未分類

観光用にしろプロの仕事にせよダイビングには其々のライセンスが必要

ダイビングを覚えるにはライセンスやシッカリした器材が必要なことは言うまでもありません。 ダイビングのステップアップの講習には、先ず講習を申し込む必要がありますが、その前に始めて申し込む時は何処にどの様な講習所があるかを確認しなければなりません。 有名なダイビングエリアやスポットには大抵はダイビングショップ等と合わせて講習所もあります。 そして、良質な店は認定証取得コースやファンダイブ(一緒に潜る仲間)を申し込みに来たゲストに対しては、講習や器材などについて常に顧客のリクエストに応えられる態勢を保っているのです。

スポンサードリンク

ダイビングにライセンスという認証制度がある

まずスキューバダイビングというのは、プロ的な意味合いでいうと日本の映画の「海猿」や韓国での海難事故などで職業的に活躍しているのがですが、我々が普通にダイビングと称するのは、一般にはレジャーや観光のためのダイビングを示すことが多いようです。
最近は特にマリンスポーツといって、シュノーケリングやダイビングが盛んなようですが、海中では深いところの方が、海中の様子、景観や魚の種類も多く、見るべきものがあります。 この時は勿論、深い潜水能力や空気ボンベなどの機材が必要になってきます。
深い水圧に慣れて、安全に呼吸もしなければならず、その為にはしっかりとした講習を受けなければなりません。
一般には、スクーバダイビングの講習や実技は、任意の公認の団体が主唱して行っていますが、その主なモノにまず初心者用では「Cカード」の取得が必要になります。 正式名はCertification Cardの略で、所定のコースを修了したことを証明するものです。 これは、「ダイビングに必要な技術と知識を習得した」ことを証明するもので、一度取得してしまえば更新の必要がない永久資格です。 
ただ、このライセンス制度は資格試験ではありませんが、自分の体や健康、生命に関わることでもありますので、しっかり講習を受け認証受けてからスタートすべきです。

ダイビングにはCカードライセンスという認定証が必要

スキューバダイビングを行う際には、ダイビングの認定証である「Cカード」という講習終了証が必要となりますが。 Cカードの事をダイビングライセンスと言われることが多いですが、所定のコースを修了したことを証明するものです。
講習には当然ながら講習費用が必要になりますが、講習場所であるダイビングスポットへの旅行の形を取ることもあり、その場合にはツアー代金も必要となります。 その他にもダイビング器材が必要で、これは概ねがレンタルようになります。 ただ、ダイビングスクールによってはそのスクール、あるいは提携するダイビングショップでの器材購入を推奨する場合もあります。
ただ、このCカードは、車の免許証などとは異なり任意の団体が発行するものですので、法的な決まりはありません。 ですが最低でも取得していないと自身に危険が伴うため、大切なライセンスです。 又、Cカードを取得していないとダイビングショップのダイビングツアーに参加する事は出来ず、スクーバダイビングのための器材やタンクをレンタルする事もできません。

スポンサードリンク

沖縄のダイビングスポットとライセンス

海洋国家といえる日本ですが、娯楽やスポーツとしてのダイビングスポットと言えば、国内ではやはり沖縄県、沖縄諸島が一般的でしょう。 中でも沖縄本島では中部地域の恩納村辺りの西海岸エリアと言われるのが、日本最大のビーチエリアともいわれ、ビーチ沖には顔面ホールやドリームホール などの地形ポイントもあり、のんびりボートダイビングが楽しめる癒し系ポイントでもあります。
又、色とりどりのサンゴと白い砂地が楽しめる、ビーチダイビングポイントなど個性的なスポットが揃っており、魚影が濃く、生物の種類がとても多いのが特徴です。
勿論、ダイビングをする場合は当初はライセンス不要の簡単な体験ダイビングを受けるひつようがあり、其の後のCカードというライセンスを取得する必要があります。
Cカードを取得すれば、世界共通の認定を受けることができ、世界中でスキューバダイビングなどダイビング全般のサービスを受けることが可能になります。
当然ながら沖縄にも、沖縄のダイビングライセンス取得団体があり、プランに応じて比較検討することが出来ます。 プランの中には、格安のダイビングライセンス取得プランというのもあり、ネットで簡単に検索、比較ができます。

「Cカード」というダイビングライセンスは世界共通

沖縄の奇麗で深い海に潜るには、ダイビングライセンスが必要になってきますが、このライセンスはCカードライセンスともいい、これを取得することによって世界共通の認定を受けることができ、世界中でスキューバダイビングなどダイビング全般のサービスを受けることができるようになります。
これは、「ダイビングに必要な技術と知識を習得した」ことを証明するもので、一度取得してしまえば自動車のような更新などの必要がない永久資格なのです。 この認定書を提示することで、ダイビングショップでタンクやウエイト(重り)など、必要な器材を借りることもできるほか、ダイビングショップのツアーなどに参加してダイビングを楽しむことができるようになります。
勿論、Cカードを取得するには指導団体により定められた講習を受講することになりますが、
各ダイビングショップ、指導団体により講習内容や順序は若干、異なりますし、当然ながら沖縄本島にも沖縄でのダイビングライセンス取得団体があり、プランに応じて比較検討することが出来ます。

スポンサードリンク