鯉のぼりの購入。しきたりは?気になる実際の購入者や購入時期についてのまとめ。

67687

端午の節句に飾る鯉のぼり。購入するにあたり、特に初節句を迎えるお子さんのお父さんお母さんはいろいろと悩むこともあるのではないでしょうか。今回は、そんな鯉のぼり購入に関するしきたりや購入時期についてまとめました。
また、わが家のケースもご紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク
  

鯉のぼりの購入、しきたりはどうなっているの?

端午の節句に向けて、男の子のいらっしゃるご家庭では兜や五月人形、そして鯉のぼりなどの購入を考えますよね。
そもそも端午と節句というのは、家の後継ぎとして生まれてきた男児が、健やかに成長していくことを祈り、一族の繁栄を願って行われる行事です。
そして、地域によっても異なりますが、昔からの日本の風習としては一般的にお嫁さん側の実家が飾りを購入します。“娘の嫁ぎ先に生まれた大切な後継ぎに、お祝いの品を送る”という考え方。また、“嫁いで行った娘が、新しい家族にかわいがってもらえるようよろしくお願いします”という意味がこもっているという説もあります。

鯉のぼりの購入、購入者の現状は?

現在でも、お嫁さん側の実家が購入しているケースが多いとされています。
しかし最近では、両家からお祝い金をもらい、そのお金で夫婦が購入するケースも増えてきています。
しきたりでも述べましたが、購入に対する考えには地域によっても様々で、例えば関西地方では夫の両親が購入するケースが多いところも。
また近年は、収納スペースや飾る場所を考慮し、何も購入しないケースまで。
きちんとした決まりがあれば、悩む人はいないもの。現代ではいろいろなケースがあることを知り、お互いの考えを尊重し合って、家族全員が納得できる購入をしていけるのがベストですね。

スポンサードリンク

鯉のぼりの購入はいつ頃?一般的な購入時期について。

一般的には、遅くても4月中旬までには購入する人が大半です。
明確な飾り始めの時期というのはありませんが、早ければ早い方がいいという説もあり、早い人だとお彼岸過ぎには飾り始める方もいます。
しかし多くの人が4月初旬~中旬に飾りつけ、中にはその中でも縁起の良い大安の日を選ぶ方も。
遅い人だと5月に入ってから飾る方もいるので、自分が飾りたいと思う時期には間に合うように準備していきたいですね。
ただし、5月に近くなればなるほど、人気の商品はなくなる可能性もあるので、欲しい商品が決まれば早めに購入しておくと安心かと思います。
また、吹流しに名前を入れられる商品は購入後商品到着まで時間がかかりますので、その点も注意されると良いでしょう。

まとめ

■鯉のぼりの購入は、しきたりとしては一般的にお嫁さん側の実家が行う。(地域によっては異なることもある。)

■鯉のぼりの購入、購入者で最も多いとされるのは現状でもお嫁さん側の実家。
 しかし最近はお祝い金を両家から受け取り、それを使って夫婦が購入するケースが増えてきている。

■鯉のぼりの購入、購入時期は遅くても4月中旬までが一般的。

さいごに

わが家のケースを簡単にご紹介します。
長男の初節句に、私(嫁)方の両親から鯉のぼりを買ってもらいました。購入の時期は4月上旬です。商品選びは、私たち夫婦もお店に同行し、決めさせてもらいました。
今住んでいるのがアパートということもあり、簡単に飾れる室内鯉のぼりを選びました。全体の高さが約130cm、横幅は一番長いところで約60cmと、大きすぎず飾りやすいです。室内用だと天候によって出し入れする必要も無いですし、常に鯉が泳いでいる状態になるので写真も撮りやすく、個人的にはとてもお気に入りの飾りです。
ちなみに、吹流しに名前を入れられるタイプでしたが、依頼してから1週間ほどで届きました。

この記事を読んでいただいた方の中には、これから初節句を迎える方も多いのではないかと思います。今回の内容が少しでもお役にたてれば幸いです。
素敵なお節句を迎えられますように☆

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です