周りがみんな敵に見える…。心が真っ黒なネガティブシンキングの時にやるべき3つの事

私はこんなに頑張っているのに、なんで私の事を認めてくれないの?私だってできるのになんであの子ばっかり注目されるの?あの子はただ媚び売ってるだけの八方美人なのになんでみんな好きになるの?私ってこんなに嫉妬深くて、陰険な性格だったけ?とふとした瞬間にハッとするときありませんか?ネガティブな事ばかり考えて、人の嫌な部分だけが目につく。本当はこんな自分嫌なのに、逃げ場所がなくて毎日嫌気がさして泣くしかできない。そんな心が真っ黒になってしまってるあなた。それはあなたの本当の姿ではありません。毎日同じ作業を、同じ場所で、同じ人と行っているとだんだん心が疲れてしまいますよね。本当の自分を見失ってなんだか心が真っ黒になってきてしまったと感じたら、本来のあなた自身にもどるリハビリを始めましょう!

スポンサードリンク

誰かの為じゃない!すべては自分の為に!

人って誰かに必要とされさい!と思う承認欲求が誰にでもあります。認めてもらいたい・必要としてほしい。そんな思いからちょっと無理して頑張っちゃう事ありますよね。頑張って頑張って、認めれもらえれば体力的にも、精神的にもしんどいのにもっとかんばってしまう。だんだんと心も体も疲れてきてしまいます。もちろん、がんばった事が評価されて君がいてくれてよかった!君に頼んで正解だった!と言われているうちは心も体も麻痺していますから、自分の疲れに素直に気づけません。でも、そこに新しく何かが加わってあなたの仕事量が分担されたり、今までもらえていた感謝の言葉が他の人に向けられるようになった瞬間心は自分が疲れていたことに途端に気づきます。私はあなたの為にこんなに頑張っているのに何で評価してくれないの?私はあなたの為に今まで頑張ってきたのに何で他の子ばっかり注目するの?
そうなってしまうとどんどん、どんどん心は真っ黒になってしまいます。みんなが敵に見えて、人のする事なすことが自分に対する嫌がらせなんじゃないか、みんな本当は自分の事を陰で笑っているのではないかとネガティブな思考が生まれてしまいます。

そうならない為にも、誰かの為ではなく自分の為に働く事が大切です。自分は私のスキルアップの為にこの仕事をしているんだ。そう思うと心の荷がすっとおりて、頑張り屋さんだけど無理はしない魅力的なあなたの本来の姿に戻っていけます。

スポンサードリンク

私は私のままで十分魅力的

自分の足りないものを数えると一気に不幸になった気分になってしまいます。あの子にあって私にはないもの。そんな物を数えだしたらきりがありません。人と自分を比較する事は自分の不幸を勝手に数える事でしかないのです。それよりも、自分の持っている物に注目しましょう。
例えば、

・私は健康で、毎日ご飯が食べられていいる。
・帰ってほっとできる家がある。
・食べていける仕事がある。
・お気に入りのお洋風を持っている。
・家族がいる。
・友達がある。
・思い出して懐かしいと思える思い出がある。
・大好きな本がある。
・楽しみにしているドラマがある。

些細な事でもなんでも良いのです。自分の持っている物を数えてみましょう。
あなたが他人の事を羨ましく思うように、誰かもあなたの事を羨ましく思っています。だって、隣のあの子とあなたはまったく別物です。だからあなたは誰かを羨ましく思うし、誰かもあなたの持っている物を欲しかるのです。でも、これって本当に意味のない事。自分が何も持っていないと思うから、他人からの評価を気にしてしまうのです。元々満ちている事・そのままでも十分に魅力的である事をしっかりと自分自身で認めればあとはそこにある物をただ精一杯やるだけです。自分の事は一番見えているようで、知らない事は山ほどあるものです。自分は魅力的ではないと勝手に決めつけずに、まずは自分にも魅力がある事を受け入れてしまいましょう。

嫌な事は考えない!理想の自分だけを想像し続ける

例えばあの人は私の事を嫌っている。そう仮設を立てると、人はそれを立証する為に様々な証拠を探そうとします。
・今日挨拶を笑顔でしてくれなかった。
・他の人をお昼に誘っていた。
・私にはしゃべりかけてくれなかった。
ふつうに考えれば別に大したことではないのに、仮説を立てた途端、今までふつうだった事がネガティブな事に見えてきてしまうのです。
私は何をやっても上手くいかない。私は人より不幸だそういった仮説も、人は立証するためにあらゆる手を尽くして証拠を見つけようとするのです。人は考えている通りの人間になると言います。良い事ばかりを考えている人は、多少の不幸があっても気にしません。だって良い事の証拠ばかりを追いかけているのですから。自分が幸せになる事だけ考えましょう。嫌な事の原因を探っても、考えても結局嫌な気持ちになるだけなのです。

スポンサードリンク