新生児聴力検査の必要性は?結果はいつ分かる?再検査になった息子のケース。

akachan_okurumi

赤ちゃんは生まれて間もなくすると、先天的な異常がないかを調べるためにいろいろな検査を行いますよね。
そのうちの一つに任意で行われる聴力検査がありますが、任意と聞くと受けなくてもいいのかな?と迷う方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな新生児聴力検査の必要性や、どのような検査なのか、また再検査が必要とった息子のケースをまとめていこうと思います。

スポンサードリンク
  

新生児聴力検査の必要性は?

耳鼻科医によると、新生児の1000人のうち1人の割合で難聴が見つかるそうなので、検査は受けた方が良いと思います。
もちろん、新生児の聴力検査(正式には新生児聴覚スクリーニング)は任意の検査なので受けなくても構いませんが、難聴の発見が遅れてしまうとコミュニケーション能力や言語能力が正常に発達できなくなることもあるそうです。
そして新生児の時に検査を受けずにいると、2~3歳まで難聴に気付けない場合もあります。費用は自己負担となってしまいますが、将来の不安要素を取り除くためにも、受けられる検査は受けておくことをおすすめします。
何事もそうだと思いますが、やはり早期発見の方がいろいろと対応もしていくことができます。

新生児聴力検査の結果はいつ分かる?

新生児聴覚検査には「自動聴性脳幹反応(ABR)」と「スクリーニング用耳音響放射(OAE)」の2種類がありますが、どちらも検査を受けた当日にその場で結果が分かります。

続いて、新生児聴力検査の内容や費用に関しても簡単にまとめていこうと思います。
「自動聴性脳幹反応(ABR)」と「スクリーニング用耳音響放射(OAE)」はどちらも新生児聴覚スクリーニングのために作られたものです。「自動聴性脳幹反応(ABR)」は、音に対する聴覚神経の反応を脳波でモニターしていきます。
こちらは防音室の中で眠っている赤ちゃんにヘッドホンのようなものをつけて行われます。「スクリーニング用耳音響放射(OAE)」は、刺激音を聞かせて、その音に対する反射音が認められるかどうかを自動的に判定します。こちらも眠っている赤ちゃんにイヤホンから小さな音を聞かせ、耳の中から反射してくる音を測定します。

検査結果は「PASS(=反応あり。今のところ聞こえにくさはない)」または「REFER(=反応なし/反応不明で、再検査が必要)」となりますが、「REFER」だからといって必ずしも難聴ということではありません。
中耳に羊水が残っていたり、耳垢などが原因で反応がないこともよくあります。実際、再検査となった新生児のうち3~4割は異常なしだそうです。

1回の検査費用は、医療機関によっても異なりますが、2000~5000円です。また自治体によっては補助金が出るところもあるので、検査する際は必ず確認するようにしましょう。

新生児聴力検査で再検査となった息子のケース

うちの息子は、生後1週間で初めて検査を行いました。本当は退院までに検査の予定でしたが、寝ているタイミングと合わなかったので延期となりました。
すると結果は〈Right〉test1:REFER,test2:Pass〈Left〉test1:REFER,test2:REFER,test3:REFER。ちなみに行われた検査は「スクリーニング用耳音響放射(OAE)」です。

スポンサードリンク

一度の検査で三回テストするようですが、左側がパスできず再検査となり、1か月児検診の時に再検査を行うことに。しかし再検査でもパスできず、大きい病院の耳鼻科で検査を行うことになりました。
生後2か月の時に大きな病院でおもちゃを使った聞こえ方の検査と「自動聴性脳幹反応(ABR)」検査を受けました。

おもちゃを使った検査とは、防音室の中でいろいろな音の出るおもちゃを使い、聴覚専門の先生が息子の目の動きや反応を見て聞こえ具合を判断するといったものです。その時の診断は、両耳とも反応していそうだけど、左側に聞かせた音でも右側に回り込んで聞こえている可能性もあるということでした。

おもちゃを使った検査の後、息子がぐっすり寝てしまったので、「自動聴性脳幹反応(ABR)」も受けました。すると左側の耳が全く反応がないわけではなく、左右両方とも低音~中音が難聴という結果がでました。
この場合、音は聞こえるが「音に厚みがないような感じで聞こえる」と教えてもらいました。現状出来る治療はなく、経過観察とのことで、その後定期的に検査を受けることになりました。

生後4か月の時に大きい病院での2回目の検査が行われましたが、この時はまた聴覚専門の先生による音の聞こえ方の検査でした。左右に音の出る機械があり、その真ん中に息子を座らせて音に対する反応を見ていきましたが、左右どちらも良好そうとのことでした。
そして次回の検査は、生後6か月の時に2度目の「自動聴性脳幹反応(ABR)」を受けることになりました。なぜ生後6か月に受けることになったかというと、「自動聴性脳幹反応(ABR)」は眠っている状態でないといけないため、睡眠薬(シロップ)を使うことになるので副作用なども考えてとのことでした。大きな副作用はないと説明を受けましたが、とても不安だったのを今でも覚えています。

そして生後6か月の時の「自動聴性脳幹反応(ABR)」検査の結果は、なんとありがたいことに両耳とも異常なし。そのおかげで、無事通院卒業の運びとなりました!
気にかけていた睡眠薬の副作用は、検査日はやはり眠気が抜けないようでほとんど1日寝ているくらいでした。

さいごに

この記事を読んでくださる方の中には、お子さんが息子と同じように新生児聴覚検査にパスできなかった方もいるかと思います。検査にパスできなくても難聴などの異常がない場合があると医師から言われても、きっと不安は尽きないですよね。
実際に筆者はそうでした。気にしないようにしようと思いつつ、心配で仕方ありませんでした。
しかし、何度反応がなくても異常が無いケースは本当にあります!現在1歳を過ぎた息子は、驚くぐらいよく喋っています!
長くなってしまいましたが、こんなケースもあるということがどなたかのお役に立てれば幸いです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です