未分類

とにかくサンゴ礁のきれいな絶景を楽しむべき

初心者のスキューバダイビングでは、あまり深いところまでは潜ることができません。しかし、それでも、十分に楽しむことができます。亀やバラクーダなどの珍しい生き物を見るという楽しみ方もあるかもしれないですが、なんといってもお勧めは、サンゴ礁のきれいな海を楽しむということです。そんなきれいなサンゴ礁に囲まれて泳いだ経験を持てば、すぐにスキューバダイビングをまたしたくなることでしょう。とにかく、オススメなのが、きれいなサンゴ礁の中を泳ぐことです。まるで世界観が変わっていきます。

スポンサードリンク

ダイビング初心者の方におすすめな泳ぎ方について

ダイビング初心者の方は、深くまで潜ることができません。そうなると、泳げる範囲というものも限られてきます。しかし、そんな初心者の方でも楽しむことができるダイビングの方法があります。
それは、とにかくきれいなサンゴ礁の中を泳ぐことです。あまり、テレビでも放映されることがないですが、本当にきれいなサンゴ礁だらけの海というものがあります。最近は、温暖化の影響できれいなサンゴ礁というものも減ってきているのですが、とにかくきれいなサンゴ礁の中を泳ぐことができます。
とにかくきれいなサンゴ礁の中を泳ぐとまるで別世界に来たかのような感覚に襲われます。まるで違う世界を自分は、旅しているのではないかというくらいです。
国内のダイビングスポットの写真でサンゴ礁が出てくることがありますが、あの程度では足りません。もっともっと、沢山のサンゴ礁があるところが必要になってきます。もっと、泳いでいて、四方八方をサンゴ礁で囲まれるような、あらゆる色が海の中に広がっているようなイメージです。

ダイビング初心者の方におすすめなスポットについて

そんな四方八方をサンゴ礁に囲まれているような絶景は、海外に行かなければありません。国内であれば、沖縄の海がきれいですが、それでもサンゴ礁はまばらです。海がきれいという意味では、沖縄の海はおすすめではありますが、サンゴ礁の量が少ないです。とにかく、一度サンゴ礁に囲まれたところを泳いでみたら、もう虜になるとおもいます。
そんなサンゴ礁に囲まれる海は、一昔前であれば、フィリピンのセブ島がおすすめです。フィリピンのセブ島には、島の近くに、とても多くのサンゴ礁が広がっているダイビングスポットが存在します。その場所であれば、とにかくサンゴ礁の世界を楽しむことができるようになります。一度、体験してみてはいかがでしょうか。
フィリピンのセブ島であれば、日本からそれほど離れていないので飛行機に乗ってすぐに到着することができます。また、日本語の分かるダイビングショップもあるので、安心です。とにかく、一度、サンゴ礁まみれの世界を体験してください。

スポンサードリンク

ダイビング初心者におすすめのセブ島ダイビング

そんなサンゴ礁に囲まれて、楽しくダイビングすることができるセブ島のダイビングスポット。じつは、初心者にもおすすめの理由が他にもあります。
日本語が話せる現地のスタッフというのが、まず、とても親切です。とても、ダイビングを楽しいものにしてくれます。そして、これは、ある意味いけないことでもあるのですが、初級のライセンスでは潜れないところまで連れて行ってくれます。そのため、少し深いところで、珍しい魚を見ることもできるようになります。
まぁ、規定の中で楽しまなければいけないので、あまり気にしなくていいかもしれないですが。
そして、セブ島では、フィリピンの食事を楽しむこともできます。現地の肉料理がとても美味しいです。ダイビングをすると、結構体力を使っているので、お腹が減ります。その状態で食べると食事がとても、美味しいです。
また、ひそかに出会いもあるのが、セブ島のいいとこころです。日本人も沢山きているので、ホテルやダイビングなどで新たな出会いを得ることもできるでしょう。

ダイビング初心者におすすめな潜り方

ダイビングには、いくつかの方法があります。まず、潜り方ですが、陸からポイントまで歩いていって、潜るという方法があります。この方法だと、ボンベなどの一式をしょっていかなければならないので、初心者にはあまりおすすめする方法ではありません。
一方で、ボートに乗って、ポイントまでいき、ダイビングをするという方法があります。この方法であれば、ボートに乗ってから、ボンベなどの一式を付けるので、とても簡単にダイビングをすることができます。
ですから、このボートからダイビングするという方法が初心者にはおすすめな潜り方になってきます。
そして、初心者におすすめな海の環境というのは、静かな海です。静かな海は、流されることがないですし、視界も良好でいろいろなものを見ることができます。そういう意味で、沖縄の海というのは、静かなのでおすすめな海になってきます。
また、その他の初心者におすすめな海と言う意味では、深すぎない海というのも大事になってきます。間違って深くまでもぐらないというのも大事です。

スポンサードリンク