未分類

知って得するダイビングライセンスCカードを取るまでの手順

一度取ってしまえば、一生使うことのできるダイビングライセンスのCカード。国内だけでなく、国外でのダイビングにも利用することができます。そのCカードの取得するまでの手順について説明していきます。どんな手順で、Cカードを取得することができるのでしょうか。実際に、Cカードを取得したら、心配なくすぐにダイビングを楽しむことはできるのでしょうか。どのような手順になっているのかについて書いていきます。Cカードをあなたも取得して、素敵なダイビングライフを送りましょう。

スポンサードリンク

Cカードを取るまでの手順の中で、まずはどこで取得をするのかを決める

ダイビングライセンスのCカードを取得できるのは、都市型のショップと現地ショップでの取得が可能になっています。どちらの方法で取るのかは、メリットデメリットがあるので、是非、検討してみて下さい。
都市型のショップであれば、学科講習やプール講習などを都市型ショップで受けることができます。つまり、会社の帰りなどにちょっと寄って勉強してしまうということができるのです。そして、海洋実地を海に行って行うことをします。都市型ショップのメリットとしては、効率的に学ぶことができ、いざ、ダイビング自体には旅行のときに時間を割くことができるというものです。
一方で、現地ショップであれば、例えば、沖縄の海などにあるショップでライセンスCカードを取得することができます。こちらのメリットとしては、旅行を楽しみながらライセンスを取ることができます。しかし、プール実習や、学科講習などどこでもできるものを旅行先の貴重な時間で過ごしてしまうというデメリットがあります。

Cカードを取るまでの手順【都市型ショップ編】

都市型ショップでCカードを取得するには、まず、ショップを探します。ダイビング 都市名などで検索すると出てきます。そこで見つけたダイビングショップに実際に行って話を聞いて見ましょう。そこで話を聞いて、大丈夫そうならば、ライセンスの取得に挑みましょう。
そして、ライセンスの取得が始まるとまず、学科講習があります。ダイビングをする上で大切な知識などを学ぶことになります。この学科講習は、ショップやインストラクターにより異なりますが、2,3時間の講習を2回か3回に分けて行います。学科講習なので、自宅でも復習をすることができます。
そして、次にプール講習を行います。プール講習は、ショップにあるところもありますし、他のショップのプールを借りるところもあります。このプール講習で実際の水に慣れていくということをします。
次に、海洋講習を行います。東京であれば、伊豆諸島などに出かけて、1泊2日などで、実際の海の中で口臭を行っていきます。

スポンサードリンク

Cカードを取るまでの手順【現地ショップ】の場合

現地ショップでダイビングライセンスCカードを取得する手順について書いていきます。現地ショップでライセンスを取るには、まずショップを探すところから始めます。沖縄の場合、沖縄 ダイビングなどで検索するとショップが出てきます。また、旅行代理店のツアーの中に、ライセンス取得できるものとしてパックされているものもあります。
そんな形で、ライセンス取得できるショップを探します。次に、旅行に出かけて、現地ショップで講習を受けます。まずは、都市型ショップと同じ学科講習を受けます。学科講習は、3,4時間の講習を1日または2日程度で終えることができます。そして、次がプール講習になります。プール講習で浅い深さにの中で慣れていきます。ショップによっては、プールを使わないで、浅瀬の海を利用する場合もあります。そして、次が海洋講習になります。実際に、海の中に入ってダイビングの仕方を学んでいきます。実際のきれいな海を見ることができるので、とてもお得かなと思います。

Cカードを取るまでの手順【現地ショップ】の場合

現地ショップでダイビングライセンスCカードを取得する手順について書いていきます。現地ショップでライセンスを取るには、まずショップを探すところから始めます。沖縄の場合、沖縄 ダイビングなどで検索するとショップが出てきます。また、旅行代理店のツアーの中に、ライセンス取得できるものとしてパックされているものもあります。
そんな形で、ライセンス取得できるショップを探します。次に、旅行に出かけて、現地ショップで講習を受けます。まずは、都市型ショップと同じ学科講習を受けます。学科講習は、3,4時間の講習を1日または2日程度で終えることができます。そして、次がプール講習になります。プール講習で浅い深さにの中で慣れていきます。ショップによっては、プールを使わないで、浅瀬の海を利用する場合もあります。そして、次が海洋講習になります。実際に、海の中に入ってダイビングの仕方を学んでいきます。実際のきれいな海を見ることができるので、とてもお得かなと思います。

スポンサードリンク