ひとり暮らしの豆知識

女性の一人暮らしでかかる費用ってどれぐらい?30代は自分の「好き」と暮らしたい!

自分自身の価値観も確立し、仕事も友人も安定している30代の女性にとっては一人暮らしと言うのは新たな自分を見つける、そして人生をさらに楽しむためのターニングポイントになります。
実際に一人暮らしをしてみて、自分だけの空間や時間をどのように使うかを見つけることができたり、新の趣味を始めるにあたって家族や友人にも内緒で始めることができると言うメリットもあります。
もちろん、一人暮らしをする方が両親と一緒に住むよりもお金はかかりますが人生をさらにエンジョイするためには自己投資と割り切ることも必要なことです。

スポンサードリンク

女性の一人暮らしでかかる費用は30代だとどれぐらいが平均的なの?

“女性の一人暮らしでかかる費用がまず大きな問題になると思います。一般的なお給料で考えてみたいと思いますが女性の30代、総合職であれ一般職であれお給料を年収500万円と設定しています。逆算していくと毎月、家賃と生活費を含めて15万円以上を使う事は難しいと言えるでしょう。さらにここから逆算していくと家賃ベースで100,000円を超えるところに住むのは非常に難しいといえます。もちろん、東京都内であればワンルームマンションでも10万円を超えるところはありますが、治安や防犯環境を考えたとしても10万円以内で住む場所を見つける事はさほど難しいことではないといえます。
もちろん、いざと言うときの貯蓄もしていかなければなりませんので自分自身の給料に合わせて毎月保険で1万円程度、貯蓄で1万円程度が確保できるようなライフスタイルをイメージしながら一人暮らしをする場所を見つけるのが良いと思います。特に地方であればこれは特にハードルが高いとは思いません。

女性の一人暮らしでかかる費用は「好きな事」を基準に考えてみるとうまくいく!

せっかく女性が一人暮らしをするのであれば自分自身がやりたいこと、好きなこと、趣味にいくらお金を注ぎ込むことができるかは非常に大きなポイントになってきます。家賃や生活の最低費用、保険、貯金等を逆算して見て自分自身が好きなことにいくら投資することができるかを考えてみれば良いと思います。
仮に、一人暮らしをするにあたってこのシミュレーションをした結果自分自身に自己投資をすること、好きなことにお金を注ぎ込むことができないと言う結論に至ったのであれば無理をして一人暮らしをする必要は逆にないかもしれません。むしろご両親と住むことで自分自身がやりたいことができるのであればそれも良いかもしれません。
何がやりたいかわからないままなんとなく女性が一人暮らしを始めると逆に放心状態に陥り、プラスに働かないことの方が多いのが実態です。だからこそ自分自身が一人暮らしをすることで何がやりたいかをあらかじめ考え、時間やお金も考えながらシミュレーションをすることが大事になってくるのです。

スポンサードリンク

女性の一人暮らしでかかる費用は削れるところは削ってシンプルな生活を♪

女性の一人暮らしでかかる費用はやりたいことをするのであればある程度節約をしなければなりません。ではどんなところが削ることができるでしょうか。まずなんといっても削りやすいのが食品です。昼食は外食をするのではなくお弁当を持っていくこと、飲み物に関しても自宅で作ったお茶やコーヒーを職場で飲むこと、夜のお付き合いに関しても必要以上にお付き合いすることなく自分自身で決めた範疇でお付き合いすることでかなりのコスト削減がすることが可能です。
さらには、単に生活費を削減するのではなく会社で副業が禁じられていたとしても、アンケートサイトやポイントサイト、場合によっては内職などを行うことで自分自身が自由になるお金を少しでも生み出すこともポイントかもしれません。
もちろん、いざと言うときの保険や貯金等を切り崩す事はお勧めできません。あくまでも自分自身の生活に影響がない範疇で生活費を削減することを考えるべきだと思います。

女性の一人暮らしでかかる費用まとめ

このように30代女性が自分自身のやりたいこと、好きなことをするために一人暮らしをするためにはまず最初にお金が必要になってきます。自分自身の給料から逆算して家賃、食費、貯蓄、保険、最低限のお付き合いなどを踏まえていくらお金が手元に残るかを考えつつ、足りない金額を内職やちょっとした副業で補うと言う考え方をするのが良いかと思います。
どうしても、家賃を削りたくないと言う女性が多いかもしれませんが、防犯やセキュリティー部分でコストを削減した住まい探しは良くないと思います。しかしながらお風呂やトイレといった部分は多少犠牲にしても家賃が下がるのであれば諦めることも1つの方法です。
もちろん、ここからは個人的な意見になりますが自分自身のやりたいことや趣味で毎月5万円程度生み出すことができるシミュレーションができれば、 30代女性の一人暮らしも非常に充実したものになるでしょう。同年代の男性サラリーマンが既婚であろうが独身だろうが同じような費用を使えることを考えれば決して無理な金額ではありません。

スポンサードリンク