七夕の由来や飾りの意味は?短冊を笹に飾るのはなぜ?

sasanoha_bg 日本文化

7月7日は「七夕」ですね!七夕といえば「七夕の歌(たなばたさま)」「七夕祭り」「おりひめとひこぼしの伝説」「笹の葉に短冊を飾る」などが思い浮かびます。なかでも「願い事を書いた短冊を笹に飾る」という風習は、いろいろなところで行われていてとても身近な行事ですよね。
そんな七夕行事ですが、なぜ願い事を書いた短冊を笹に飾るのか、そもそも七夕の由来や七夕飾りの意味は何なのか知っていますか?今回は意外と知らない人も多い、七夕に関する疑問をまとめていこうと思います!

スポンサードリンク
  

七夕の由来は?

七夕の由来にはいくつか説がありますが、有力な説は
①日本の神事であった「棚機(たなばた)」
②おりひめとひこぼしの伝説
③奈良時代に中国から伝来した「乞巧奠(きこうでん)」
の3つが合わさって現在の七夕になったというものです。それぞれについて簡単に説明していきます。

【① 日本の神事であった「棚機(たなばた)」】
古くから日本にあった秋の豊作を祈願したり、人のけがれを祓ったりする行事で、選ばれた乙女が川などの清い水辺にある機屋(はたや)にこもって神様のために着物を織って供えていた。この時使われる織り機を「棚機(たなばた)」と呼んでいた。
そして仏教が伝わると、この行事はお盆を迎える準備として7月7日の夜に行われるようになった。

【② おりひめとひこぼしの伝説】
こと座のベガと呼ばれる織女(しゅくじょ)星は裁縫の仕事、わし座のアルタイルと呼ばれる牽牛(けんぎゅう)星は農業の仕事をつかさどる星と昔考えられていた。
この2つの星は、旧暦7月7日(現在の8月12日頃)に「天の川」をはさんで最も光り輝いているように見えることから、中国ではこの日を一年に一度のめぐりあいの日と考え、一年でこの日だけは織姫と彦星がめぐり合うことが出来るという七夕ストーリーが誕生。

【③ 奈良時代に中国から伝来した「乞巧奠(きこうでん)」】
中国の行事で、7月7日に織女星にあやかってはた織りや裁縫が上達するようにとお祈りをした風習。庭先の祭壇に5色の糸を通した針などをそなえて、星に祈りを捧げた。
やがて、はた織りや裁縫のみならず芸事や書道などの上達も願うようになった。

スポンサードリンク

ちなみに、現在のように短冊に願いを書くようになったのは江戸時代からと言われています。七夕が五節句の一つとなって以降、笹竹に短冊に芸事上達の願いを書く風習が広がり、現在に至るまでの間に徐々に様々な願いを書くようになりました。

七夕飾りの意味は?

七夕祭りなどへ行くと、立派な七夕飾りを目にしますよね。いくつか七夕飾りの意味をご紹介していきたいと思います。
◇紙衣:裁縫上達の願いが込められている
◇投網:豊漁の願いが込められている
◇千羽鶴:長寿の願いが込められている
◇巾着:金運上昇の願いが込められている
◇吹き流し:機織の上達の願いが込められている

ちなみに、七夕の歌にもあるように「五色の短冊」とよく聞きますが、実はこの五色にもそれぞれ意味があります。
五色は、乞巧奠で飾られていた五色の糸に由来し「黄・白・赤・青・黒(紫)」であることが一般的です。
◇黄:植物の発芽を象徴する
◇白:鉱物・金属を象徴する
◇赤:光り輝く炎の様子を象徴する
◇青:樹木の成長する様子を象徴する
◇黒:和泉から湧き出る水を象徴する

七夕で短冊を笹に飾るのはなぜ?

なぜ短冊を笹の葉に飾ったかというと、昔から笹(竹)が神聖なものとして大切に扱われていた経緯があります。根強く、冬も耐え抜く繁殖力も強い笹(竹)は、その生命力と神秘性から神事に使用されることが多く、笹の葉のすれ合う音は「神様を招く」とも言われ神聖なものとされていました。
こういった経緯があり、神聖な笹(竹)に七夕の願い事も吊るされるようになりました。

さいごに

年中行事はなんとなく行っているものも多いですが、その由来や意味を知るとなんだか奥深い行事になる気がしますね。
大人になると短冊を書く機会も減るかと思いますが、今年はぜひ願い事をしてみてはいかがでしょうか♪
素敵な願い事が叶いますように☆ミ

スポンサードリンク