未分類

楽しい!ダイビングの後はお酒を飲んで盛り上がろう!同じ趣味で出会いが広がる

大人になると新しい友達や出会いが出来る機会が減りますよね。毎日、同じような行動をして何となく日々を過ごしているけれど、そんな毎日に何か新しい刺激が欲しいと思う人も多く居ます。

折角なら、新しい出会い、友人作りと同時に趣味が見つかれば一石二鳥というものです。普段街中では、知らない人と出会っても親しくなりませんが、ダイビングという海中の特殊な状況を共有する事で不思議と初対面の人ともぐんと距離が縮まり仲良くなれるのです。

そして、ダイビング一番の素敵な所は、ひとりで参加してもすぐに仲間が出来るという事です。ダイビングには、1人で参加する人も多数いますし、共通の話題も沢山あるので会話が生まれやすいですし、何より親切な人が多く自然に仲間になっていたという事がとても多いのです。特に、ダイビングの後に皆でご飯を食べたりお酒を飲んだりする時にぐんと距離が近くなって出会いが広がるのでおすすめの趣味です。

スポンサードリンク

ダイビングをした後に飲むお酒の味は格別に美味しい!深酒には注意する事

ダイビングは、海の中に潜りますし、重たい機材も運んだり背負ったりするので相当の体力を使いお腹も減ります。そして、海の中は、とても癒される空間なので心地よい疲労感とリラックスした気分のまま皆さんで、お酒を飲むことになることも多いのです。勿論お酒を飲まない人も、ノンアルコールでお酒の席に参加していますよ。

海中で発見した綺麗な魚や地形、今日の波の具合、透明度など話は尽きません。その会話を肴にお酒が進みます。ダイビング後のお酒は、格別に美味しいのです。

しかし、お酒を飲む翌日がダイビング終了の日ならば、少々の深酒をしても問題ないのですが、もし、翌日もダイビングの予定がある場合は、深酒には充分注意しましょう。

特に、ダイビングを始めて間もない場合は、まだ自分の身体が海の中でどんな状態になるのかも分かっていません。ある程度、ダイビング本数をこなした人なら、これ位のお酒の量なら対応できるというのが分かってくるのですが、初心者の場合は、未知の部分があるのでお酒は、深酒に注意して楽しく、仲間の話を聞いてダイビングの楽しさを教えてもらいましょう。

ダイビングをした後は皆テンションが上がるからお酒を飲んで心も解放される

ダイビングをする人の中には、ダイビングの後に飲むお酒が楽しみという人もいる位お酒を飲む人が多い印象があります。勿論、べろんべろんに酔う人は、見たことがないですし、ダイビングをすることで身体も適度に疲労感があるので少し飲んだら部屋に帰ってゆっくり寝るという人も多いのです。

ダイビングの後になぜお酒を飲む人が多いのかは、恐らくテンションが上がるからかと思います。海の中は、本当に日常からかけ離れた綺麗な表情を見せてくれます。そして、皆で潜っていても海中で聞こえるのは、呼吸によるバブル音とスーという静かな音のみです。ある意味、孤独な世界とも言えるのです。

スポンサードリンク

勿論会話も聞こえませんから、ダイビング中の会話は、ホワイトボードや身振り手振りで行われるのです。一日に数本潜るとすると海中で人と会話をしない状況が続くので、ダイビング後の皆さんとの会話でテンションが上がるのも一つの理由だと思います。

海の中で発見した事、綺麗だと思った事をお酒を飲みながら皆に報告して盛り上がる事その全てがダイビングの魅力だと思います。普段の生活では、ストレスが多少なりともありますがそんな日頃のストレスをダイビングの後のお酒で解放する効果があるのです。

ダイビングを一度でも一緒にすればもう仲間!お酒を飲んで初対面の人とも仲良くなれる

ダイビングは、ダイビングショップを通してツアーに申し込むことが多いのですが、そのツアーには、仕事の都合などで1人で参加する人も多いのです。初めて1人で参加する時には、勇気がいるものですが、意外に1人で参加する人は、老若男女多くいてショップのインストラクターという色々教えてくれる人が率先して皆に紹介をしてくれたりするのですぐに溶け込むことが出来ます。

ダイビング後に飲むお酒の席も同様で、老若男女色々な人たちが共通の趣味という話題で盛り上がるので昔からの友人の様に仲良くなれる事が多いのです。初対面の人もいつの間にか、溶け込んでいて次回のツアーでは、一緒に参加してバディを組みましょうという話に発展する事もあります。

そうして、交際した人や、結婚する人、生涯の友人になった人も沢山います。ダイビングは、ある意味童心に戻れる趣味なので世間の肩書などを忘れて素の自分をさらけ出せるので初対面の人とも仲良くなれるのです。

ダイビング前夜はお酒の飲み過ぎに注意!二日酔いや脱水症状に気を付けよう!

お酒を飲み過ぎると盛り上がりすぎて朝方まで飲んでしまう事もあります。翌日に、ダイビングをする予定がある場合は、お酒を飲み過ぎないようにするのが安全に楽しくダイビングをするコツになります。

なぜならお酒を飲み過ぎてしまい二日酔い状態になると、ボートダイビングなどの場合、潜るポイントに行くまでに船に乗って移動しますが、二日酔いで船酔いになる確率がぐーんと上がり、ダイビングどころじゃなくなる可能性があるからです。

陸から行うダイビングであるビーチダイビングなら船酔いしないから安心と思われるかもしれませんが、ビーチダイビングも、場所によっては、潜るポイントまで少し泳いで移動するのです。そして、潜るまで水面で浮上したまま待機する時間がありますが、普通の状態でも初心者だと波間に浮いている間に波に酔ってしまう人もいる位なので、お酒の飲み過ぎで二日酔い状態の場合は、大変酔いやすいのです。

また、アルコールを摂取する事により利尿作用により脱水状態になりやすくなっています。脱水状態でダイビングをするのは、減圧症などの危険もあるので、気を付けないといけません。

そのため、ダイビングが翌日にある場合は、お酒の飲み過ぎに充分気を付けて楽しいお酒の席にしましょう。

スポンサードリンク