ダイビングの楽しみ方

スキューバダイビングの苦痛を和らげるテクニック

日常では感じられない、海の中の魅力的な世界を体験できるのがスキューバダイビングです!

マンタや海亀などと泳ぐことが憧れ!という女性も多いように、ダイビングをして非日常を味わいたいと思っている人はおおいですよね!しかし、そんなダイビングにも気を付けなければいけないことがあります…それが、初心者だと感じることが多い、

耳、鼻、頭、全てが痛い!

ということです。こうなると心理的にもパニック状態に陥りやすく、一回のダイビングで断念してしまう人も多いです。しかし、正しい知識を持っていれば「痛くて無理!」なんて問題はすっかり解決して、見ry区的な海の世界を存分に味わうことができます。

今回は、私の体験談を元にダイビングの苦痛を和らげる方法を伝授しちゃいます!

スポンサードリンク

ダイビングの苦痛をなくす!耳抜き3つやり方をご紹介

ダイビングで一番「痛い!」と悩ましい箇所が”耳”です。まずは、耳の痛みから解放される耳抜きについてお話していきます!

①バルサルバ法

まず一般的でオーソドックスな耳抜き方法はこのバルサルバ法です。
マスクの上から鼻を指でつまんで、鼻をかむように圧力をかけるやり方です。
この時口は閉じています。また、あまり力みすぎると中耳腔を傷つける原因になるので優しく空気を送り込むイメージで行いましょう。

②フレンツェル法

こちらは聞いたことがない方が多いかもしれませんが、やり方はとても簡単です。
まず鼻をつまんだ状態舌の付け根を上顎に持ち上げます。
こうすることで耳官が開き空気が送り込まれます。

③トインビー法

トインビー法もとても簡単、かつ耳に負担のない耳抜き方法です。
鼻をつまんだ状態でツバを飲み込むだけです。時々『ごくん』と喉を鳴らしてツバを飲み込む時(飲料でも)、耳からスッと空気が抜ける時がありませんか。
この方法は鼻腔内の気圧が一時的に下がり、その影響で耳管が開きやすくなるという仕組みを利用しています。
プロのダイバーや無意識に耳抜きができる人はトインビー法で耳抜きをする人が多いです。

ダイビングの苦痛!どうしても耳抜きができない時の対処法

上記の3つの方法を駆使しても耳抜きがうまくいかない時はどうしたら良いのでしょうか。

まずは耳抜きのタイミングも含めご紹介します。耳抜きとは気圧に合わせて人間の体が順応していくための体のメカニズムとしてとても大切です。誰だっていきなり水深10mには順応できません。ですから耳抜きは水面にいる時から始めましょう。

だいたい水深5mくらいまでは50cmごと、慣れてきたら1mごとにこまめに行います。耳抜きが上手くいかない時は、痛い方の耳を水面方向に向けながら耳抜きをしてみましょう。また、色々な耳抜きの方法を試して自分にはどの方法が一番合っているか知ることも大切です。この方法で10mくらいまで潜れれば、こまめに耳抜きをしなくとも体が慣れてきます。

スポンサードリンク

それでも耳抜きが上手くいかない時は、バディやインストラクターに合図を送ります。耳を指差し、手のひらをひらひらさせます。これで『耳が痛い』というジェスチャーです。ここで無理をすると中耳腔を傷つけたりと後々影響が出ますので、決して無理をせずコンディションを整えてからチャレンジしましょう。

ダイビングの苦痛は耳抜きだけではない!水の中で慌てた時は?

ダイビングの大きな苦痛といえば大抵の人が耳抜きがうまくできない時を浮かべると思います。しかし、実際は耳抜きだけでなく単純に海の中で急に不安になりパニックに陥る苦痛もあります。

私も一度だけダイビング中にパニックになりそうになったことがあります。

耳抜きがうまくいかなかった痛みから派生し、レギュレーターから吸う空気が非常に息苦しく、いっそ口から外してしまおうかという恐ろしい思考がよぎりました。そんなことあるの?と思うかもしれませんが、ダイビングはその日のコンディション、疲れ具合で大きく変わってしまいます。

これらを考慮し、本当に今日は潜って大丈夫か考える自己判断も大切です。それでも水の中でパニックに陥りそうになったら、とにかく息を吸うことです。

タンクの空気量など気にせず、大きく深く息を吸ってください。そして少し浮上します。水面に近づくことで心理的に安心感も増します。他にも、人によっては九九を唱えて落ち着く、という人もいれば、私は『魚』だと妄想し落ち着く人もいるようです。とにかく息を吸うことを止めず、それでもダメな時はインストラクターに合図を送りましょう。

ダイビングの苦痛を味わってでも楽しみたい

ここで1つの体験談をお話しします。これは私の友達のお話です。

今の旦那様とまだお付き合いしていた頃、二人で海外旅行に行きました。私たちはライセンスを持っていたので、渡航先でダイビングを行いました。

前日は二人ともテンションが高くつ、いつい飲みすぎてしましました。そんなことも気にせず海の中へ。すぐに違和感を感じました。どんなにトライしても耳抜きができない。頭痛と焦りと恐怖感に襲われましたが、2mくらい浮上し耳抜きをするとポコっと抜けました。

それからは楽しいダイビングができましたが、水面に上がりマスクをとると、隣の彼が真っ青。自分では全く気付かなかったのですが、耳抜きができず半ば無理やり行ったことで大量の鼻血で真っ赤になった私を見て驚いたようです。

ああ、恥ずかしい。

ダイビングは日々の体調管理で大きく変わります。

彼女もこの件で反省しましたが、不思議と辞めようとは思わなかったそうです。むしろまた、あの美しい海を見たい、イルカと泳ぎたいと考えしまったほど。この気持ち私にもよくわかりますが、本当に海の中って魅力的なんです。

皆様もぜひ、ダイビングという素敵な趣味を諦めず、これからも素敵な世界を除いてくださいね。

スポンサードリンク