ひとり暮らしの部屋選び

女性の一人暮らしって一階はよくないの?防犯と対策と以外なメリットって?

今の時代、女性が一人暮らしすることが特に珍しい話ではありません。しかしながら一人暮らしを行うにあたって物件選びは非常に重要です。

防犯や利便性などを考えた際に、マンションの1階が良いのか悪いのか、それぞれメリットデメリットがありますがデメリットばかりが強調されるのが一般的です。ではメリットについても考えてみましょう。

仮定として、防犯さえきちんと兼ね備えていれば1階にも大きなメリットがいくつかあるはずです。

スポンサードリンク

女性の一人暮らしで一階って危ないの?気を付ける点は?

女性が一人暮らしをすることに対しても危険性は明らかです。具体的にポイントを上げていきたいと思います。

特にマンションの1階に住むにあたってはそのリスクが高くなります。当たり前のことですかマンションに踏み入りやすくなることがその理由です。

明らかに盗難で踏み入りやすいだけではなく、洗濯物などもほしづらくなります。盗まれたり、盗撮されたり。また、軽微な犯罪としても覗きなどにもあいやすいのが明らかです。

ですから、女性が一人暮らしをする際にはまず、注意すべきが防犯。一人暮らしをしているかどうかは物件の仕様で第三者にもすぐにわかるものですからこれは致し方ありません。

特に1階に住むなら防犯設備があるかどうか。例えば、オートロックかどうか、可能であれば内廊下のマンションかどうかなどいくつか条件を設定した上で物件探しをしていくことが必須条件になってくるでしょう。

販売側も理解している内容なのでさほど難しくはありません。

女性の一人暮らしで一階の場合の簡単にできる防犯対策って?

女性が一人暮らしをすることに対しても危険性は明らかです。具体的にポイントを上げていきたいと思います。

特にマンションの1階に住むにあたってはそのリスクが高くなります。当たり前のことですかマンションに踏み入りやすくなることがその理由です。

明らかに盗難で踏み入りやすいだけではなく、洗濯物などもほしづらくなります。盗まれたり、盗撮されたり。また、軽微な犯罪としても覗きなどにもあいやすいのが明らかです。

ですから、女性が一人暮らしをする際にはまず、注意すべきが防犯。一人暮らしをしているかどうかは物件の仕様で第三者にもすぐにわかるものですからこれは致し方ありません。

特に1階に住むなら防犯設備があるかどうか。例えば、オートロックかどうか、可能であれば内廊下のマンションかどうかなどいくつか条件を設定した上で物件探しをしていくことが必須条件になってくるでしょう。

販売側も理解している内容なのでさほど難しくはありません。

女性の一人暮らしで一階の場合の簡単にできる防犯対策って?

では、女性のマンション1階暮らしでできる防犯対策についていくつかあげていきましょう。まずは物件を探す段階で最低限の設備としてオートロックは必要です。また、インターホンも顔が見えるタイプ。この2点は仕様として。

スポンサードリンク

では、自力でできる防犯です。

まず、洗濯物は外から見えないようにしましょう。女性の一人暮らしかどうかが明らかにわかってしまいますので。同じ理由ですが可能な限りカーテンは開け放たないこと。これも一人暮らしであることがわかりやすいので。

また、電話に関してもナンバーディスプレイを採用するか、固定電話は利用しないという選択肢もあります。若い女性が電話口に出るかどうかから犯罪につながることもあるからです。

さらに、表札には名前をあげない、電話帳には登録しない、勧誘には顔を出さないといった一階ではなくとも一般的な防犯対策はしておくできであることはいうまでもありません。

これらを書き出して対応すべきです。

女性の一人暮らしの一階は以外とメリットがあった!

では、女性の一人暮らし、一階でのメリットについてもあげていきたいとおもいます。

まず、ズバリ、物件を探すにあたり家賃が明らかに安いといえます。もちろん、高い物件であろうと安い物件であろうと間違いなく1階は安い設定になっています。

次に宅配です。宅配ボックスがあるマンションでも場合によってはボックスから部屋までは自分で運ぶ必要があります。その際に重い荷物ならかなり負担になります。これは日常の買い物でも同じことがいえるでしょう。

次にアクセス面です。高層マンションであれ、低層アパートであれ、エレベーターを利用することになれば、どうしても出かける際の時間ロスになります。

また、どうしてもエレベーターの中で出会う方々ともコミュニケーションを取りたくないこともあるでしょう。

さらに1階なら簡単なゴミ出し、新聞を取りに行くという日常のちょっとしたことが明らかに積み重ねで楽に感じます。

こればかりは実際に住んでみないとわからないメリットです。

女性の一人暮らしで一階に住む場合まとめ

女性が一人暮らしを1階で行うのは、環境、防犯さえしっかりしていれば、メリットも大きいといえます。

まず、絶対条件として物件の仕様でオートロックや顔が見えるインターホンがあることはクリアが必要です。

あとは自分で出来る防犯対策さえしっかりしておけば、むしろメリットが大きいのではないかと思います。

家賃がやすかったり、ちょっとしたアクセスが楽であったり、あまり人に会わないですむといったポイントになります。

今の物件は、女性の一人暮らしのために前者の仕様は特別なことではなく、当たり前の仕様だといえるでしょう。

それだけに考えようによっては最初から最寄駅、徒歩時間などを昔条件例えば1階の物件を探すのも良いかもしれません。

いずれにしても、女性の一人暮らしで1階に住むことに関してはメリットとデメリットを総合した上で最近ではデメリットをカバーする物件の方がもので個人の工夫次第で防犯に関しては特に大きな問題は無いのが今の現状になります。

スポンサードリンク