未分類

スキューバダイビング×友達作りについて

私は、25歳の商社勤務の女性ですが、これまで私は、スキューバダイビングについて一切知りませんでしたし、また知ろうとも全く思っておりませんでした。私が、スキューバダイビングを知ることになったキッカケは、同じ会社勤めの同僚からの誘いでした。「今度沖縄にスキューバダイビングしに行くんだけど、一緒に行かない?」と言う唐突な誘いでした。海の日に合わせてダイビングしに行くと言うもので、確かに、もの凄く暑いし、そう言う体験も良いかな?と思い、友達からの誘いにOKしてスキューバダイビングを始めてみることにしました。

スポンサードリンク

ダイビング×友達作りの前にダイビングの基礎知識1

ダイビング×友達作りの方法についてですが、私は、同じ商社勤務の友達から誘われる形で沖縄でのスキューバダイビングを始める形になりました。しかし、始めてみてのは良いもののどのようにして、始めてみれば良いのか?そんな同じ悩みを抱える方にスキューバダイビングの基礎的な知識を覚えて頂きたいと思います。まずスキューバダイビングは、女性同士であれば、必ず友達の方と参加されるとは思うのですが、まず初歩的な考えで、スキューバダイビングは、そもそも一人でできるものなのか?と言う内容についてですが、もし、一人で行くにしても、沖縄で展開されている潜水屋と言う店舗等を利用して、そこでのインストラクターの方々に指導して頂きながらダイビングすることができますので、他の参加者の方々と打ち解けるような形で、ダイビングに挑戦することができます。
また、ダイビングポイントへの持ち物については?と言う内容についてですが、ダイビング教室を利用するような形であれば、基本的に着の身着のままの恰好でOKです。着替え、バスタオル、小銭があればOKです。

ダイビング×友達作りの前にダイビングの基礎知識2

スキューバダイビングを友達に誘われたのは良いが、ダイビングを始めるにあたりどのようにすれば上手く進めていけるのか?また、ダイビングを実施する上での心構えや準備物いついてなのですが、まず、装備品を着用して、ダイビングした際に潜水していることができる時間についてなのですが、個人の空気消費量によっても変わりますが、最大で40分~45分まで潜水できると言う形になります。ダイビングは天候に左右されるのか?と言う内容についてですが、ダイビング時は、雨が降っていても全く関係ありません。なぜならば、水中で楽しむ物でありますので、天候は関係無いと言った感じになりますが、晴れ、雨よりも、海洋状況(風の強さ、風向き、波の高さ)が重要になってきます。当然、風が強すぎる台風の場合は無理ですし、強い風から発生する波の高さが強い場合でも実施することができない形となります。ダイビングをする前には、事前にしっかりと海洋状況をチェックしておきたいものです。

スポンサードリンク

ダイビング×友達作りの前にダイビングの基礎知識3

ダイビングを簡単に始めることはできるの?ですとか、ダイビングに必要なモノは何?ですとかダイビングについては、素人目線では、非常に多数の問題が発生すると思います。そんな状況の中で、まず誰しもが質問される内容になるのですが、ダイビングをする時に必ず必要になる持ち物とは?についてですが、まず必ず必要になるものは、着替えと、水着と、バスタオルです。あったら便利なものは、酔い止め、日焼け止め、サングラス、つばの広い帽子、防水カメラ、コンタクトレンズの替え、防水バッグ、シャンプー、コンディショナー、トリートメント、化粧品、ラッシュガード、防寒グッズ等が必要な物になります。やはり、船の上での待機時間も想定されることから、特に日焼けに弱い人については、ラッシュガードがj必須であると思われます。ラッシュガードを着用できていれば、日焼けについては、臆することがなくなりますね、シャンプー等は、潜水が終わった際に、やはり塩水で濡れている形になりますので、髪を洗うために、特に女性の方にとっては必須のアイテムになることは間違えありませんね。

ダイビング×友達作りの前にダイビングの基礎知識4

友達に誘われて初めてのダイビング、そのダイビングを始めるにあたり、女性について、ダイビングを始めるにあたり、有ったら良い物、必ず必要な訳では無いですが、有ったら便利な物についてまとめてみました。まず、女性がダイビングをするにあたり、非常に重要視する持ち物としましては、ラッシュガードです。最近では、市民プール等でもラッシュガードを着用されている女性の方が目立ちますが、特にダイビングを待機する船の上等では、非常に日光と紫外線が強く、自分の肌を痛めたくない方にとっては、必須アイテムであると思います。ラッシュガードを着用する理由はいくつかあります。まず、水中での保温性についてですが、ダイビングをした際に最大で潜っている時間は40分程度に及びます。その間に、水温によって体温が徐々に低下して行きますので、体温の下降を防ぐ際にも、ラッシュガードの着用は保温のためにも、非常に有利に機能するのです。また、ダイビングを終えて、陸に上がった時の保温対策にも非常に役立ちます。

スポンサードリンク