有給を取るのに理由は必要?私用や家庭の事情での上手な報告方法

ff1edd1e396181d7e5a7fdcc7630439b_s 仕事

年に数日許される、平日に会社を休めてさらにお給料をもらえる社会人にとってはまさに頑張っている自分へのご褒美というべき有給。でも、そんな有給を取る為に多くの人が頭を悩ませています。「どんな理由をつけて休もう?」「旅行っていう私用なんだけど・・・」「あまり人には言いたくない家庭の事情があるんだけどなぁ」こんな風に悩んでなかなか有給を取れずにいるのではないでしょうか?今回は悩める労働者の為の、有給を取るときに理由は本当に必要なのか?私用や言いたくない家族の事情の時はどんな理由を付ければいいのかをご紹介します。

スポンサードリンク

有給を取るのに理由は必要?執拗に聞くのは違法?

「有給をいただきます。」と上司に報告するときに心配なのはやはり「どうして?」と理由を聞かれる事でしょう。親族の不幸などよくわからない会社の暗黙のルールでまっとうとされている理由であれば周りにも聞こえるような大きな声で報告できますが、旅行など遊びに行くとなるとなんだか悪い事をしているような、自分の評価が下がって給与の査定に響くのではないかと心配になってしまいますよね。
では、実際のところ法的には有給を取る際に理由を述べる事は必要なのでしょうか?結果から言いますと、法律上は理由を問わずに労働者は請求した休みを取得できる物とされています。これは会社の許可も必要ありません。
ただし会社には時季変更権というものが存在します。会社が忙しい時期などには、有給の日程の変更をもとめる事ができます。しかし、この時季変更権もまっとうな理由がなければ試行できないというのが事実です。
たまに、有給を取るのに理由を求めるのは違法だ!と言われる事もありますが、会社が理由を求めるのはこの時季変更権を試行するか検討する材料にするためであり必ずとも違法にはなりません。
見るからに会社が忙しそうなときに連続して有給を申請すると、やはり周りの同僚からは「非常識な人」というレッテルを張られてしまいますので、労働者の権利とは言え時期はある程度考慮するとうにしましょう。

スポンサードリンク

有給を取る場合の理由が旅行などの使用だった場合はどうすればいいの?

多くの有給申請の理由が、旅行やコンサートなどの私用である事はみな暗黙の了解であるにも関わらずやはりそのままを報告するのはなんだか気が引けるものです。では私用で有給を取りたいときはどんな理由を述べればいいのでしょうか。
上記でも述べたように、有給は法律的に理由が何であれ取得できるものです。ですので詳細な理由は書かず「私用の為」と報告しても全く問題はありません。また、はなからライブ好きな人・旅行好きな人というキャラを作ってしまえば「今年もライブの季節がやってきました!」「ちょっと自分探しの旅に行ってきます」と気楽に報告できるようになります。実際にそうして1週間ほどライブに行く人もいます。

有給を取る理由が他人には言いたくない家庭の事情などだった場合は>

家庭の事情と言っても内容は様々あります。身内の不幸であれば気分は沈みますが、一般的には堂々と言える理由でしょう。しかし中には人には言いずらいような家庭の事情や転職活動など会社には報告しずらい理由で有給を申請したい場合もあります。そういったときの有給を取る場合の理由はどうすればいいのでしょうか。
上記でも述べているように、有給は法律的に理由が何であれ取得できるものです。なので、家庭の事情が何であれ転職活動の為の面接であれ言いたくなければ理由を詳細にいう必要はないのです。
ですが、職場の人間関係や回りの目が気になってしまったり、上司に理由を聞かれるのが不安で申請ができずにしり込みしてしまいますよね。
そういった場合によく多くの労働者が使う「理由」は
・アパートの水道やガスの点検の立ち合いを義務図けられている為以前すっぽかし怒られてしまったので今回は断れない
・銀行や役所での手続きがある為
・祖母の介護をいつも母がしているが、母が体調を崩し自分が行かなくてはいけない為
などという詳細な「理由(言い訳)」を演技力を駆使して使う労働者が多いようです。
もちろん、嘘までついて有給を貰いたくないと思うのであれば「家庭の事情・私用」を貫けばよいです。
理由を聞かれて、どうしても本当の事を言いたくない場合は上記のような理由を使えば波風立たず有給を申請する事ができるでしょう。

まとめ

いかがでしたか?社会人といえど、体を休め心をリフレッシュする有給は必要です。また、日本人は欧米人からすると驚く程に働きすぎと思われるほど有給を使わない人種です。周りの目が気になるのは律儀な日本人としては当たり前の事ですが、仕事だけが人生のすべてではありません。適度に休みを取り、その分仕事も頑張りましょう!

スポンサードリンク