未分類

ダイビングといっても其の種類やコースは豊富に有ります

近年ではスポーツ界において女性の活躍が目立ちますが、スポーツに限らず社会的にも女性の進出や活躍が非常に目立ちます。 又、昔は女性の本来の立場から、女性の激しい運動やスポーツは限られたものですが、今では男性選科であった正規のマラソンやチームプレイではサッカーやラクビーなども普通に行われていて、オリンピックの種目にもなっています。
この様に筆者の趣味でもある「ダイビング」の世界にも女性同士の愛好者も増えてきて、有り難いことだと感じています。 元より、女性のダイエットの一つの方法に水中のウォーキングなども大流行ですが、ダイビングは特に若い女性にはレジャーとしての海中の面白さや楽しさを味わうばかりでなく、女性自身のダイエットや美容効果にも十分に期待されているとされていて、若い女性のダイビングファンも増えてきているといわれています。

スポンサードリンク

ダイビングの種類に関してそもそもは

先ず、当該の外になりますが、ダイビングといいますと水中のダイビングと他にも空を舞う空中のダイビングもあります。 空中の場合はスカイダイビングとか、グライダー方式のダイビングで、いずれも空中を遊泳をしながらのんびり漂うか、空中からの落下のスリルを味わうダイビングもあります。 

しかし、一般にダイビングといいますと水中のダイビング、本命は海中のダイビングのことを指すのが普通でしょう。 夏の季節になると沖合や岩場などにおいて、海面近くにおいて顔面にシュノーケルのメガネやマスク、其れに足元にフィンなどをつけて手軽に海中を覗ける所謂、シュノーケリングといわれる簡易ダイビングがあります。

一方、水中深く長時間にわたって潜水が出来るダイビングは本格的な器具をつけて、空気ボンベやその他の器具類を身に着けて行うのを、一般のダイビングもしくはスキューバダイビングといいます。 此れは本格的なダイビングで、海と人が一体になる喜びを味わい、楽しく、そこで広がる新しい世界を探求出来るもので、今までテレビでしか見たことのない全く未知なる青い空間の感動があるのです。 

ダイビングの種類は先ず初心者の体験型から

本格的なダイビングといいますと、我々が一歩海中に足を踏み入れた途端、海は驚きに満ちた感動を提供してくれますし、それを好む人達を感動という世界に導いてくれて、夢の世界へ誘ってくれるのです。 海中の世界は多くの生き物も住み、謎や不思議な世界が広がっているのです。

ただ、この様な美しい海に潜るには安全で完全な器具も装着しなければならないし、何よりダイビングを始めようとしても誰でも直ぐに潜れるわけではありませんし、其れに、海中というのは危険もあり、まだまだ不安が一杯あるはずです。

スポンサードリンク

其の為にも専門家による講習も必要になりますし、海域によっては各種のコースもあります。 即ち、ダイビングというのは各種のコースに分かれていて其の為のレッスンも必要になります。 先ず、ダイビングが初めてとか初心者の人たちは、「体験型ダイビングコース」というのを学ぶ事になります。 このレッスンは特にライセンスなどを取る目的も無く普通に誰でも潜れる簡単で安全な方法と言う事になります。

一方ではダイビングの種類としてのライセンス型のファンダイビング

一方、初診や初級者の体験型ダイビングコースに対して、本格的な水中ダイビング、即ち、、「ライセンス」を取得している人達が学ぶコースを一般的には「ファンダイビングコース」といっております。 体験型ダイビングとファンダイビングは同じようなものですが、安全、確実に潜るためには定められたコースをクリアーして其れなりのライセンスを取得する必要があるのです。 それの第一の違いはライセンスの有・無で、所定のダイビングポイント(特に海中の潮の流れなどの変化に対応する)や深さなどの範囲が異なってくるのです。

特に、此方のレッスンをファンダイブといわれるのは、このコース中に習ったこと自体が実際に生かされてスムーズにできるようになるまで、レッスン指導者であるインストラクターが責任を持ってサポートやアドバイスをしていくことになるという原則もあるのです。

体験型もそうですがファンダイブも含めて、ユックリと慌てず楽しみながら、水中やダイビングそのものに慣れていけるよう、指導員たちがアドバイスしてくれるのです。

ダイビングの種類の最終目的は指導員かガイドダイビング

ファンダイビングとして経験も永くなり、更に指導的な立場になるダイビングも有ります。 勿論、これ等のダイバーはインストラクター、指導員とも言われ所謂、ダイドダイバーという事になります。 ガイドダイブとは、一言で言えば水中を案内する役目のダイバーのことになります。

ガイドダイバーは、ダイビングを楽しむ人たちの先導役で、安全かつ正確に案内しながら潜るためのルートや方角といった情報を伝えたり、水中の生物や魚たちがどのようなところを泳いでいるのか、潜んでいるのかを事前に知っていて伝えるためでもあり、はたまた安全に潜るための器具類の調整やウェイトのコントロール等も行うものです。

最後にライセンスのことですが、安全にまたガイド無しで好きなグループで好きなところ、、其れにお好みの器具類をつけてダイビングを楽しく、且つ安全に続けていくためには、それなりの資格やライセンスが必要になります。 この様なダイビングを行うための専門のライセンス、資格のことを「Cカード」と呼んでいるのです。

スポンサードリンク