ホワイトデーのお返しで義理の相場と予算は?そもそも必要?

23f39f7c4a5853a99f0699487d58348a_s

バレンタインに貰った明らかな義理チョコ。もらえたことはうれしいけど、あの明らかな義理チョコにはお返しを返すべき?返さないと感じ悪い?返すんだったら相場と予算はどれぐらいだちょうどよい?今回はホワイトデーのお返しで明らかな義理チョコだった場合の相場と予算をご紹介します。

スポンサードリンク

そもそも明らかな義理チョコにお返しは必要?

会社の女子社員一同から、男子社員へ送られるあからさまな義理チョコにはそもそもお返しは必要なのかと思ってしまいますよね。確かに義理だし、みんなに対してあげていたものだし、自分一人ぐらい返さなくても…というのが実際の本音ですよね。でも、女性はそこらへんをしっかり見ていますよ。義理だからと言ってお返しをしないと、「○○さんはお返しくれなかったねー!それに比べて○○さんは人気のスイーツ買ってきてくれて気が利くよねー」なんて女子会での評価にかなり大きくかかわります。そして、多くの女性が義理チョコだけど、お返しをくれない事には不服を持っているようです。そりゃー義理であっても人にプレゼントをしたらお返しは期待してしまいますよね。一人一人にお返しするのはコストがかかってしまいますから、男性陣も女性陣と同じように、男性社員一同としてお返しを買うのが良いでしょう。ネットで人気のマカロンなど、量は少ないけど目新しくてかわいい物であれば女性は喜んでくれますし、あなたの評価もあがりますよ♪

スポンサードリンク

ホワイトデーのお返しの相場は?

ぶっちゃけると、女性はバレンタインの義理チョコにかけているお金は多くても500円程度です。1人500円でも、5人集まれば2500円、10人集まれば5000円になりますからなんかちょっと高価そうに見えるチョコも帰るわけです。そんな義理チョコのお返しにホワイトデーに1人の女性社員に対して数百円、それを人数分なんて買うのは馬鹿らしいですよね。実際あげた女性自身もあんまり気を使われ過ぎても「勘違いしてないよね?」とちょっと不安に思ってしまいます。
ですから、理想は男性社員一同としてお返しをすることなのですが、男性ってなんだかみんなでっていうのが苦手ですよね。そういう時は同じ部署の2,3人を集めて買うのでも良いでしょう。ばら売りを買うと高くつきますが、大きい箱を買ってそれをばらして配ると少ないお金でも良い物を配る事が出来、あげる方も貰うほうもハッピーになれますよ♪女性によっては、いくらぐらいのものなんだろーなんて調べる人もいますが、大きな箱で買って数個ずつバラまけば正確な値段もばれませんしね。

ホワイトデーのお返しの予算は

上記でも述べましたが、女性はバレンタインの義理チョコにかけるお金は数百円です。本命の女性からもらったから特別感を出したいというのであれば別ですが、数百円の物を貰ったなら数百円の物をお返しするのが良いでしょう。ホワイトデーは3倍なんて迷信がありますが、義理チョコには適用されません。女性自信も、義理チョコでいつも買わないようなちょっと高めなスイーツを貰えればラッキー♪ぐらいに思っています。逆に1000円以上の物を個人的に貰ったら「もしかしてこの人勘違いしてる?え?怖いんだけど…」っとなってしまう可能性もあります。明らかな義理チョコをもらったのなら、数百円程度と相手にわかるような明らかな義理に対するお返しスイーツをプレゼントするのが礼儀です。かわいがっている直属の部下が、お世話になっている直属の上司である自分に日々の感謝という意味で他の社員より少しいい物をくれたのなら多少高価なお菓子を上げてもいいですが、間違ってもアクセサリーなどのを渡すのはやめましょう。正直ハンカチもぎりぎりラインです。やはり消え物を選ぶのが相手にとってはうれしいものです。

まとめ

いかがでしたか?面倒なホワイトデーのお返しですが、社員同士のコミュニケーションとして楽しく活用してみてくださいね♪

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です