未分類

豊かな海の沖縄はダイビング王国で其れにはシッカリした器材も

海洋国家の日本ですが、娯楽やスポーツとしてのダイビングスポットと言えば、国内ではやはり沖縄諸島が一般的でしょう。 特に本島では中部地域の西海岸エリアでもある恩納村辺りのと言われるのが、日本最大のビーチエリアともいわれています。 其処はダイビングが楽しめる癒し系ポイントでもあり、同時に色とりどりのサンゴと白い砂地が楽しめるビーチダイビングやディープダイビングのポイントなどがあって、個性的なエリアやスポットが揃っており、魚影も濃く魚たちの種類がとても多いのが特徴になっているのです。
勿論、ディープダイビングを楽しむためには其れなりのライセンスも必要で、此れをCカードと呼ばれるものでこの資格を取得する必要があります。 ライセンスがあれば安全用の器材も自由に調達することも出来るのです。

スポンサードリンク

沖縄はダイビング王国ですが其れには安全器材も

日本でも数少ない海洋王国といわれる沖縄は日本で唯一つの南国リゾート地といわれ、国内とは違った海に関する自然が多く存在します。 沖縄の海岸は本土の海と違い、真っ白い砂浜が続いております。 其れは、本土の砂浜は唯の砂粒に対して沖縄の砂浜はその殆どが珊瑚の死骸でできているのであって、だから真っ白な色をしているともされているのです。
沖縄では亜熱帯性の植物が繁茂し、県内の北部、山原(ヤンバル)地方は、動植物の宝庫としてのその森には、ノグチゲラ(国指定特別天然記念物)や飛べない鳥として有名なヤンバルクイナ(国指定天然記念物)が生息している。 又、八重山諸島にはイリオモテヤマネコ(国指定特別天然記念物)、カンムリワシ(国指定特別天然記念物)などが生息し、特徴のある植物としてはマングローブの群生も見ることができる。
しかし何と言っても沖縄は海の沖縄でダイビングの本場でもあり、其のスポットにはダビングに要する器材類も揃っているのです。
ただ、海洋王国でもある沖縄でも残念なのは、近年では海洋汚染も進んでサンゴ礁などの繁殖や生育にとって大切な環境が破壊されているとも言われているのです。 サンゴと魚は一身同体でもあり、沖縄のダイビングスポットを守るためにも、海洋保全や環境を守りたいですね。

シッカリと器材をつけてダイビングが楽しめる本島エリア

さて、沖縄旅行は此処何年も訪れていますが、其の沖縄といいますと琉球時代から流れをくむ歴史的な面もあり其の目的は色々あるでしょうが、やはり、観光の主体となるのは、やはり沖縄ブルーといわれる真っ青な海という事になるでしょう。 
沖縄の気候的には真冬の時期を除いては概が、亜熱帯の海洋性気候に属していて、所謂、暖流の黒潮の影響で平均気温が20度以上ということで、「沖縄諸島で雪が降った」という話はあまりないようです。
そして、本州や首都圏からの沖縄旅行といえば諸島の各地もございますが、先ず沖縄本島になるでしょうし、其の本島での観光の主目的というのはやはりダイビングという事になるでしょう。 本島でのダイビングエリアというのは概ね、真冬の時期を除いて三季を通してダイバー達の姿をみることが出来るほど、ダイビングファンにとっては聖域とみえる代表的なエリアになっているのです。 
本島でのダイビングスポット、エリアとしては大きく分けて三つのエリアに別れているともせれていて、北部地域の名護エリアでは中級以上向けのポイントが多いとされ、又、恩納村や北谷を中心とした中部エリアは、初心者から中級車に人気があるとされ、其の代表的なスポットが「青の洞窟」とも言われていて、リピーター達も多く人気のスポットになっているのです。

スポンサードリンク

ダイビングを楽しむためには其れなりの講習と器材を

日本国内で代表的なダイビングスポットといえば海洋県でもある沖縄というのは異論の無いところでしょうが、沖縄というのは極端に言えばサンゴ礁から成りたっている島々といっても過言ではないでしょう。 其のためにサンゴと魚類というのは昔から深い係わり合いもあり、珍しい亜熱帯や熱帯地方の魚類も多く見受けられるのです。 つまり其の沖縄の海に潜ると、青く透明な海には無数の珍しい魚たちが悠々と泳いでいるのが見受けられるのです。
これが沖縄の海の特徴でもあり人気のあるところで、ダイビングファンには聖地とも言われるところなんです。 そんな美しい沖縄の海に潜るのも簡単なシュノーケルでも覗けますが、本格的に沖縄の海を愛でるには、深度性のある海に潜るのが越したことは有りません。 この際には当然ですが、深い潜水能力が可能な空気ボンベなどの安全器材が必要になってきます。
深い海は水圧もありますし其れに対応できるような安全にして完全な呼吸もしなければならず、その為にはしっかりとした初期の講習を受けなければなりませんし、其れによって安全な器材も装着できるようになるのです。 一般的にはスキューバダイビングの講習や潜水実技というのは、任意で私的な公認の団体が主唱して行っていますが、沖縄での主要なダイビングスポットにはこれ等の講習所が各所に存在しているのです。

ダイビングは講習と資格を受けて安全な器材を装着すること

日本国内にあるダイビングの認定の取れる公認の講習所は各地に有りますが、勿論、其の代表的な地域で有る沖縄でも当然ながら各地にこれ等のダイビングショップや講習所が存在します。 其の講習所で定められた一定期間内に学科や潜水技術の実習講義を受けると、結果として認定書が授与されます。
その主なものには初心者でも有効な「Cカード」というもので、ダイビングを楽しむための一種の免許のようなものが必要になるのです。 Cカードというのは、正式にはCertification Cardの略で、主に観光やレクリエーションのためのスキューバダイビングに関して定められた知識と技術の基準を習得したことを証明するもので、併せて所定のコースを修了したことを証明するものです。 これは車の免許などとは異なって、一回取得してしまえば更新の必要がない永久の認定資格となるのです。 
ただ、このライセンス、資格制度は特別な試験などはなく飽くまでも講習が終了した時点で授与されるものです。 このCカードの本来の目的は、自分の体力や健康、其れに生命に関わることでもありますので、しっかり講習を受けた後に認証受けてからスタートすべきですが、これ等を保障するものではありません。
更に、Cカードという認定書を受けた後は、個人的にも器材などの選定を行い自由にダイビングを楽しむことが出来るのです。

スポンサードリンク