未分類

体験ダイビングの参加者の特徴とは?タイプ別に行動パターンを理解!

集団行動の体験ダイビングでは、見知らぬ人たちと一緒に行動します。初めてのスキューバダイビングで緊張しているのに、初対面の人々とも接するのは大変です。そこで、体験ダイビングの参加者の特徴をタイプ別に理解しておきましょう。予めどのようなタイプがいるのかを知っておけば、それだけリラックスして臨めるのです。それから、色々な人が集まる体験ダイビングは、思わぬ出会いの機会にもなります。普段はあまり接点がない人ともダイビングを通してコミュニケーションを行えるので、自分の世界が広がります。

スポンサードリンク

本格的に潜りたい参加者は体験ダイビングでも手を抜かないのが特徴

時間や費用で折り合いがつかなくて体験ダイビングしか選択肢がない参加者は、一定数います。インストラクターの指示でテキパキと行動できることや、妙に慣れている雰囲気を醸し出しているのが特徴です。頼りになる存在だから、分からない点を教えてもらう形で話しかけてみましょう。ダイビングに興味がある姿勢を示せば、友好的に対応してくれる可能性が高いです。ただし、ライセンス講習を受けて本格的に潜りたいのに個人的な事情によって無理なパターンもあるので、相手の様子を見ながら話題を振る必要があります。

ダイビングに興味がある、もしくは、ライセンス講習の前にダイビングの流れを知っておきたい人も、体験ダイビングの参加者としてよく見かけます。声をかけておけば、後日に一緒にライセンス講習を受けて、同時期にデビューできます。自分と相性が良さそうな人がいたら、さり気なくライセンス講習への意欲を聞いてみましょう。一人前のダイバーになったら一緒に潜るバディが必要になるので、早い段階で相棒を探しておくのもグッドです。

観光プランで体験ダイビングの参加者は友人と一緒であるのが特徴

スキューバダイビングは観光の目玉の1つで、海沿いの観光地ではだいたい体験ダイビングがアクティビティとして用意されています。観光プランの体験ダイビングで訪れている参加者たちは、仲が良さそうなグループとして固まって喋っているのが特徴です。キッカケがあれば仲間に入れてもらえる可能性があるものの、部外者が話しかけにくい雰囲気となっています。お互いにグループで参加している場合は、終わった後にみんなで食事をしようと誘う方法もあります。

スポンサードリンク

海に潜るという日常生活から離れた行為では、誰もがフランクになります。共通の体験をしたことは親睦を深めるのに十分であり、1人で参加した場合にもコミュニケーションを取るチャンスを見つけやすい状況です。親しい友人と共に体験ダイビングに参加すれば、スキューバダイビングという素晴らしいマリンスポーツの感動を共有できます。体験ダイビング中はインストラクターが目を光らせているので、強引な誘いを受ける心配はありません。

本当は水が苦手だが誘われて体験ダイビングの参加者は受け身が特徴

あまり水や海が得意ではないが、一緒に旅行をしている家族や友人に誘われて仕方なく体験ダイビングに加わった参加者もいます。とりあえず何事もなく過ごしたいという雰囲気で、全体的に受け身であるのが特徴です。自分から参加するタイプは20代から30代に多く、他の参加者とはちょっと年齢が違うと思われる人物は付き添いで参加している可能性があります。だいたい自分の家族や友人の面倒を見ているので、一目で判断できるパターンが大部分です。

付き合いで体験ダイビングに参加している人は、他の知らない参加者に話しかけられても親密な態度にはなりにくい特徴があります。そのため、見るからに家族連れや乗り気ではない人については、無理に話しかけない方が無難です。特に、水や海そのものを苦手としているケースでは余裕がないので、そっとしておきましょう。基本的に海に潜ってみたいという動機で参加している人ばかりですが、時には多少無理して同行している参加者もいるのです。

体験ダイビングの参加者の特徴を把握するとスムーズに行動できる

半日から1日で終了する体験ダイビングですが、参加者の内訳によって雰囲気が変わります。男女比はイーブンであっても、観光客がバラバラに旅の記念で参加しているのか、それとも、修学旅行のような団体客が大部分であるのかで、その場の空気が全く違うのです。有名な観光地では長期休暇には家族連れが増えるといった特徴があるため、気になる方は少人数で実施している体験ダイビングを検討しましょう。事前にダイビングショップに問い合わせると、どのような参加者が多いのかも教えてくれます。

体験ダイビングの参加者の特徴を把握すると、相手に対して適切な距離を取れます。良い出会いになるのが一番ですが、自分とはあまり合わないタイプが大勢いるパターンもあります。その場だけの集団行動だから、出会いに恵まれなかった時には素直に海の中を楽しみましょう。自分と同年代の参加者と親しくなれば、終わった後にも一緒に遊べるので、落ち着いて周囲を観察することが大切です。

スポンサードリンク