未分類

ダイビングの際の海中における感動と其の魅力

個人的にダイビングを初めて体験したのはハワイ旅行の時でした。 JTB主催のハワイ旅行でオプショナルツアーとしてオアフ島のハナウマ湾のダイビング場へ行った事があります。 此の時にJTBのダイビングクーポンを戴きながら、数人ほどのツアー仲間とガイドとともに出発しました。 ダイヤモンドヘッドの北側からマウナウラ湾へ出て、更に、ポートロック、ハワイカイはオアフ島の東端に位置していて、地図で言うと右下ということろになります。 目的地の「ハナウマ湾」へ着きますと、湾曲した入江にはエメラルドグリーンの海面と真っ白の浜辺が見渡せます。 ガイドの案内で我々は器具をつけて 磯の方むかいましたが、此のあたりは珊瑚の岩礁帯になっていて、既に、大小の魚達が群れをなして泳いでいるのです。 我らは夢中になって魚群の鑑賞を楽しんでいましたし、其の海中の美しさに改めて驚いたのが実感でした。 周辺は実に長閑で風光明媚なところでしたし、此のときからダイビングの魅力に取り憑かれたといってもいいでしょう。

スポンサードリンク

「ダイビング」、海の中は魅力がいっぱい

ダイビングと言えば、其の意味は色々に取られますが、スカイダイビングも其の一つですが、しかし何と言ってもダイビングと言えば通常では水中へ潜るダイビングということになるでしょう。
一般には、人間は広い海を観るだけで気持ちが癒されます。 まして、海中いはいろんな魚が泳ぎ回り、その魚の泳ぐ姿や魚と一緒になって戯れたり泳ぐことは、魅力たっぷりで気持ちを高ぶらます。
よく、ダイビングを始めた人が「人生感が変わったよ」等という人もおりますし、透明なブルーの海の中に身を沈め、無重力の浮遊感を感じながら泳ぐ、目の前を多彩な魚達が横切り、愛嬌のある不思議な生物達と出会うということは大いに魅力を感じます。 海は、ダイビングを始めた人だけが知っている、心地良い次元空間があります。
よくテレビや映画でも紹介されてはいますが、それらの映像ではなく現実の素晴らしい海中の景色を初めて見たことがある人は、きっと其の美しだに驚いたことでしょう。
そんなダイビングの世界に飛び込んでいる人達は、陸上にはない発見や驚き、幻想的な光景、自分の目でハッキリと鮮明に確かめられる感動を得ているはずです、

ダイビングで海の魅力を知るには器材はどう選ぶか

魅力的な海中を長い時間にわたって遊泳したり、一方では水中での仕事をしたりするにはそれなりの安全に対する備えや装備が必要になります。 当たり前ですが人間は魚と違って水中で長い時間にわたって住んだり、生活することはできません。 しかし、スキューバダイビングでは特殊な器材を使って海の中を楽しんだり遊んだりすることも可能ですが、其の行動のほとんどを器材に依存します。
周辺観察したり、景色を見るためのマスクや脚に付けて水中を泳ぐためのフィン、水中で呼吸をする為の酸素ボンベ(空気ボンベ)やレギュレーター、それに空気の残量を確認するための圧力計(残圧計)など、其々の器材の目的や機能をよく理解し、そしえ自分に合ったものを選択して、使い慣れることが重要です

スポンサードリンク

ダイビングの雑誌や情報サイトを見ても、「マイギア」(自分専用の用具;どんなスポーツやレジャーでも慣れた道具は使いやすく、トラブルにも瞬時に対応が可能)を持ったほうがダイビングの上達も早くなりますし、自分の道具でスタートしたほうがスキルの上達も早く、安全意識も高まり、そして何よりも長い間も続けるキッカケになります。
尚、器材に関しては、最初から全て購入するのは大変という人もいますので、器材をレンタルすることも可能です。 器材の費用や種類に関しては、雑誌やカタログの商品説明もありますが、出来ればスクールやショップのインストラクターに相談しながら自分に合った器材を揃えた方が無難でしょう。

ダイビングの魅力の一歩は先ずCカードを取得する

スキューバダイビングお場合は、本来では人間は生息できない領域に入り込んでいく為、観光やレジャーとはいえ危険な事に変わりはないのです。 水の中というのは瞬時に命に関わる危機があることは充分認識しておく必要があるのは当然です。
普通、海中に専門として長い時間潜るためには、万人が認めるそれなるには免許やライセンス等の許可や認可というものが当然ながら必要になります。 此れ等のライセンスを業界では「Cカード」と普通呼んでいますが、これは国家試験の様な法的公認の物ではなく、あくまでも私的な団体(国で認可を受けた公の団体)になります。
Cカードとは、ダイビング指導団体が実施する技能講習を終了者に対して発行される技能認定(Certification)カードのことで、これを持っていることで、スキューバダイビングに必要な適切な知識・技量があることを示すことができるのです。
此の「Cカード」は車の運転免許書のような法的効力はありませんが、スキューバダイビングに関わるサービスや提供を受ける場合、Cカードの提示を求められることがあります。
それは、サービス提供者が事故に対して責任を問われる可能性が高いためです。
尚、Cカードを発行しているダイビング指導団体はメジャーなものからマイナーなものまで世界各地に沢山あり、それぞれの団体が独自のカードを発行しており、講習内容も様々です。

ダイビングの魅力的スポットは沖縄にあり

美しい海の中を観察しようとする時、酸素ボンベを背に付けて深いところを、長い時間をかけて海中を遊泳するのは、一般的にはスキューバダイビング、又はスキンダイビングとよんでいます。
一方、海上近くを遊泳しながら手軽に海中を観察する用具をシュノーケルといい、この遊びを一般にシュノーケリングと言っております。 シュノーケルを使用する際は、シュノーケル専用のマスクが必要となります。
海中観察は、勿論、海の奇麗な所ならどこでも出来ますが、国内で特にお勧めがやはり沖縄の海でしょう。 沖縄の海でも特にダイビングスポットとしては、ガイドブックにも記されていますので参考にするとよいでしょう。 筆者の個人的にはハワイもそうですし、中でもオアフ島のハナウマ湾はダイビングの魅力の出発点でした。
此のように、世界中の海を楽しんでいる人達も、最初はスキューバダイビングという扉を開けるのには色々な苦労があり、不安があり、新しい海中という世界をスタートするのには勇気が必要だったのかもしれません。 それでも、普段では体感できない経験をするためにスキューバダイビングを始めた人も沢山おります。
特に、若い女性たちは美容と健康のためにも、というようなことで始めた方もいらっしゃるようです。

スポンサードリンク