未分類

最初の体験ダイビングは怖い?よくある失敗事例と対策を伝授します!

専門的な機材で安全を確保しながら潜る体験ダイビングでは、怖いと感じる場面もあります。状況と本人の性格にもよるのですが、後から楽しいダイビングだったと言えるように、よくある失敗事例から注意点を学んでおきましょう。体験ダイビングはどのダイビングショップでも参加できますが、だからこそ厳選しておく必要があります。海の中は色々な点で地上とは違うので、慎重になるぐらいでちょうどよい対応です。信頼できるガイドと共に潜ることも、重要な要素になります。

スポンサードリンク

初めての体験ダイビングで怖いと感じたら無理をしないことが大切

せっかく勇気を出して体験ダイビングに参加したのに、機材を通して呼吸をすることや移動に手間取って楽しめなかったという失敗事例はよくあります。顔を水に浸けるのが怖い方は事前に練習しておくことが効果的で、それ以外では無理をせずに自分にできる範囲で行動することをおすすめします。体調が悪くなったら、遠慮せずに付き添いのガイドに知らせて、すぐにボートや陸上に戻りましょう。参加してからの個人的な事情での中断は原則的に返金の対象になりませんが、もったいないからと無理をするのは危険です。

海に潜るのが怖いと感じるのは普通だから、過度に気にせずにゆったりと楽しみましょう。体験ダイビングで怖いのは水中で頼れる人物がいないことも関係しているので、専属のガイドがついてくれる少人数制のコースを選ぶのも一つの手です。大型のクルーザーでガイドが集団を引率するコースではどうしても1人当たりにかけられる時間が限られてしまうので、自分だけで動く場面が増えます。沖合に出ずに浜辺の浅いエリアのみで活動する体験ダイビングを選ぶのも、心理的な負担の軽減に有効です。

体験ダイビングに詳しいショップを選べば怖いと感じる回数が減る

ダイビングショップには得意な分野があって、そのコースを選ぶと手厚いサービスを受けられます。体験ダイビングは短時間で大勢を参加させられて儲けやすいので、どのダイビングショップでも実施しているのが現状です。ところが、ちゃんと参加者を楽しませてくれるショップもあれば、安全は確保するが海中でほぼ放置のショップもあります。普通の人が怖いと感じる案内をするダイビングショップは論外ですが、現在でも適当に行っているところが混ざっているので要注意です。

スポンサードリンク

担当するガイドの腕は、在籍しているダイビングショップの質に比例します。体験ダイビングを第一に考えていて、ホームページなどで具体的な説明をしているショップを選びましょう。事前にダイビングショップの雰囲気を見ることは難しくても、電話やメールで問い合わせて反応をチェックすることは可能です。初心者が怖いと思うポイントはだいたい同じだから、自分の不安を和らげてくれる説明であるのかどうかに注目しましょう。

口コミが多いショップの体験ダイビングは怖いのかを調べやすい

ネット上には体験ダイビングの口コミが色々あるので、自分にとって怖いことを避けるための手掛かりになります。男女比が同じぐらいと聞いていたのに実際は女性がほぼいなかった等の失敗事例を回避するには、口コミが多いダイビングショップを選ぶことが一押しです。口コミが多いことはそれだけ利用者がいる証拠であり、情報が少ないダイビングショップよりも安心して申し込めます。知らないから怖いという部分もあるので、ショップ選びでは利用者の目線からの情報も大切です。

体験ダイビングの口コミは主観によって書かれているので、全てが信用できるわけではありません。けれども、同じ内容がいくつも掲載されている場合は、他の情報源でも調べてみるだけの価値があります。ダイビングショップのホームページやマスメディアの報道では都合が悪い部分を省くので、時には参加者にしか分からないリアリティがある情報によって確認することも大切です。自分で取捨選択を行えば、ネットの掲示板やブログの閲覧も貴重な情報収集になります。

カラフルな魚がいる南国の海の体験ダイビングは怖いことが少ない

ハズレがない楽しい体験ダイビングにしたければ、南国の海に行きましょう。なんとか海に潜ったが、誘導用のロープに掴まったまま何もない海の底をずっと眺めていたという失敗事例はけっこうありがちです。その二の舞にならないためにも、沖縄や海外の有名なリゾート地で潜ることをおすすめします。南国の魚はカラフルで見ていて楽しく、初めての体験ダイビングで怖いという不安から早く解放されるのです。浅瀬にも豊かな生態系があるので、足がつく水深でも退屈しません。

海外のリゾート地では、日本語が通じるガイドの方が安心です。外国人のガイドもプロとしての力量を持っていますが、初めての体験ダイビングでは意思疎通がしっかりできた方がリラックスできます。現地で目についたダイビングショップに申し込むのではなく、旅行に出かける前に念入りに評判を調べておきましょう。安全性と楽しさを両立させやすい南国の海は、怖いと思いやすい最初の体験ダイビングにもってこいです。ダイビング中は必ずガイドの指示を守り、勝手に行動しないことも大切になります。

スポンサードリンク