女子ダイビングの始め方

ダイビングのときにどんな水着を着たらいいの?女性におすすめを紹介

スキューバダイビングを行う際には、ウェットスーツの下に水着を着ます。スキューバダイビングが初めての方の場合、「今持っている水着でもよいの?」「どんな水着を購入したらよいの?」など、さまざまな疑問があるのではないでしょうか。
快適に楽しく、そして安全にスキューバダイビングを行うためには、着用する水着に気をつけることも大切です。では、どのような水着が適しているのでしょうか。女性におすすめの水着を紹介します。

スポンサードリンク

女性がダイビングで着用するおすすめの水着

女性の場合は、セパレイトタイプの水着がおすすめです。
セパレイトタイプの水着がおすすめの理由は、トイレに行くときに便利だからです。もちろんワンピースタイプの水着でもよいのですが、ワンピースタイプの場合はトイレの際に脱ぎ着の手間がかかります。一方、セパレイトタイプなら下だけ脱げばよいので楽です。
セパレイトタイプの水着の場合、背中のヒモに金具がついているタイプがありますが、金具はついていない方が望ましいです。ダイビングを行う際にはボンベを背負いますが、ボンベを背負った際に金具があって痛くなることがあります。
おしゃれな水着が数多く販売されていますが、できるだけシンプルなものを選びましょう。フリルなどがついているとウェットスーツの中で水着がずれたりもたついたりします。パレオがついている水着は避けてください。
おしゃれ重視よりも実用性重視で女性の水着を選ぶことが大切です。現在持っている水着でもシンプルなものなら大丈夫です。

女性がダイビングの水着に抵抗があるならラッシュガードがおすすめ

ビキニタイプの水着に抵抗がある女性はラッシュガードの着用がおすすめです。
ラッシュガードは水着の上から着るもので、ラッシュガードを着ておけば肌の露出を避けることができます。肌の露出を抑えることができるので、紫外線対策にもなります。水着に抵抗がある場合だけでなく、日焼が気になるときにもおすすめです。
また、社員でダイビングをする際にタトゥーが見えると困るということでラッシュガードで隠すという方もいます。
ラッシュガードは寒さ対策にもなります。冷え症の女性は少なくないので、冷えが気になる場合はラッシュガードを用意しておくとよいでしょう。
ダイビング初心者にとってウェットスーツの脱ぎ着は結構大変です。ところが、水着の上にラッシュガードを着用しておくと滑りがよくなるので、ウェットスーツの脱ぎ着をしやすくなります。また、誤って水着を一緒に抜いてしまうということを防げます。
ラッシュガードはフードがついていないものを選びましょう。フードはウェットスーツの中でもたついてしまいます。

スポンサードリンク

ダイビングで女性に不向きな水着

ダイビングの際に女性が着るおすすめの水着を紹介しましたが、不向きな水着というものもあります。

・背中に金具や結び目がある水着

ビキニタイプの水着の場合、背中で紐を結ぶようになっているものが少なくありません。ダイビングではボンベを背負いますが、背中に大きな結び目があるとボンベを背負った際に結び目が背中にあたって痛くなります。金具がある場合も同じです。
背中のヒモが細く首で縛るタイプの水着なら、ボンベを背負った際に背中に食い込む心配が少ないです。また、首でヒモを縛るタイプの水着ならウェ夫スーツを着てからでも調整できます。

・フリルのついた水着

フリルのついた水着の上からウェットスーツを着ると、ウェットスーツの中でもたついて不快です。フリルが邪魔をしてウェットスーツがピタッと密着しません。

・ワンピースタイプの水着

ワンピースタイプはトイレの際に不便です。ダイビング初心者にとっては脱ぎ着が大変なので、セパレイトタイプが望ましいです。

ダイビングで女性が水着を着用する意味

では、ダイビングの際に水着を着用するのはなぜなのでしょうか。

・衛生面

ウェットスーツはほとんどの人がダイビングショップでレンタルをします。初心者の場合はレンタルをすることが珍しくありません。
ダイビングショップでは洗濯をして衛生面に配慮していますが、それなりの配慮が必要です。また、人が着たウェットスーツが直接肌に触れるのは気持ちがよいものではありません。
そのため、ダイビングショップでは水着の着用を義務つけていることがあります。

・防寒や肌の保護

夏でも海の中は冷えが気になります。水着を一枚着用しているだけで防寒性がアップします。
また、ウェットスーツを直に着用すると肌との摩擦で肌が傷つく心配がありますが、水着を着ておくことで肌の保護につながります。

・休憩時に備えて

ウェットスーツは圧迫感があります。夏場でも船の上では熱中症の心配があり、秋は濡れたものを着用することで体温の低下につながります。そのため、休憩時にはウェットスーツをあえて脱いでもらうことがあります。

スポンサードリンク