未分類

初心者だからって失敗しない、ダイビングに持って行くべき必需品

ダイビングの体験をしてみたいけど、ライセンスは取得したけどまだまだ初心者なので不安という人は貴方だけではありません。海に潜る時にどんなものを持っていけば良いのか分からない、という方の不安を一つ一つ解消していきます。これは必需品と分かっているものから、こんな物もあったら便利というものまで、覚えてしまえば何も心配することはなくなります。ダイビングといっても旅行へ行くのと同じです。その旅行へいつも持っていっているものに、ダイビング用の品が加わるだけと考えてください。

スポンサードリンク

初心者だから忘れちゃダメ、ダイビングにこれだけは忘れられない必需品

ダイビングにはこれだけは忘れてはダメ、という必需品があります。まずは水着、着替え、そして体を拭くための大き目のタオルです。ダイビングの初心者ではウエットスーツ(又はドライスーツ)を着るので水着は必要ないと考える方もいるようですが、レンタルなどのスーツを着る場合もあるでしょうし衛生的に水着の着用は必要でしょう。それに直接ウエットスーツを着て仕舞うと皮膚との摩擦が起こるので、それを防止するためにも水着は必需品となります。水着もワンピースよりセパレートになっているビキニの方が脱ぎ着に便利です。それにビキニであってもフリルなどの装飾が多いとウエットスーツの下で動き難く邪魔になるので、シンプルなデザインのものを持っていきましょう。それとダイビング用のマスクはレンタルするよりも自分の顔にピッタリしたものの方が安心出来るので、もしも自分用マスクを購入していたら忘れないようにしてください。またマスクが度付きであるなら、なおさら忘れないようにしましょう。

ダイビングライセンスを取得したばかりの初心者が持って行くべき必需品

日本ではダイビングライセンスのCカードは、車の免許証のように法律で必ず所持する必要のある物ではありません。でも持っていない場合、体験コースのダイビングしか出来ないことになっています。海外ではもっと厳重で、このCカードを所有していないと法的にダイビングを禁止している国や、器材の購入やレンタルすら出来ない国もあるほどです。海外にダイビングに出掛ける場合、Cカードは絶対忘れてはいけない必需品となります。それからダイビングの記録を取るログブックもバッグに入れて置きましょう。これは貴方の海の記録というだけでなく、一緒に潜るインストラクターにとっても重要な情報源となります。貴方がどんなダイビングをしてきたか、ひと目で分かる履歴書のようなものです。どんな海での経験があるのか無いのかも分かる為、お互いの安全を守る重要な存在といえます。ログブックのページが残っているかも確認してから、しっかりと持って行くようにしてください。

スポンサードリンク

ダイビングで必需品ではないけれど、初心者ならもって行ったら安心

ダイビングに出かけるとき、必需品ではないけれどあったら良かったと思えるもの幾つかご紹介します。まずは酔い止め、これは船で移動するときに必要となるかもしれません。でも、眠くなるタイプの酔い止めはダイビングをするのに危険を伴うので、注意書きを必ず読んでから飲むようにしましょう。そして日焼け止めと日差しを防ぐ為のツバの広い帽子、そしてサングラスです。海の上は水面からの照り返しで、陸地以上に紫外線を浴びることになります。ですから日焼け止めはしっかりと、そして顔だけでなくウエットスーツを脱いだ時に露出する肌の部分まで塗るようにしてください。視力矯正のためにコンタクトを利用している方は、付け替え時に万が一落としたり無くしたりした時のために替えのコンタクトを用意しておくと安心です。寒い時期でない夏でも水の中は意外に体を冷やすので、防寒対策の為にもラッシュガードや上着を用意しておくと良いかもしれません。ラッシュガードはウエットスーツの纏わりつきを軽くしたり、ビキニ姿を見られない効果もあります。

ダイビングでエネルギーを使った初心者に必需品のあれこれ

ダイビングに慣れていない初心者は、エネルギーを沢山消耗してしまいます。船に揚がった時、立ち上がるもの大変な位どっと疲れが襲ってくるかもしれません。そんな時に必需品となるのが、甘いお菓子などです。エネルギーを補給出来るようにカロリーが高めのチョコレートや飴など口溶けのよいスイーツを持って行くことをお奨めします。比較的少ないですが、しょっぱいものを欲しいと感じる方もいるようです。ご自分がどちらか分からない時は、両方持っていってみましょう。しょっぱいものでは漬物やポテトチップが好まれています。体が疲れてくると思わぬ所で怪我をする可能性があるので、救急セットもお菓子と一緒に用意して置くことが必要でしょう。特にダイビングは自然の中で愉しむ時間なので、岩で手を切ったりウニの棘に刺されたりと怪我をする機会に溢れています。絆創膏だけでなくピンセットや毛抜き、それに消毒薬があると怪我をしてもすぐに対処出来るはずです。

スポンサードリンク