端午の節句、兜の意味や飾る時期は?引き継ぐことはできる?

74190

端午の節句が近づくと、いろいろなお店で兜飾りを目にしますよね。そんなこともあり、端午の節句に兜を飾ることは知っているけれど、意外とその意味までは知らない人も多いのではないでしょうか。
今回は、そんな兜飾りの意味や飾る時期、また父親の兜は引き継ぐことが出来るのかについてまとめました!

スポンサードリンク
  

端午の節句に兜を飾る意味

端午の節句に兜を飾る意味ですが、“子どもを病気や事故、災害などから守ってくれますように”という願いが込められて飾られています。
端午の節句に兜を飾る風習は武家社会の風習が基になっているのですが、鎌倉・室町時代にはすでに兜や鎧といった武具類を「災いが外から入ってくるのを防ぐため」に端午の節句に飾っていたという説があります。そしてもう一つ、「身の安全を祈願」して神社に鎧や兜を奉納するというしきたりが存在しました。
これらの風習を真似て、江戸時代には現在と同じように端午の節句に家に兜飾りを飾って子どもの無病息災を願う文化が定着していきました。
なぜ兜がこのような願いを込めてもともと飾られるようになったかというと、武将にとって兜や鎧が自分の身を守る大切な道具であったので、「命を守る象徴」であったからと考えられます。

端午の節句の兜を飾る時期

端午の節句に兜を飾る時期はいつからいつまでかというと、結論から言えば明確な決まりはありません。
一般的な飾り始めの時期は、4月初旬~中旬ですが、早ければ早い方がいいという説もあり、中にはお彼岸過ぎには飾り始める人もいます。
しまう時期は、5月5日が終わればすぐにしまう人もいますが、だいたい5月の中旬が一般的です。縁起を担ぐ方は「大安」を選んでいたりもします。
しかし年中飾っている地域もあるので、自分たちの好きな期間に決めるのがいいですね!

スポンサードリンク

端午の節句の兜は引き継ぐことはできる?

端午の節句の飾りは、一人につき一つが基本のため兜も父親のものなどを引き継ぐことはできません。これは、一人一人のお守りなので兼用することはできないという考え方です。
しかし、習わしでは引き継げませんが、筆者の家庭では長男に父親のものを引き継ぎました。理由は、親戚から「今まで無事に父親を守ってくれていた良い兜であるから、子に引き継いで同様に守ってもらうという考えもある」と教えてもらったからです。兜飾りは高価ですし、良質のものであるのに今や飾られていないのももったいないという思いもありました。ちなみにですが、筆者自身は長男に新しいものも用意したかったので、こいのぼりを購入し、引き継いだ兜と一緒に飾り付けてわが家は初節句を祝いしました。

まとめ

■端午の節句に兜を飾る意味は、“子どもを病気や事故、災害などから守ってくれますように”という願いが込められている。

■端午の節句の兜を飾る時期は、明確な決まりはないが一般的に4月中旬から5月中旬までの期間。

■端午の節句の兜を引き継ぐことは出来ないのが習わし。

この記事を読んでいただいた方の中には、これから初節句を迎える方も多いのではないかと思います。今回の内容が少しでもお役にたてれば幸いです。素敵なお節句を迎えられますように♪

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です