ダイビングの楽しみ方

ダイビング前後にお酒を飲むと危険!飲んではいけない理由と対処法

ダイビングの前後にはお酒を飲んではいけないといわれています。でも、どうして飲んではいけないか知っていますか。ダイビングを安全に行うためには、事前の準備とその後の対処が大切です。ダイビング初心者の場合は、はじめてのダイビングで嫌な思いをしたらその後はもうダイビングをやりたくなくなってしまいますよね。そうならないためにも、これからもずっとダイビングを楽しめるようにするためにも、ダイビング前後の飲酒には注意をしましょう。

スポンサードリンク

ダイビング前にお酒を飲んではいけない理由って何?


ダイビングと旅行を兼ねているケースは少なくありません。旅行のときにはお酒を楽しむという方も珍しくはないです。

ダイビング前夜もお酒を飲んで楽しみたいところですが、ダイビング前夜に大量のお酒を飲むことは勧められません。ダイビングをする際には体からアルコールが抜けている必要があります。お酒を飲んで水泳をすると心臓発作のリスクが高まりますが、ダイビングでも同じように体への影響が心配されます。

また、ダイビングの場合は減圧症のリスクが高まります。ダイビング中は窒素が体の中にたまっていきます。窒素が体の中にたまったまま海面に上昇をすると、体内にたまっていた窒素が膨張をして気泡が発生をします。これにより、だるさ、激しい痛み、めまいといった症状が現れることがあります。

体質にもよりますが、わずかな量であれば前夜にお酒を飲んでも翌朝にはアルコールが抜けています。しかし、大量にお酒を飲んだ場合やお酒に弱い方の場合はアルコールが残ってしまう心配があるので、飲酒は控えるようにするとよいでしょう。

ダイビング後にお酒を飲んでもいいの?飲む時間帯に注意


ダイビング前の飲酒は勧められませんが、ではダイビング後ならお酒を飲んでもよいのでしょうか。ダイビングに飲むという場合、着替えをして、器材を洗って、その後ということになります。ダイビング後に気をつけたいことが減圧症です。ダイビングを行う際には、減圧症にかからないようにするためにゆっくりと海面に浮上をしますが、海面に浮上をした後も注意が必要です。

アルコールを摂取すると体内の窒素の排泄が遅くなるといわれています。このため、アルコールの大量摂取は望ましくありません。そして、高所移動や24時間以内に飛行機に乗る場合は飲酒をしてはいけません。減圧症にかからないようにするためにも、たとえ飲酒をしていなくても24時間以内に飛行機に乗ることは望ましくないです。

スポンサードリンク

ダイビング後、お酒を飲みながら海の中の世界を語ったり、インストラクターとコミュニケーションをとるということがあります。お酒があると会話も弾みますが、お酒の摂取量には気をつけましょう。

ダイビング前にお酒を飲めないなら変わりの飲み物で対応


ダイビング前夜のお酒を飲んで楽しみたいところですが、安全にダイビングを行うためには飲酒を控えることが望ましいです。では、ダイビング前夜に楽しみがないかというとそうではありません。

お酒を飲めないなら違うものを飲んで楽しんでみましょう。

ノンアルコールビールなら、アルコールを含むビールのような味を楽しむことができます。しかし、ノンアルコールビールといってもまったくアルコールを含んでいないのではなく、1%未満であればノンアルコールということができます。アルコールを含んでいないと思って飲み過ぎると、翌日に影響を与える心配があります。ノンアルコールビールといえども、飲み過ぎには気をつけましょう。

炭酸水もおすすめの飲み物です。シュワシュワとした感覚を楽しむことができます。そのまま飲むのもよし、レモン汁を加えたり、ジュースを加えたりなどして楽しむもよし。いろいろな楽しみ方ができます。このように、お酒を飲まなくても楽しめます。

ダイビング前にお酒を大量に飲んでしまったときはどうすればいいの?


ダイビング前にはお酒を飲まないことが望ましいのですが、我慢できずに飲んでしまったなどといった場合はどうしたらいいのでしょうか。お酒を飲んだけれど意識ははっきりしている、足元もふらつかない、だからダイビングをしても大丈夫だろうと安易に考えてはいけません。海の中と陸上では環境が違います。海の中では水圧の影響でアルコールがの血中濃度が高くなり、酩酊状態になったり減圧症になる危険性があります。最悪の場合は海でおぼれる危険もあるのです。体がつらい思いをするだけでなく、死の危険もあるのです。

楽しみにしていたダイビングを行えないことは残念ですが、飲酒をしてしまった場合はダイビングを取りやめるようにしましょう。インストラクターがいる場合は、インストラクターのその旨を伝えてください。

ダイビングを安全に楽しむためには、飲酒をしないことが望ましいです。楽しみにしていたダイビングを取りやめることにならないように、前日からお酒の摂取には気をつけましょう。

スポンサードリンク