ダイビング初心者

初心者あるあるを脱却して、ダイビングの本当の面白さを体験しよう

ダイビングのライセンスを取得したけれど海に行っても上手く潜れないし、自分には才能がないのかもと自信を失くしたり、マスククリアも怖くて出来ないと言う人があります。はじめて海でダイビングをする時は、誰でもドキドキします。それが当たり前なのですが、実際に何度も上手くできないと気持ちが凹んでしまうのも理解できます。かっこいいダイバーになりたくてライセンスを取得したのなら、ちょっとの失敗にめげずにがんばることが必要なのです。

スポンサードリンク

ダイビング初心者が思わず遣りがちな失敗あるある

ダイビングのライセンスを取得したぞと意気込んで海に出掛けたものの、こんな失敗をしていませんか。例えばウエットスーツを前後間違えて着てしまったり、いざとなったら海に飛び込むのが急に怖くなったりして躊躇って仕舞う等など。笑っていられる失敗ならば良いのですが、海という自然を相手にするのですから心身と装備どちらにも万全の準備をしておかなくてはなりません。事前に説明もあるはずですがウエットスーツのファスナーは後ろについているので、舞い上がる気持ちをを落ち着けてきちんと聞いておきましょう。
それから器材のセッティングと装着ですが、これは命に関わるものですから間違いのないようにすることが大切になります。初心者が遣ってしまいがちな失敗にはBCDが前後逆になっていたり、きちんとつける事が出来ずに緩んでいる場合があります。レギュレーターも左右が逆という初歩的な間違いなども「初心者あるある」なので、十分に確認の上で装着するようにしてください。

初心者あるある、ダイビングは海に入らなくては始まりません

初心者あるあるで起こりがちなのが、入水する時の恐怖感です。入水方法にはビーチから歩いて入る場合と、沖までボートや船で出て座った状態で入水する方法(シッティングエントリー)や同じくボートから立った姿勢のまま入水する方法があります。ダイビング初心者にとって、ほんの数十センチが崖の上から飛び込むような恐しい体験と感じてしまうものです。まるで初めて滑り台の上に立った幼稚園児のように足が竦んでしまいます。
そのために、ジャイアントスライドエントリーの片足を前に踏み出した状態で躊躇うと顔から海へ落ちたり、上にジャンプしてしまって前に出られずタンクを階段にぶつけたり、フィンだけ脱げてしまって船に残ったりとちょっと残念なダイビングになってしまいます。小学生のプールでも経験あると思いますが、初めて飛び込み台から飛び込む時はとても怖かった記憶があるでしょう。でも何回かやっている内に平気になって、もっと上手にもっと遠くにと考えられるようになっていくものです。

スポンサードリンク

初心者はみんな知っているダイビングの初めてあるある

いざ海に飛び込んでも、深く潜れなくてはダイビングの醍醐味を体験できません。ロープがあれば潜れるのに、ロープがないと全然潜っていけないのが初心者あるあるです。潜行はダイビングでも「基本のき」の部分ですから、これが上手に出来ないと折角のライセンス取得が無駄になってしまいます。上手く潜れない間は無理にロープを使わないのではなく、ロープを目標にしてみましょう。視線は正面ではなく、自分が辿り着きたい地点をみます。ロープを見ながら潜ることで、ちゃんと潜行出来ているか確認できます。
マスククリアが怖いという場合、これはライセンス取得の必須技術なので出来ないでは済まされません。恐怖心というのは経験が無い為なので、経験を沢山積むことで克服できます。まずは浅瀬など危険が無い場所で、練習をしてみてください。海水が目に入らないようにするための方法として、空気は上に溜まるので顔を上に向けることです。手順としてはマスクの上を押さえて顔をやや上に向け、鼻から息を吐けば完了です。

初心者あるあるから脱却してダイビングを思う存分愉しむ方法

ダイビングはグループで行なうスポーツです。いつまでも初心者でいることは、他の仲間に迷惑を掛けることになると同時に、自分自身もトラブルに遭い易いといえます。初心者から脱却するには、練習あるのみです。練習を行なわずにある日突然、ダイビングが上達することは絶対にありません。初めて海に入ってから、30回を超えるくらいまでは間を置かずにダイビングをすることをお奨めします。可能であれば月に1回は海に入るようにしましょう。
そして自分に合った器材を使うことも重要な要素となります。そして質の高い講習を受けながら、基本のスキルが誰に指摘されなくても出来るようになるまで練習を繰り返すことです。アドバイスをされたなら、素直に受け入れましょう。その内に体がそれを覚えて、自然に行なえるようになります。そして一番大切なのは、自分が努力することです。上手くなりたい上達したいと思わなければ進歩することもないのです。潜行できないからウエイトを重くするのではなく、どうすれば潜れるのかを考えてください。

スポンサードリンク