を意識する。
室内の温度と外気の温度差は5度前後になるように設定し、赤ちゃんが快適に過ごせる温度になるようにしましょう。外との温度差があり過ぎると、外出時に体に大きな負担がかかり、体調を崩しやすくなってしまいます。
また、夏場のエアコン設定温度は26~28度が推奨されていますが、冷たい空気は下に溜まりやすいので赤ちゃんの寝ている場所に温度計を置き、室温調節することをおすすめします。

■こまめなスキンケアを行う。
汗をかきやすい赤ちゃんはあせものトラブルも多くなります。部屋で過ごしているときでも、こまめに柔らかいタオルで身体を拭いたり、シャワーで汗を流したりなどこまめにスキンケアするようにしましょう。

■虫よけをする。
夏場は蚊など虫が多くなるので、虫よけを行うようにしましょう。蚊取り線香など煙やにおいの無いものを選ぶのがおすすめです。

■直射日光を避ける。
お昼寝時など直接日差しが当たってしまわないように、カーテンやブラインドで遮断しましょう。窓際から離れていても時間帯で日が当たってしまわないか注意してみてください。

スポンサードリンク

■扇風機使用時は風向きに注意する。
気をつけなければいけないのは、長時間赤ちゃんに直接風が当たってしまわないようにすることです。首ふり設定や置く位置など気をつけましょう。
また、扇風機を置く際は事故予防のため手指が入ってしまわないよう専用ネットの取り付けがおすすめです。

赤ちゃんの夏の過ごし方ポイント【外出時】

■日焼け・紫外線対策をする。
外へ出るときは子ども用日焼け止めクリームの使用、帽子の着用をし、日焼け対策を忘れずに行いましょう。

■こまめに着替える。
汗をかいた後はこまめに着替えをしましょう。汗をかいたままの服装で冷房の効いた場所に行ってしまうと身体が冷えてしまいます。また、汗をかいた服のまま過ごしていると肌トラブルも起きやすくなってしまいます。

■こまめな水分補給をする。
汗をたくさんかくことで脱水も起きやすいので、水分補給はこまめに行うようにしましょう。

■日差しの強い時間は外出を避ける。
日差しが強烈な12~14時はなるべく外出しないのがおすすめです。

赤ちゃんの夏の過ごし方ポイント【服選び】

■通気性と吸水性の良い素材を選ぶ。
着心地の良いコットンなどで、洗濯にも強く通気性・吸水性に富んでいる服がおすすめです。

■服の枚数目安
新生児期:大人より1枚多めに。
3か月過ぎ:大人と同じか1枚少なめに。
※背中が汗ばんでいたら1枚減らすようにしてみましょう。
※上記はあくまで目安なので、場所に合わせても臨機応変に調節するようにしましょう。

さいごに

夏場は暑くて眠ることが出来ず泣き出してしまったり、あせもが出来やすかったりと何かと暑さによるトラブルがあります。しかし、快適に過ごせるようちょっとした配慮をするだけでもトラブル少なく夏を乗り切れます!ぜひ今回ご紹介したポイントも意識してみてください♪

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です