未分類

ダイビングを楽しんでも日焼けしたくない!ダイビングで気をつける日焼け対策とは

ダイビングをする際に気になることの一つが紫外線です。日ごろから紫外線対策をしっかりとしている女性もいると思いますが、海の中でも美肌を守るためには紫外線対策が大切です。無防備に紫外線を浴び続けると日焼けをしてしまいます。そして、シミになってしまうことも。しかし、水に塗れるので地上での紫外線対策とは少し違います。では、どのように紫外線対策をして日焼けを防いだらよいのでしょうか。きちんと対策をして透明肌を維持しましょう。

スポンサードリンク

ダイビングによる日焼けと日焼け以外の肌への影響

水の中にもぐっているとはいえ、水中にも紫外線は届いています。紫外線を浴びると肌では活性酸素が発生をして、肌細胞を守るためにメラニンが生成されます。メラニン色素が細胞をキャップのように覆い、これ以上紫外線のダメージを受けないように肌を守ります。紫外線を浴びると日焼けをするためメラニン色素には悪いイメージがあるかもしれませんが、肌を守る大切な役割があるのです。
ダイビングの際は日焼け以外の肌への影響も心配です。
肌老化の70%は紫外線による影響といわれています。シミ、シワ、たるみ、乾燥、ニキビなども紫外線の影響です。紫外線対策を怠ってしまうと日焼けをするだけでなく、シミやシワなどさまざまな肌トラブルを引き起こすことになります。
水面では紫外線が反射されるので、水中では地上で浴びるよりも紫外線の影響を受けにくいと考えられますが、たとえ水中であっても日焼けなどの肌トラブルを防ぐためには紫外線対策を行うことが大切です。

ダイビングの際の日焼けを防ぐための日焼け止めの選び方

ダイビングの際は日焼け止めの選び方に工夫が必要です。普段地上で使っている日焼け止めとは選び方のポイントが違います。
ダイビングでは肌が濡れるので水によって日焼け止めが落ちてしまいます。どんなにSPFやPAの値が高い日焼け止めであっても、とれてしまったら紫外線を防ぐ力はなくなってしまいます。そして、しっかり日焼け止めを塗ったつもりなのに日焼けをすることに。
そのため、水によって落ちることを防ぐために、ダイビングの際はウォータープルーフのものを選びましょう。
ウォータープルーフは水には強いのですが、摩擦に強い性質はありません。水を振り払うために顔をこすることがあると思いますが、そのときに日焼け止めが取れてしまいます。そのため、摩擦にも強いものがおすすめです。摩擦に強いタイプはフリクションプルーフといいます。
日差しのもと長時間海で過ごすことになるので、SPFやPAの値が高いものを選ぶとよいでしょう。国内最高基準はSPF50+・PA++++です。

スポンサードリンク

ダイビングの際の日焼けを防ぐための日焼け止めの塗り方

日焼けを防ぐために適切な日焼け止めを選んでも、正しく塗らなければしっかりと紫外線を防いでくれません。
日焼け止めの使用目安量は顔全体に使用する場合、ローションタイプは100円硬貨2枚分、クリームタイプは直径7mmのパール2粒分です。この量を一度で顔全体に塗るのは難しいので、何度かに分けて塗りましょう。顔の中心から外側に向かってムラなく伸ばします。たっぷりと塗ると白浮きが気になりますが、白くなりにくいタイプも販売されています。
耳、首筋、肩は塗り残しをしやすい部位です。この部分もしっかり塗るように忘れないでください。
たとえウォータープルーフの日焼け止めであっても、時間が経つと多少は落ちてしまうことがあります。そのため、しっかり日焼けを防ぎたいならこまめな塗り直しが必要になります。日焼け止めの塗り直しは2~3時間に1回が目安です。頬、鼻筋、額は日焼け止めが落ちやすい部位なので、この部分を中心に塗るとよいでしょう。

ダイビング中だけでない!体の中から日焼け対策

ダイビングをしている間に日焼け対策をするのではなく、体の内側からも対策をするとさらに効果的です。
ビタミンCには還元作用によってメラニン生成を遅延させる働きがあります。そのため、日焼け対策にはビタミンCを普段から意識して摂ることがおすすめです。
ビタミンCが多い食品は、赤ピーマン、パセリ、レモン、イチゴ、キウイなどです。ビタミンCは熱に弱い性質があるので、できるだけ生で摂取をするとよいでしょう。果物は生で食べやすいです。
ジャガイモやサツマイモにもビタミンCが含まれています。ジャガイモなどに含まれるビタミンCはでんぷんで守られているため、加熱をしても壊れにくいです。
ビタミンCは水に溶けやすい性質もあり、一度に大量に摂取をしても尿と一緒に排泄されてしまいます。上手な摂り方はこまめにビタミンCが多い食品を食べることです。朝食でサラダ、おやつにフルーツなど、こまめに食べるとよいでしょう。
なお、パセリ、レモン、キュウリなどにはソラレンという物質が含まれていて、摂取してから紫外線を浴びるとシミができやすくなるので、食べるなら紫外線を浴びない夜がおすすめです。

スポンサードリンク