女子ダイビングの始め方

知って得するダイビングショップの探し方が分かる方法

ダイビングショップは、都市型ダイビングショップや、現地型ダイビングショップなど様々あります。本当に沢山のダイビングショップが存在します。その中から、自分にあったダイビングショップを選んでいくことが必要となってきます。そのダイビングショップの探し方に関することについて書いていこうと思います。ダイビングショップを探す際には、どんなところを気を付けたらいいでしょうか。インストラクターやショップの特徴は、どのようなことに気を付ければいいのでしょうか。

スポンサードリンク

自分に合った、ダイビングショップの探し方について

自分に合ったダイビングショップの探し方について、紹介していきます。まず、ダイビングショップでも、どんなダイビングショップがいいかは、自分自身の好みがあります。人が沢山集まるようなダイビングショップがいいという人もいれば、人は、少な目のダイビングショップがいいという人もいるかもしれません。どんな状態のダイビングショップがいいのかを確認してから、ダイビングショップを探すようにしましょう。
沢山人のいるダイビングショップならば、色々な出会いがあるかもしれません。そんなことを求める人には、おすすめになるでしょう。一方で、人数の少ないダイビングショップならば、プライベートを静かに過ごすことができるかもしれません。そのように、どんなダイビングショップがいいか、自分自身の望みを明らかにする必要があります。
また、インストラクターの人もどんな人がいいのかを自分自身で決めておく必要があります。インストラクターも人によって変わってきます。

しっかりとした、ダイビングショップの探し方について

インストラクターも、良く話すおしゃべりなインストラクターがいいのか、的確に説明してくれて余計なことは話さないインストラクターがいいのか、自分の中で決めておく必要があります。インストラクターについては、ダイビングショップに行って、実際に話すことができると思うので、話し印象で決めることができます。
また、しっかりとしたダイビングショップは、どのようにして見極めるといいのでしょうか。命を預けるダイビングですので、しっかりとしたダイビングショップを選ぶのがいいでしょう。
しっかりとしたダイビングショップというのは、海以外での事務作業やお店などがしっかりしているという特徴があります。ですから、お店を訪ねてみて、お店がしっかりとしているかを見ることで、海での対応を見ることができるようになります。また、cカードのライセンスを取る際にしっかりとした説明があるかなども見ていきます。
また、お店のホームページがしっかりしているかも参考にするといいでしょう。

スポンサードリンク

自分の好みにあった海のダイビングショップの探し方

次に、潜る海の場所によって、ダイビングショップを選ぶということがあります。どのような海で潜りたいのかということで、ダイビングショップが変わってきます。ダイビングショップが、潜りたい海に対応しているのかどうかということを確認していきましょう。
まずは、潜りたい海というのは、ダイビングの雑誌などでイメージを膨らませることができます。また、インターネットで検索することでもどのような海があるかが分かるようになるでしょう。
潜ることのできる海としては、例えば東日本であれば、小笠原諸島(東京都)とか、伊豆(静岡県)などがあります。沖縄方面であれば、石垣島、宮古島などがあります。
また、家族や友人と潜る場合には、そのメンバーにどのようなスキルの人がいるのかということも大切になってきます。メンバーの中に、ライセンスを持っていない人がいたならば、ライセンス取得のできるダイビングショップであったり、体験ダイビングをしているショップを探す必要があります。

都市型ダイビングショップと現地型ダイビングショップの探し方

ダイビングショップには、都市型ダイビングショップと現地型ダイビングショップがあります。それぞれ、メリットがあるので、希望のものを選んでいくといいと思います。まず、こだわりのあるダイビングをしたいという場合には、現地型ダイビングショップがお勧めになってきます。現地型ダイビングショップであれば、海の近くにダイビングショップがあり、インストラクターの方もその海によく潜っています。そうすると、現地での情報や変化などに敏感に反応してくれるからです。
また、ダイビングをいっぱいしたいという方も、現地型ダイビングショップがおすすめになります。宿を併設しているショップがあったり、近くの宿に泊まることができるので、朝一からダイビングを楽しむことができます。
もし、移動が楽にしたいというならば、都市型ダイビングショップがお勧めになります。都市型ダイビングショップなら、送迎をしてくれるのでとても楽です。ダイビングをして疲れてから、また運転しなければならないということがありません。

スポンサードリンク