高カカオチョコレートの効果は?カロリーや食べる時の注意点まとめ。

015673_li ダイエット

テレビや雑誌など様々なメディアで話題の高カカオチョコレート。市販されている高カカオチョコ―レート商品もあり、手軽にとることが出来ますよね♪
そんな高カカオチョコレートですが、実際どのような効果があるのでしょうか。今回は高カカオチョコレートの効果や、気になるカロリー、食べる時の注意点をまとめていこうと思います!

スポンサードリンク

高カカオチョコレートの効果は?

一般的なチョコレートのカカオ含有量が30~40%に比べ、高カカオチョコレートとはカカオが70%以上含まれているチョコレートのことです。
高カカオチョコレートというとよくダイエット効果が注目されますが、これは食前に食べることで血糖値がすばやく上昇し、食欲を抑える効果が期待できるからです。
チョコレートには抗酸化作用のあるカカオポリフェノールに加えカルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛などのミネラル分や食物繊維、健康に良いとされるフラボノイドやテオブロミンなどの成分も含まれています。そしてこれらの成分は、高カカオチョコレートに多く含まれているのです。
また高カカオチョコレートに多く含まれるカカオポリフェノールには、以下の健康効果が期待できます。
① 血圧低下
血管がつまって細くなっているとき、カカオポリフェノールが作用することで血管を広げ、血圧を下げる効果が期待できる。
② 動脈硬化予防
動脈硬化を引き起こす原因として、コレステロールが酸化されることがあげられるが、カカオポリフェノールの強い抗酸化力によってLDLコレステロール(悪玉コレステロール)の酸化を防ぎ、HDLコレステロール(善玉コレステロール)を上昇させるなどの効果が期待できる。
③ ガン予防
体内の活性酸素によりガンは引き起こされると言われるが、カカオポリフェノールの抗酸化作用が効果的であると期待される。
④ 認知症予防
脳に多く存在する「DHA」の酸化に効果がり、認知症の予防効果が期待できる。
⑤ アレルギー改善
カカオポリフェノールがもつ強い抗酸化作用で活性酸素の働きを抑えることによって、アレルギーの予防や軽減に効果が期待できる。
⑥ ストレス緩和
カカオポリフェノールを摂ることで心理的・肉体的ストレス反応が緩和され、ストレスによるホルモンの増加も抑制されることが判明している。
⑦ 美容効果
肌は年齢とともに老化するが、カカオポリフェノールによって肌老化の原因のひとつである活性酸素が引き起こすトラブルを防ぐことができる。また、紫外線から肌を守る効果も期待できる。

スポンサードリンク

高カカオチョコレートのカロリー

健康や美容に効果があるカカオポリフェノールですが、カカオ豆の食用部分の半分は脂質のため、かなり高カロリーです。普通のチョコレート(カカオ含有量30~40%)と比べ、高カカオチョコレートの脂質は1.2~1.5倍も多く、熱量も相対的に高くなっています。

高カカオチョコレートを食べる時の注意点

◆食べ過ぎに注意する。目安は1日25g程度、カロリーは約140kcal。
◆テオブロミンやカフェイン等の生理作用のある物質も多く含まれるので、これらの成分に敏感な人やテオフィリン等の医薬品を使用している人は摂取に注意。
◆ニッケルが多く含まれている食品でもあるので、金属アレルギーの人も摂取に注意。ニッケルは接触性だけではなく、経口でも症状が出る場合がある。

さいごに

高カカオチョコレートは手軽に摂取出来て、健康や美容といった様々な効果が期待できる食品なのでとても良いですね!
ただ食べ過ぎてしまうと返って身体に良くないので、一日の目安を守って上手に生活に取り入れましょう♪

スポンサードリンク