SNSに子どもの写真を載せる危険性って?子どもの写真を載せるときに気をつけるべきことは?

qhhrsa4_vpo-william-iven 生活

インターネットが普及し、FacebookやインスタグラムなどのSNSでコミュニケーションをとるのは今や生活の一部といっても過言ではない時代ですよね。そんなSNS上でしばしば子どもの写真を載せている人がいますが、その危険性をきちんと把握していますか?
かくいう筆者も子どもの成長記録としてインスタグラムを使ってしまっていた一人でしたが…。同じように、子どもの成長記録としてフォトアルバム感覚でSNSを利用している人って意外と多いのではないかと思うのです。
筆者は友人に教えてもらいSNSに子どもの写真を載せることの危険性を知ることが出来ましたが、今回はまだその危険性を知らない、またはきちんと把握していない人のために、子どもの写真をSNS上に載せることの何がどのように危険なのかをまとめていきたいと思います!

スポンサードリンク
  

SNSに子どもの写真を載せる危険性―何が危険なの?

はじめに、SNSに子どもの写真を載せることの何が危険なのかをご紹介します。
その最大の理由は、一度SNSのネットワーク上にアップロードされた写真は自分で管理できなくなってしまうことです。
写真を公開する範囲をきちんと定めていれば安心だと思っている人も多いかもしれませんが、その設定は100%有効なわけではありません。
もしかしたら、公開する範囲に含まれている人のパソコンやスマートフォンが乗っ取られてしまいデータが流出してしまうかもしれませんし、いつか悪意ある人の仕業で公開範囲の設定が無効化してしまう…なんていう事件が起きてしまうかもしれません。
一度SNS上に載せてしまった写真は、完全に自身で管理することはできないのです。全世界の人に見られる可能性を持っています。そこにはどんな危険が潜んでいるか分かりません。

SNSに子どもの写真を載せる危険性―どう危険なの?

SNSに写真を載せることで全世界の人に見られる可能性があることが危険だと前述しましたが、実際にどのように危険なのでしょうか。考えられる可能性をまとめていきたいと思います。

スポンサードリンク

①個人の特定につながる可能性
1枚の写真から、撮影日時・撮影場所が分かってしまうこともあります。
たとえばスマートフォンで撮影された写真の場合、写真データに撮影日時と位置情報が書き込まれていることがあります。スマートフォンのカメラを起動すればGPS機能がオンかオフか確認できますので、把握していない人はぜひ一度確認してみてください。また、撮影された場所によっては背景だけで場所の特定につながってしまうこともあります。
そして、投稿時に名前をそのまま載せていたり、愛称を載せていても、個人を特定する情報を与えてしまいます。

②誘拐などの事件に繋がってしまう可能性
個人を特定され、さらにはSNSに投稿した内容からライフワークが犯罪者に万が一漏れてしまったら、それを利用して誘拐などの事件に発展してしまう可能性だってあります。

③悪用される可能性
幼児を愛好する人などの手に渡り、不本意に画像加工などをされてしまったりすることもあり得ます。

子どもの写真をSNSに載せるときに気を付けるべきこと

投稿しないことが危険を回避するうえではなによりですが、投稿する際に気を付けておくと良いポイントを4つご紹介します。
・位置情報は無効にしておく。
・場所が特定できるような背景にならないようにする。
・名前や愛称を投稿と一緒に載せない。
・真正面から撮影することを避ける。

さいごに

一度ネットワーク上に載せてしまった写真は、現在のみならず未来永劫危険が伴う可能性を持っています。自身でSNS上から写真を削除しても、誰かの手元にはデータが残っているかもしれないからです。
そして友人に言われ筆者はハッとしましたが、子どもの写真はその子のものであり、親のものではありません。こちらはかわいいと思って載せていた写真も、本人はどこの誰かもわからない人にその写真を見られたくないと思うかもしれません。子どもを一個人として認識し、子の立場に立って考えられていなかったなととても反省しました。
もちろん、どのようにSNSを楽しむかは自由ですし、判断も人それぞれです。筆者は決して、子どもの写真をSNSに載せている人を批判したいのではありません。ただ、筆者のように危険性を知らずに利用している人には、その危険性を知ってほしいと切に願います。

スポンサードリンク