女子ダイビングの始め方

Cカード講習の場所をアクセスしやすい関東地方で選ぶなら

春になると、これから夏に向けてスキューバダイビングを楽しみたいと思う方も増えてくるのではないでしょうか?
スキューバダイビングを楽しむために必要なライセンス、Cカードのことは既に調べていると思います。
Cカードを取るためには、講習を受けてダイビングの知識や機器の管理を身につける必要があります。
今回は、首都圏からアクセスがいい関東地方でCカードの講習が受けられ、時間もかからず、費用も抑えられる神奈川方面のダイビングスクールを調べてみました。

スポンサードリンク

Cカード取得に必要な講習と場所、関東での選び方

そもそもダイビングでのCカードとは、技能認定証(Certification-card)のことをいいます。
国内でダイビングをするために必ずCカードが必要と、法律で決まっているわけではありません。
ですが、多くのダイビングショップやチャーター船ではCカードのない方に機器のレンタルを断っており、インストラクターと1対1の体験ダイビングのみで対応している場合がほとんどです。
海外では、さらに厳しく法律でダイビングが禁止している地域もあります。
そもそも、禁止されるされないに関わらず危機の中でも酸素ボンベの補充を行なってもらえなければスキューバダイビングはない立たないことになります。
Cカードは、現在ではスキューバダイビングで最初に取得するカードを指しますが、推進や環境によってOWD(オープンウォーターダイバー)、AOW(アドバンスド・オープンウォーターダイバー)、SP(スペシャルティ・ダイバー)、RED(レスキュー・ダイバー)の4つに分かれています。
この記事を読まれている方は、これから始めてCカードを取ろうと思われている方ですので、首都圏からのアクセスがよく、機器のレンタルが充実した場所を選ぶことにします。

Cカードの講習場所は関東地方なら神奈川県が魅力的

Cカードの取得というと、沖縄や九州、小笠原諸島などで5〜7日かけて宿泊場所もあるプランを多く目にします。
1週間近く、南国の海でダイビングに慣れながら、マリンスポーツを始めるのにはとても魅力的です。
ですが、仕事をしながら、家事や育児をご夫婦で分担しながら長い休みは現実的ではありません。
また、夏のマリンスポーツの時期や連休の期間は割増料金になるため、費用も1人10万円近くするプランがほとんどでしょう。
そこで、首都圏に暮らす方、または首都圏からの旅行も兼ねた方におすすめの場所に絞ってみることにしましょう。
首都圏からアクセスがよく、機器のレンタルが充実しているのは、何と言っても神奈川方面です。
神奈川方面のダイビングスクールは、現地の海で実地の講習を行う場合と、少し離れた湘南などで講習を行うスクールがあります。
休日の過ごし方で、日帰りでCカードの講習を受ける場合、2日間かけてCカードの講習をレジャーとして楽しむ場合でダイビングスクールの場所を探してみましょう。

スポンサードリンク

Cカード講習で距離も日数も最短の場所、関東なら横須賀で

1カ所目は、神奈川県三浦半島には大規模なダイビングスクールが充実しています。
1つ例を上げると「三浦 海の学校」は規模の大きなスクールの1つで、たった1日でCカードを取ることができるスクールです。
肝心のアクセスですが、東京都の品川駅からは1時間30分程度の時間で到着します。
ルートは神奈川方面への玄関口 品川駅から京急本線(三崎口行き)に乗車、三崎口駅からはバスで移動します。
ほとんど歩かずに現地に訪れることができます。
首都圏から日帰りで訪れる方をターゲットにしたプランのため、ダイビング機器は全てレンタル、講習と実技は1日のスケジュールの中に含まれています。
まとまった休日の手配がつかない方、予算が足りない方におすすめです。
その日のダイビングを、休日のレジャーとして楽しむためではなく、その後の旅行でスキューバダイビングの予定がある方。
忙しいスケジュールの中、時間を割いてCカードを取ろうとされている方に向いているプランです。

Cカードの講習、休日も楽しむ場所なら関東の中でも湘南方面

休日のレジャーも兼ねてCカードを取れるダイビング講習と、実際にダイビングを楽しみたい方は湘南方面の海に向かうスクールもおすすめです。
魅力的なプランを提供しているのは、葉山ダイビングサービスという規模の大きなダイビングスクール。
ダイビングスクールの所在地と集合場所は、先ほどのスクールと同じ神奈川県三浦半島です。
アクセスは、こちらも品川駅から京急本線(三崎口行き)に乗車します。
1度金沢八景駅で京急逗子線に乗りかえ、終点の新逗子駅からバスで葉山ダイビングサービスへ向かいます。
現地からは、スクールのバスが運行していますので、事前の予約で利用することができます。
こちらのスクールでは、機材一式のレンタル料金・ライセンスの申請料金・受講料金が全て含まれて38000〜46000円の料金でCカードの取得ができます。
さらに対象年齢が10歳以上でもあり、お子さんと一緒にCカードを取れるプランを利用できる点が魅力的ですね。
お子さんとの夏の思い出、ダイビングの楽しみを見つけてからは家族でのレジャーへ向けてファミリーで利用するのもいいのではないでしょうか?

スポンサードリンク