女子ダイビングの始め方

ダイニング初心者の女性が不安な着替え、どうすればいいの?

ダイビングをするときには必ず着替えをしなければなりません。男性の場合は周りの目を気にせずに着替えができるかもしれませんが、女性の場合は人の目が気になるはずです。また、どういったものを用意すればいいのか、いつ着替えればよいのかなど、スキューバダイビング初心者さんはわからないことだらけだと思います。そこで、女性が着替えるときの注意点やこれがあると便利といったグッズを紹介します。楽しくダイビングをはじめてみましょう。

スポンサードリンク

女性が用意したいダイビングの持ち物着替え

ダイビングが始めたの方は、何を用意したらいいのかわからないことだらけだと思います。何ごとも準備が大切です。現地に到着してから「あれがない、これがない」ということがないように、事前に準備をしておきましょう。用意しておきたいものは次のようなものです。

・水着

ダイビング当日は水着を着て現地に集合をします。

・ビーチサンダル

砂浜に集合することが一般的で、海水で足元が濡れたり、砂が靴の中に入る可能性があります。汚れてもよいビーチサンダルを用意しましょう。

・日焼け止め、サングラス、帽子

女性は紫外線の影響が気になるのではないでしょうか。無防備に紫外線を浴び続けると、シミ、シワ、たるみなどの肌老化を促進させます。ダイビングスポットとして人気の沖縄や宮古島は紫外線が強いので、紫外線対策をしておくことがおすすめです。

・着替え

すぐに着替えられるようなもの、汚れてもよい着替えを用意しておきます。着替える前に体を拭くバスタオルも忘れずに用意しましょう。

女性がダイビングをするときに着替える服装について

楽しいダイビングが終わったら着替えをします。着替えといっても来たときの服に着替えるだけなので、実際に必要なものは下着くらいです。着替えの服をいくつも用意しての荷物になるようなことはありません。
ダイビングスポットとして人気の沖縄に行ったのなら、アロハシャツやかわいらしいワンピースで現地旅行を楽しんでみてはどうですか。普段、アロハシャツや暖かい地方特有なデザインのワンピースを着る機会は少ないと思います。こういったものを着られるのはダイビングで旅行に来たときくらいです。せっかくなので服装も楽しんでみてはどうでしょうか。
現地について時間があるようなら、現地のお店で着替えを調達するのもよいでしょう。東京などでは売られていないような、その土地だけでしか買えないような服を手に入れられる可能性があります。
ただ、下着だけは忘れないようにしましょう。かわいい服装に気を取られていると大切なものを忘れてしまいがちなので、持ち物点検を忘れないようにしてください。

スポンサードリンク

ダイビング後の着替えに女性が必要とするタオルについて

ダイビング後はシャワーを浴びてから着替えをしますが、水気を拭き取るバスタオルは自分で用意をします。
タオルは吸水性がよい大き目のものを用意しておくと、しっかり体全体の水分を吸い取ることができるので便利です。荷物になることが嫌なら、吸水性がよく速乾性のあるスリムタオルがおすすめです。スリムタオルはコンパクトに持ち運べるので、かさばらず荷物になりにくいです。
髪が長い女性の場合は、しっかり水分を吸収できるタオルを持参しておきましょう。ドライヤーを使えるかはダイビングスクールによって違います。万が一ドライヤーを使えない場合、髪からぽたぽたと水気が滴ることになり、服が濡れてしまいます。こうならないために、しっかりと水分を吸収できるタオルがおすすめです。
ダイビングスクールによってはバスタオルをレンタルしています。荷物になることが嫌なら、バスタオルのレンタルをしているのか事前に確認をしておくとよいでしょう。

ダイビングをするときに女性はどこで着替えればいいの?

現地には水着を着て集合しますが、着替えをする場所はダイビングスクールによって違います。
ダイビングスクールによっては更衣室を用意しています。更衣室があると女性でも安心できることでしょう。
更衣室がない場合もあります。その場合は対応はダイビングスクールによって違います。
大きなポンチョを用意していてポンチョを身にまとった状態で着替えをするといったこともあります。小中学生のとき水着に着替える際、ポンチョのようなタオルで体を包んで着替えをしましたよね。そのようなイメージです。
着替えに不安がある場合は、事前にダイビングスクールに問い合わせをしておくとよいでしょう。
女性の場合、ワンピースタイプの水着よりもセパレイトタイプの水着が便利です。セパレイトタイプならワンピースタイプよりも着替えが楽です。
フリルなどの装飾がついている水着はウェットスーツを着たときにごわつくのでおすすめできません。見た目よりも機能性を重視した水着を用意しておきましょう。

スポンサードリンク