女子ダイビングの始め方

体験ダイビングだけで満足できるのか?それとも、資格をとるべきなのか?!

ダイビングを気軽に楽しむことができる体験ダイビング。体験ダイビングでも十分にダイビングの楽しさは楽しむことができます。それでは、資格はわざわざ取らなくてもよいのか?そこのところの判断についてどうしたらいいのかについて書いていきます。資格を取るには、どれだけ大変なのか?そして、資格をとったら、どれだけいいことがあるのか?ということについて、一つずつみていくことにしましょう。そのうえで、体験ダイビングだけでもいいのか?についても見ていきましょう。

スポンサードリンク

資格を取らない体験ダイビングだけで満足できるのか?

資格を取らない体験ダイビングだけで満足することができるのか?ということは、結論から言えば、満足はできるというものです。体験ダイビングでも、水深5メートルから12メートルくらいまでもぐることができ、シュノーケリングとは違った世界を楽しむことができます。ウミガメなどの珍しい生物を見ることができるには、十分な深さになっています。5メートルといっても、初めて潜る人には、なかなか深い深さだと感じるくらいの深さになっていると思います。
そして、資格を取ろうとすると、講習などを受けて3日程かけなければならなくなります。せっかくきれいな海にまで旅行に来て、3日もダイビングの資格講習のために割かなければならないのは、少し抵抗があると思います。そう考えるとすぐにダイビングができる体験ダイビングというのは、お手軽なものになってきます。ですから、体験ダイビングだけで潜るというのは、選択肢としてありなのではないかと思います。

体験ダイビングだけで満足できない人が資格を取ると

そうは、言っても体験ダイビングにはまっていった場合には、資格を取るのもいいかと思います。都市型ダイビングショップなどを利用すれば、会社の帰りがけとかに講習を受けることができ、海にも1日だけ時間を割けばライセンスを取得することができます。そういうスムーズに資格を取ることができることを考えれば、資格を取ることもいいのではないでしょうか。
体験ダイビングでは、5メートルから12メートルの間くらいで、30分から40分程度もぐると言われています。しかし、実際のところは、安全面を考慮して、5メートル程度までしか潜らせてくれないことがあります。
そう考えると、見ることのできる景色も限界があるのではないでしょうか。ライセンスを取得することができれば、18~40mまでもぐることが可能になってきます。そして、最初のライセンスであっても、15~18mまで潜ることができます。ここまでもぐることができれば、きれいなサンゴや、ウミウシなど珍しい生物を見ることが可能になってきます。

スポンサードリンク

その他の体験ダイビングよりも資格を取った方がいいメリットについて

その他の体験ダイビングよりも資格を取った方がよいメリットというものもあります。それは、まず、体験ダイビングを毎回受けるとなると、毎回簡単な講習を受けることになります。シグナルの方法だったり、機材の使い方などの簡単な講習を受けることになります。これは、何度受けたとしても、毎回受けることになります。一方、ライセンスの資格を取ってしまえば、もう講習を受ける必要はありません。毎回、いきなり海にもぐることができ、ダイビングを楽しむ時間を増やすことができます。
その他の資格をとった方が良いメリットとしては、安全性の面があります。資格を取れば、講習の中で自分自身で安全を確保していくためのことを学んでいきます。つまり、自分自身で身を守ることができます。しかし、体験ダイビングでは、安全性はインストラクターにゆだねていることになります。そういった安全性を考えれば、資格を取る講習を受けた方が安全になってきます。ですから、資格を取るのはおすすめです。

体験ダイビングではなく資格を取るその他のメリット

体験ダイビングではなく、資格を取るその他のメリットというものもあります。それは、資格を取ると世界中の海で使うことができるということです。しっかりとしたライセンスを取得していれば、世界のどこの海にいっても海にもぐることができます。海外によっては、ラインセンスの資格がないと体験ダイビングもできずにシュノーケリングだけになってしまうこともあるのです。そう考えると一度ラインセンスを取得してしまえば、世界中でライセンスを楽しむことができます。
その他のライセンス資格を取るメリットというのは、一度ライセンスを取ってしまえが、一生利用することが可能ということです。更新する必要がなく、一生ラインセンスを使うことができます。ただし、インストラクターの資格には、毎年の更新が必要となってきます。
また、ラインセンスには、しっかりとしたところのライセンスを取得するべきです。たまに、ダイビングショップが独自に出しているライセンスがあり、そういったものでは、海外で海にもぐれないことがあるのです。ちゃんとしたライセンスとは、PADIやSII、NAUIなどです。

スポンサードリンク