五月病とは?原因や症状、対策をご紹介します!

70988

今年ももうすぐゴールデンウィークですね!毎年、ゴールデンウィークが明ける頃になると『五月病』という言葉をよく耳にしますが、その意味をご存知ですか?筆者は昔、5月に入ってなんとなくやる気が出ないと「五月病かな~」とすぐ言ってしまっていました^^;
『五月病』とは、通常新入社員や新入生が新しい環境に馴染めないことによって、うつ病に似た症状を5月の連休明け頃から発症するものを指します。そして医学的には「適応障害」「うつ病」と診断される精神疾患のひとつで、『五月病』という病名は存在しません。
今回はそんな『五月病』について、その原因や症状、対策を合わせてご紹介していきたいと思います!

スポンサードリンク
  

五月病の原因

五月病の原因は、新しい環境によって受ける強いストレスです。
4月、新年度が始まって新社会人になったり、部署の異動があったり、無事進学し新入生となったり、クラス替えがあったり…新しい環境での生活がスタートします。すると新たに人との出会いがあり、通勤・通学の変化があり、生活リズムも変化するなど、様々な変化の中に身を置くことになるわけですが、この様々な変化に適用しようとするとき強いストレスを感じます。
そしてそんなストレスの多い環境の中で1か月頑張ったころ、ゴールデンウィークという大型連休を迎え、疲れが一気に押し寄せることで、連休明け頃からうつ病に似た症状が発症するのです。(この発症時期にちなみ『五月病』と言われます。)
中には新しい環境の中でもストレスを感じない人もいるとは思いますが、たいていの人は新しく人間関係を築く過程で他者に合わせたりなど努力もありますし、生活環境が大きく変わることは大変で、とてもストレスを感じますよね。
新年度ということで期待ややる気に溢れていた人は、1か月生活してみた中で落差を感じたとき、不安や無力感を抱くこともあると思います。また気付かないうちに緊張していた日々を送っていて、大型連休に入りその緊張の糸が切れたように脱力感を感じることもあるでしょう。
どのような要因であったとしても、新年度が始まり新しい環境に適用しようと頑張り、過度に感じたストレスによって五月病の症状は引き起こされるのです。

スポンサードリンク

五月病の症状

五月病の症状は多義にわたりますが、よく挙げられている主訴は以下の通りです。
【精神面】
・脱力感
・不安感
・無力感

【肉体面】
・不眠
・めまい
・胃腸の弱り
・食欲低下
・動悸
・息切れ

五月病の対策

五月病の対策は、ストレスケア(ストレスの発散・解消)を行うことです。
ストレスケアの方法としては自身の好きなことをやるのが良いとよく言われますが、ここでは筆者が考え付くものを紹介していきたいと思います!
◇体を動かす(スポーツや散歩など)
◆歌う、大きな声を出す
◇好きなものや美味しいものを食べる
◆たくさん睡眠をとる
◇気軽になんでも話せる相手と会話する
◆映画やドラマ、好きな番組を観る
◇読書
◆音楽を聴く
◇ゆっくり入浴する(気分転換に温泉もオススメ)
◆アロマを取り入れる(リフレッシュ効果の柑橘系やリラックス効果のラベンダーがオススメ)
◇自然の中へ行く
◆旅行
◇陽の光を浴びる
◆部屋の空気を入れ替える
◇リラクゼーションサロンの利用
◆規則正しい生活に整える(早寝早起き、栄養バランスの良い食事を3食摂るなど)
◇ストレスに感じることなど思っていることを紙に書き出してみる

まとめ

■五月病の原因は、新しい環境によって受ける強いストレス。

■五月病の主な症状は、不安感・脱力感・不眠・動機・食欲不振。

■五月病の対策は、ストレスケア(ストレスの発散・解消)を行う。

五月病はうまくストレスケアを行うことで、新しい環境にも慣れる6月頃には自然と回復してることが多いそうです。
五月病の症状がある方はお辛いと思いますが、今回ご紹介した対策が少しでもお役にたてれば幸いです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です