無痛分娩体験談。そもそも無痛分娩って?気になる費用や赤ちゃんへの影響は?

akachan_ninshin

「痛みに耐えてこそ…!」的な我慢を美徳とする精神が根付いていたり、実施施設が多くなかったり、費用が高くなってしまったり。いろんな要因があり日本ではまだまだ普及していない“無痛分娩”。
その分出回っている情報量も少ないので、今回は無痛分娩を考えているママさんに少しでも情報提供が出来ればと、私の出産体験を中心に無痛分娩についてまとめました!

スポンサードリンク
  

無痛分娩とは

無痛分娩とは、麻酔薬を使い、陣痛の痛みを取り除きながら行う経膣分娩のことです。
主流は、背骨の脊髄に近い硬膜外腔という部分に針を刺してチューブを通し、局所麻酔薬を適宜注入していく方法で、「硬膜外鎮痛法」とも言います。
この手法は母子ともにリスクが低く、またお母さんがリラックスできることで赤ちゃんに十分な酸素が届くというメリットもあります。
無痛分娩といっても、完全に痛みを取り除けるものと、痛みを和らげるものとあり、それぞれ“完全無痛分娩”、“和痛分娩”と呼ばれていたりもします。
しかし注意しておきたいのは、麻酔の効き目には個人差があり、痛みを強く感じてしまう人も中にはいるということです。
一般的には分娩日を決めての計画分娩となるので、事前の予約が必要となります。

無痛分娩にかかる費用

無痛分娩にかかる費用は、施設によって異なりますが、一般的に通常の分娩費用に3万円~20万円上乗せされます。
私は、個人の産婦人科医院で出産しましたが、通常分娩費にプラス10万円かかりました。

無痛分娩が与える赤ちゃんへの影響

無痛分娩が赤ちゃんに大きな影響を与えることはほぼないという研究結果が出ています。
ただし、母体に通常よりも多くの麻酔が投与された場合に、一時的に赤ちゃんの音や光に対する反応が遅くなることがあります。また多量の麻酔が使用されると、赤ちゃんの呼吸が一時的に弱まってしまうリスクがありますが、麻酔の量を医師がきちんと管理してくれるので、その心配はないと考えて良いでしょう。

無痛分娩体験談、陣痛から出産までの流れ

ここでは実際の私の出産について紹介していきますが、もともと私は無痛分娩を行う予定ではなかったので、一般的な方とは少し流れが異なるかと思います。

―出産予定日当日―
【午前1時~】
破水があり即入院。陣痛は下痢のような痛みでしたが、耐えられるレベルでした。この時の陣痛間隔は約10分。
私が出産した医院はLDR(陣痛、分娩、産後の回復が同じ部屋で行われる)だったのですが、ちょうど入院した時に隣の部屋の方が分娩中で、その叫び声を聞き出産に対する恐怖心が倍増し、徐々に強まる陣痛にも耐えられなくなった私は、朝方無痛分娩の依頼をしました。
基本的には計画無痛分娩を行っている医院でしたが、たまたま医師の都合もつくとのことで、麻酔をしてもらえることになりました。

【午前9時~】
麻酔科医が来てくれ、麻酔をすると陣痛の8割程度の痛みが取り除けると説明してくれました。痛みで内容は分りませんでしたが、無痛分娩に関しての書面を見せられ署名。
無痛分娩はずっとベッドに寝たきりになるので、導尿の処置が最初に行われました。その後麻酔導入の処置開始。

「硬膜外鎮痛法」だったので、背中にチューブの繋がった針を1本刺されました。その後背中にテープでチューブを固定。
その際の体勢は、横向きに寝て、うずくまるように身体を丸めて行われました。針を刺される痛みは、採血などの時よりも痛く、刺された瞬間はズンッとした感じがありました。(でも陣痛の痛みと比べればたいしたことないです。おそらくこの時の子宮口は6~7cm。)
背中から繋がったチューブは右肩にテープで固定され、仰向けに戻って完了です。

