未分類

海の中での会話手段

海でダイビングをするのは、とても楽しいものです。
気心の知れた仲間と、美しい青い海や熱帯魚を見ながら、時間も仕事も考えずに、ゆっくりと泳ぐ世界は、まるで別世界のようだと思います。
そして、海の中では言葉を発する事が出来ません。
そこで、重要になるのが、ハンドシグナルです。
ハンドシグナルは、水の中での会話に大いに役に立つので覚えておきましょう。
ハンドシグナルを覚えておけば、海の中はもっと有意義に過ごす事が出来ます

スポンサードリンク

まずはハンドシグナルの大切さを知ろう

ハンドシグナルを覚えるにあたり、なぜハンドシグナルを覚える事が大切かという事を知る事が大切です。
ハンドシグナルは、海に潜る時の大切なコミュニケーション方法だという事は理解されていても、具体的になぜ必要なのかを知る事が大切です。
海の中でハンドシグナルは、自分と一緒に海に潜った人の安全を守る為には、とても必要な事です。
もし、万が一ハンドシグナルをきちんと覚えずに海にダイブした場合、海の中で危機があった時に、その事を周囲に教える事が出来ずに、後で後悔へと繋がる事になってしまいます。
ハンドシグナルは、基礎からきちんと学び、海の中でのコミュニケーションを円滑に進める為の大切なツールです。
ハンドシグナルは難しいのでは?と、思っている人も多いかと思いますが、そんな事はありません。
例えば。親指と人差し指で丸を作る「OKサイン」は、海の中でもやはりOKを表すサインなのです。
このように、ハンドシグナルは、とても簡単に出来る物が多いのです。

ダイビングでの簡単なハンドシグナル

まずは基本的なハンドシグナルです。
サインの出し方もとても簡単なので、まずはそこから覚えていきましょう。

・潜行開始

エントリーポイントに到着したら、メンバーの集合を確認して、片手の親指を下に向けます。
それが、「潜行する」という合図なのです。

・注目してください

海の中でガイド、またはインストラクターが自分のマスクを2本の指でつついた時には、それは「自分に注目してください」という合図なのです。
このサインを見たら、必ず注目しましょう。

・ストップ!

ガイド、またはインストラクターが片手(両手も可)で前を押すような仕草をしたら、それは「ストップ!」の合図なのです。
この場合は、もしかしたら軽いトラブルが起きている可能性もあります。
必ず動かずに、次の指示を待ちましょう。

・浮上します

スポンサードリンク

そして、潜行とは逆に親指を上に上げたら、それは「浮上します」の合図なのです。
このサインを見たら、まずはダイブコンピューターで浮上時刻を確認します。
そして、レギュレータの空気を排出するホースを上に向けながら、もう片方の手を上へと上げます。
そして、ゆっくり浮上します。

ダイビングでのハンドシグナルは緊急事態を知らせる

・異変を感じたら

何か体調に異変を感じる。
また、何か違和感を感じるという場合には、まずは違和感を感じる場所を指差します。
そして、片手をヒラヒラと動かします。
これだけで、相手には何か異変があったと気がついてもらえます。

・エアが少なくなっている

万が一、エアが思ったよりも早く減っていて、意思表示をしなくてはならないという時には、すぐに周囲に対してハンドシグナルを出しましょう。
この時には、片手を顎の下で左右に動かします。
これで、空気が少なくなっている事を知らせる事が出来ます。
どれぐらい減っていたら教えるのかというと、残圧が40以下になった時に、ハンドシグナルを出すのが正しいタイミングです。

・空気をください!

もし、万が一にも空気が供給されなくなった時には、側にいる人に、急いで手のひらで口に物を入れるハンドシグナルを出しましょう。
そうする事で、相手は急いでエアを分けてくれるので、最悪の事態からは免れます。

ダイビングのハンドシグナルは、緊急事態を知らせる

そして、緊急事態が起きた時にこそ、ハンドシグナルは大いに活躍します。
そこで、緊急事態のハンドシグナルをいくつかご紹介します。

・耳が痛い

耳抜けが出来ていなかったら、耳に痛みが現れます。
その時には、耳を人差し指で示しましょう。
これで、周囲に耳に異変が起きている事を伝える事が出来るのです。

・危ないっ!

例えば、海の生物で危険がある物もいます。
もしも見かけたら、落ち着いて周囲に向かって右手でグーを突き出します。
こうする事で、周囲には危険がある事を示す事が出来ます。

・寒いです!

そして、急激な体温の低下は命にも関わる事です。
もしも、急に体温が低下したら、両手で体を暖めるように腕をクロスさせます。
こうする事で、周囲に体温が低下している事を伝える事が出来るのです。

緊急事態の時には、慌ててしまい、きちんとハンドシグナルが出せない事もあります。
まずは、落ち着いて周囲に、今の自分の状況を伝える事が、とても必要です。

スポンサードリンク