インフルエンザの予防接種の値段はいくら?いつ頃の時期にすると効果があるの?

d8a0693392bdf23198b92846d4881aaf_s 病気

毎年寒い時期になると猛威を振るうインフルエンザの時期がやってきました。高熱が出て体が震えて、関節が痛くなりとってもつらいインフルエンザ。できるものならかからずにシーズンを終えたいですよね。その為にはやはり予防接種をするのが一番の対策です。最近では会社で予防接種を義務として受けられているとうな所もあるようですが、やはり中小企業だとそこまで手が回りません。でも1人1人の仕事が多い中小企業だからこそインフルエンザで5日間も休めない!というのが本音ですよね。今回はインフルエンザの予防接種の値段といつ頃にするべきかと実際効果はどれぐらいあるのかをご紹介します!

スポンサードリンク

インフルエンザの予防接種の値段は個人だといくらぐらいかかるの?

インフルエンザの予防接種は回数により値段が変わってきます。それだけではなく医療機関によっては値段が違う事もあるという事はご存知ですか?インフルエンザの予防接種は治療ではない為健康保険が適応されません。中には市町村が負担をしてくれる場合もありますが基本的には自己負担となります。その為、できれば安い医療機関を選びたいですよね。
一般的にインフルエンザの予防接種は成人であれば1回3000~5000円程度とされています。
中には、平日に接種すると安くなったりする病院もあるようです。

インフルエンザの予防接種はいつごろ受けるのが良いの>

インフルエンザの予防接種をしてもすぐには効果を得る事ができません。インフルエンザの予防接種をしてから交代ができるのは約1~2週間後とされています。なので、本格的にインフルエンザが猛威を振るう1月、2月を迎える2週間前には予防接種を打つことが必要となります。ですが、インフルエンザ自体がはやり始めるのは11~12月ごろの為10月に入ったら「そろそろ予防接種しなくちゃ!」と考えておくのが良いでしょう。
そこで気になるのがインフルエンザの予防接種の持続期間です。一般的にインフルエンザワクチンは個人差がある物の5か月程度の持続は確認されています。
インフルエンザの予防接種のは13歳以上であれば1回から2回の接種します。接種間隔は1~4週間で、なるべく4週間あけての接種が良いとされている為、インフルエンザが流行する1月までには予防接種を完了させる為には、10月の2週目ぐらいか遅くても11月には1回目の接種を終わらせて置くと良いでしょう。それ以降でも、ベストタイミングではない物の打たないよりは予防接種をしておいたほうが安心感はありますよ。

スポンサードリンク

インフルエンザの予防接種は実際効果はあるの?

でが、実際インフルエンザの予防接種は確実な効果があるのでしょうか?
周りがインフルエンザになる中で、予防接種をしていないにも関わらずインフルエンザにかからなかったという人がいる一方、予防接種を下にも関わらずインフルエンザにかかってしまう人もいます。筆者もその一人で、インフルエンザA型の予防接種を受けたら、インフルエンザB型に感染したという具合に例え予防接種を下からと言って効果は100%で感染を避けられるわけではないのです。
これは筆者が子供の頃の昔の話で、最近では3種混合ワクチンといってpdm09、A香港型、B型それぞれに効果のある予防接種もあるようです。
しかしそれでも、実際に予防接種を受けた人がインフルエンザを予防できる確率は60~70%程度だといわれています。
100%じゃないんだったら高いお金を出して受けたくないと思うかもしれません。しかし予防接種を受けずにもしインフルエンザにかかったら…。会社からは「だからみんなお金を払って予防接種を受けているんじゃないか!」と白い目で見られかねません。そうならない為にも、仕事が忙しい年末年始を見据えてアリバイの為にも予防接種はしておいた方が良いかもしれません。実際、筆者の友人も「予防接種を打ってもインフルエンザにかかったことはあるけど、会社の人に噂をたてられたくないから自分で支払って受ける会社の予防接種には参加する。」と言っていました。インフルエンザは辛いですし、人目を気にするといった意味以外でも面倒ではありますが予防接種をしておいた方が安心ですね。

まとめ

いかがでしたか。筆者は社会人になってから高熱がでるような病気をした事がありませんでした。ですが、ノロウイルスにかかったことをきっかけに何日間も仕事を休むことけの嫌悪感や、1人暮らしで高熱が出てしまったときの大変さにより予防接種をする事の意味を考えました。ただの風邪ならいざしらず、感染症にかかってしまうと看病を人におねがいする事も気が引けますし、予防するに越したことはありませんよね。

スポンサードリンク