ダイビング初心者

体験ダイビングの潜る時間はどれくらい?事前に確認して安心して参加しよう

はじめての体験ダイビングは、わからないことや不安なことばかりです。気になることに一つが体験ダイビングでの潜る時間です。はじめて潜る場合、長時間海の中にいることに不安を感じる方もいることでしょう。一方ではじめてでも不安はなく、潜ることが大好きで長時間潜っていたいという方もいるはずです。
では、体験ダイビングではどれくらいの時間潜っているのでしょうか。あらかじめ確認しておくと安心して体験ダイビングに参加できます。

スポンサードリンク

体験ダイビングでの一般的な潜る時間の長さ


体験ダイビングを海で行う場合、一般的には潜る深さは5m程度、潜っている時間は30~40分ほどです。

たった30分と思う人がいる一方、30分もと思う人もいます。たとえば、テレビを見ていたりスマホをいじっていると、あっという間に30分は過ぎてしまいます。楽しいときはあっという間に過ぎてしまうのです。それとは対照的に説教されているときなど嫌なことの場合は30分を実際よりも長く感じます。

海の中は陸の上とは世界が違い、魚や珊瑚など美しい世界が広がっています。何度潜っても感動はあるものですが、はじめての場合は特に感動することでしょう。そういった場合、30~40分はあっという間に感じるはずです。

プールでのダイビングの場合、ダイビング専用のプールなら深さと潜っている時間は海の場合と同じです。これは一般的な場合でダイニングショップによっては違う場合もあります。体験ではないレジャーダイビングの場合でも、潜っている時間は30~40分程度です。慣れている人でも長時間のダイビングは行わないのです。

体験ダイビングの潜る時間帯について 時間によって見え方が変わる


体験ダイビングは初心者が参加することが一般的なので、ダイビングをしても安全な時間帯が選ばれています。体験ダイビングを行う時間帯は、一般的には太陽が出ている時間です。

海の中は光の屈折の影響で陸よりも少し暗くなりますが、太陽が出ている時間なら海の中でも視界が効いて安全に海の中の世界を楽しむことができます。また、太陽が出ていない時間帯だと照明がないと海の中をよく観察することができません。

しかし、明るい時間帯なら自然の光のもと、魚や珊瑚など海の中の世界を楽しむことができます。また、水面を見上げると光の反射がキラキラとしてきれいです。青の洞窟という人気スポットがあります。青の洞窟は潜る時間帯によって洞窟の中で輝く色が青だったり緑色に近い青だったりと色が変化をします。これは、太陽の日差し角度の日差しの強さの違いによるものです。

スポンサードリンク

青の洞窟以外での場所での体験ダイビングの場合も、早朝と夕方では光の加減によって見える世界が変わります。

体験ダイビングの潜る時間以外に気になることは質問しよう

体験ダイビングでは海に潜る前にレクチャーがあります。初心者に向けてダイビング器材の使い方、コミュニケーションの取り方、体の動かし方などをレクチャーします。

一度潜ってしまうと特別なことがない限り浮上はしません。海の中で気になることがあってもすぐに質問することができないのです。そのため、気になることがあったら潜る前に質問をしておきましょう。

潜る時間のようなことでも構いません。ちょっとしたことでも気にしていると、心配なことを気になってダイビングを楽しめなくなります。また、不安な気持ちを抱えながら潜っていると思わぬ事故につながる心配もあります。

水中では会話ができないので、潜る前にどんどん質問をしてください。こんなことを聞いてよいのかといったことでも構いません。レクチャーでわからなかったところも質問しておきましょう。どんなことでも潜る前に疑問を解決しておくことが、安全にそして楽しくダイビングを行うためには大切です。

体験ダイビングでは実際に潜る時間+練習時間がある


レクチャーの中で特に重要なことは浅瀬で確認をすることがあります。

ダイビング以外のことでも始めてのことに挑戦するときには、まず簡単な練習から始めます。一度も泳いだことがない人にいきなり25mのプールで端から端まで泳ぎなさいとはいいませんよね。いきなり難しことを要求してもうまくできません。それどころか、事故につながる心配があります。
ダイビング初心者の場合は器材の使い方など慣れないことが多いので、安全な浅瀬で確認をしておきます。深い海ではパニックになってしまって事故につながる心配がありますが、一度浅い場所で確認をしておけば冷静に行動ができます。

慣れないことには不安を感じますが、インストラクターがついているので落ち着いて行動をしてください。体験ダイビングの場合は練習をする時間があるので、実際には潜っている時間が長くなるケースもあります。どれくらいに時間かかるのか不安がある場合は、体験ダイビングに参加する前に確認をしておきましょう。

スポンサードリンク