スポンサードリンク

麻酔が効いてくるとスッと陣痛が和らぎ、我慢できるレベルでした(ひどい下痢のような痛み)。
その後は終始痛みの軽減が出来るよう、投入する麻酔量を調整し、随時足してくれます。麻酔薬は右肩の部分から追加されました。麻酔薬が足されるときは、ひんやりとした感覚があります。
追加する麻酔のタイミングは、痛みが耐えられなくなったらナースコールしてお願いするのですが、短くて1時間置きと決まりがあるらしく、40分くらい経つと痛みが強烈に戻る私には辛かったです。
食事は、麻酔を使うと吐いてしまうことがあるけど、食べられそうなら食べて良いと看護士さんに言われました。食欲がなかったので食べませんでしたが。水分補給だけ、こまめにポカリスエットを飲んでいました。

【午後11時~】
最初に麻酔薬を投入してもらってから、その後1時間おきに麻酔薬を足してもらい陣痛に耐えていましたが、なかなか子宮口が全開になりませんでした。
入院当初は、入院当日に産まれると言われていましたが、陣痛の際かなり血圧が上昇したりし、私の体力が落ちてきていることもあり、主治医の判断で出産は翌日に見送られました。
麻酔量を投入可能最大にしてくれ、夜は休んでと言われましたが、多少残った痛みと胎動が気になり、一睡もできませんでした。
麻酔量最大にしてもらったのち、食事できそうだったら食べて良いと言われたので、1日なにも食べていなかったこともあり食欲はあまりありませんでしたが体力のためにもと、小さなおにぎりを1つ食べました。しかし麻酔の効果か、すぐに吐いてしまいました。

―出産予定日翌日―
【午前8時~】
再び麻酔量を減らし、子宮口が全開になるのを待ちました。この頃は陣痛の痛みはそれほど感じませんでしたが、いきみ逃がしが大変でした。いきみたいけど、子宮口は8cmほどで、全開になるまで我慢してと。

【午前11時】
子宮口が全開になり、ついに分娩の準備が始まりました。
麻酔を使っているとうまくいきめなくなる人もいるそうですが、私は問題なくいきめました。看護士さんにお腹を押されることもなく、自力で出産できました。全開になってから出産までは早かったです。おそらく10分ほど。
会陰が少し切れてしまったらしく縫合されましたが、その際耐えられるほどですが、痛みは感じました。しかし出産時に痛みはあまり感じず、後陣痛の痛みもほとんど感じませんでした。
産後の処置がすべて終わり、身体を休めた後背中のチューブと導尿が外されました。長時間テープが貼られていた箇所は赤く腫れましたが、1週間ほどで無事治りました。
麻酔の効果で産後すぐは立てなくなるそうで、たしか産後3時間ほどしてからベッドから降りて着替えをしました。降りる際、長時間横になっていたのと産後の疲労でゆっくりしか動けませんでしたが、ふらつく感じなどはなかったです。
その後はまた5時間ほどベッドに横になって休み、入院する部屋へと移動しました。その時はスタスタとは歩けませんが、普通に歩くことはできました。

さいごに

無痛分娩に関しては賛否両論ありますし、日本では消極的なイメージも多いですが、私は無痛分娩を選択してよかったと心から思っています。
生まれる瞬間の感覚も落ち着いて味わえたのでしっかりありますし、「お腹を痛めて生んでこそ母性が強くなる」みたいな意見も耳にしますが、もちろん全くそのようなことはありません。そして、やはり痛いより痛くない方が良いですし、産後の回復も早かったです。
しかし今の日本の現状、実際周囲に無痛分娩をしたと言いにくいのは事実です。(個人的にですが)
また、子どもへの影響が心配になるかと思いますが、わが子は生まれてから1歳になった現在まで大きな病気をすることなく元気にすくすく育ってくれています。

長くなりましたが、今回の体験記が少しでもお役に立てれば幸いです^^

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です