ダイビングの楽しみ方

初心者さん必見!不安を吹き飛ばして海の世界へGO!魅力たっぷりのダイビングに挑戦

a0002_004833

日常に疲れたあなた。どこか遠い世界に行ってみたいなあ…なんて思うことはありませんか?そんな時にピッタリなのがダイビング。経験者から、海の中は最高だと聞いたことがある方も多いかもしれませんね。まさに、海底は地上とは全くの別世界です。ちょっと潜るだけで、まるでジブリ作品に登場するような、幻想的な風景を目の当たりにすることも。でも、やったことがないと、なかなか一歩踏み出すのには勇気がいりますよね。そんな初心者さんが抱きがちな不安について、一緒に考えてみましょう。

スポンサードリンク

ダイビング初心者さんの不安 ①息ができなくなったらどうするの?


ダイビングをする時はご存じのとおり、空気の入ったタンクを背負って海中に飛び込みます。未体験の方、特に水があまり得意でない方は、海の中である程度長い時間を過ごすという点が最も心配なのではないでしょうか。

知らないうちに空気がなくなってしまったら?口から、あのホースみたいなものが外れてしまったら?ホースに水が詰まって呼吸ができなくなってしまったら?苦しくなったらどうするの?…たくさんの疑問がわいてきますよね。でも大丈夫。いきなり海に飛び込むわけではなく、初心者さんには必ず、しっかりとした事前講習があります。

機器の使い方などを丁寧に教えてもらえますし、実技は納得のいくまで練習ができます。また万が一、苦しくなったりつらくなったりしたらどのようにサインを出し、どう行動すべきかといった決まりがあるので、これに従うことで先生や仲間に自分の意思をすみやかに伝えることができます。多くの人が楽しめるように、しっかりと身を守るための方法が確立されているんですね。

ダイビング初心者さんの不安 ②ライセンスが必要なの?ちょっと面倒…


体験でなく本格的なダイビングを行うにあたっては、講習を受けてライセンスを取得することになります。「ライセンスって取れたら何だか嬉しいけど、難しいんじゃないの?」「講習を受けなきゃいけないなら面倒だな…」なんて思う方もいるかもしれません。

まず、難易度は高くありません。それに、学ぶ情報や知識はダイビングに必須。命を守ることにつながるので、とっても大切な内容なんです。だからこそ、ダイビングをしてみたい!海の中の世界を見てみたい!という気持ちさえあれば難なくこなせます。

そうは言っても、仕事や日々の生活がある中で、ライセンス取得に長い期間がかかるとなれば敬遠してしまいますよね。でもご安心ください。仕事に忙しいビジネスパーソンを想定したコースが設けられているスクールも多いのです。

スポンサードリンク

さらにコースによっては、休暇を取ってぎゅぎゅっと期間を詰めれば、講習、ライセンス取得、本番のダイビングをエンジョイするところまでを一続きで楽しませてくれるものも。都合に合わせて、さまざまなスクール・課程を検討してみてくださいね。

ダイビング初心者さんの不安 ③場所が遠すぎるんじゃ?


都市部に住んでいると特に、きれいな海は果てしなく遠いように感じるかもしれません。「ダイビングは楽しみたいけれど、海の近くまで行かなきゃいけないんだよね?考えたらちょっと面倒になってきた。やっぱり、私には無理かもなあ…」そんな声も聞こえてきそうです。

ですが、それはちょっともったいない!東京近郊を例に取ると、千葉まで出れば格好のダイビングスポットがいくつもあるのです。例えば富津なら、東京から車で1時間ほどで着いてしまうことも。

1時間といえば都内を電車で東西に移動するだけでもすぐに経ってしまいますから、案外そのくらいの距離って頻繁に移動しているのかもしれません。都合がつくなら、思い切って休暇をまとめて取り、講習も体験も沖縄などの南国地域で行うのもおすすめ。もちろんダイビングスクールだけなら海沿いまで行かなくても都心にたくさんあります。お住まいの地区や、通勤や通学で使うターミナル駅、職場の近くだと通いやすくて便利ですね。ぜひ探してみてください。

ダイビング初心者さんの不安 ④続けられるか心配…


晴れてライセンスが取得できても、続けられなかったらもったいないからやめておく、という方もいるようです。理由はさまざま。体力に自信がない、飽きっぽい、思ったより興味が持てないかも…。分かります。不安は尽きませんよね。

ここで私の友人の話をご紹介します。職場と家との往復にウンザリしていた彼女。ふと、学生の頃に友人から聞いたダイビングの体験談を思い出していました。

最初は乗り気じゃなかったのに、すっかり魅力にやられてしまったこと。海底トンネルをくぐり抜けた時のこと。今後はオーストラリアをはじめ、たくさん潜ってみたいエリアがあること…。そこで彼女は思いきって仲のいい友人を誘って、ライセンスを取得したのです。

そもそも体を動かすのは嫌いな、運動不足の彼女でしたが、それ以来すっかり海の世界のトリコに!今では、スキあらばという感じで国内のダイビングスポットを訪れています。新しい世界が広がって、楽しみが増えたとのことで、何だかイキイキしていますよ。安心のプロのサポートを受けて実技を身につけ、ぜひ新しい世界に飛び込んでみてください。まずは体験からでもいいかもしれませんね。

スポンサードリンク