未分類

初めてでも参加できる体験ダイビングとは?気になる内容の全てを公開!

テレビ番組で見たように、機材によって自由に海の中を泳いでみたくなったら、体験ダイビングに参加してみましょう。体験ダイビングとは初心者向けのコースで、健康で最低限の泳力があれば誰でも加われます。水中では背負っているタンクから空気を供給してもらうため、素潜りに比べて長い時間を過ごせるのです。実績がある機材を用いて、プロのインストラクターが付き添うので、安全に海中散歩を楽しめます。ただし、海の中は地上とは環境が異なるため、健康状態などのいくつかの注意点もあります。

スポンサードリンク

体験ダイビングとは誰を対象にしているのか?初心者でも大丈夫?

体験ダイビングとは、ライセンスを持っていない初心者を対象にしたコースです。スキューバダイビングは基本的にライセンスを持つことで楽しめるマリンスポーツで、初心者がいきなりテレビ番組で映るような深海や洞窟のポイントに潜ることはできません。しかし、体験ダイビングならば、初心者でも冷静に行動できるポイントで少しずつ慣らしていくので安心です。浅瀬かプールでエントリーの練習をするから、実地で機材の使い方を覚えられます。

呼吸ができる装置を装着するので、海中で移動できる程度の泳力があれば十分です。高齢者の方がスキューバダイビングを続けている事例もあり、女性の力でも困ることなく海中を泳ぎ回れます。しかし、海中では深度に応じた水圧がかかるので、妊娠中は避けた方が賢明です。ダイビングショップによっては参加時に健康状態を書面で求めてくるから、持病がある場合は担当医に確認しておきましょう。体験ダイビングとは安全だがリスクを伴うマリンスポーツだと理解して、正しく申告することが重要です。

楽しい体験ダイビングとは?ダイビングショップ選びにこだわろう

女性が気兼ねなく楽しめる体験ダイビングとは、負担が少ないことです。どの体験ダイビングでもたいして変わらないと思いがちですが、実際には更衣室とシャワーの状態や、機材を装着してからボートに乗るのかどうかでかなり変化します。ボートに乗ると料金が割高になる一方で、自分の足で歩く時間がだいぶ減るメリットがあります。体験ダイビングを開催しているダイビングショップに確認すると、どのプランがおすすめであるのかを教えてくれるので参考にしましょう。

ダイビングショップ選びでは、料金を重視するのなら個人経営のショップ、とにかく手厚いサービスが欲しいのなら大手のショップが一押しです。個人経営のショップは小回りが利くサービスによって大手と差をつけており、安価な料金や独自のポイントで体験ダイビングができます。それに対して、大手のショップはベテランのインストラクターをつけてくれる、無人島への上陸もできる等の豊富なプランによって歓待してくれるのです。どちらも女性が参加しやすい雰囲気で、特にこだわりがない状況では行きやすい大手のショップを選ぶケースが多く見られます。

スポンサードリンク

体験ダイビングとは海の美しさを気軽に味わえるアクティビティ

体験ダイビングとは、海に潜ることで自然と一体化できる活動です。その素晴らしさは実際に体験してみることで分かるので、さっそく次の休暇で予約をしてみましょう。体験ダイビングは初心者を対象にしたコースだから、どのダイビングショップでも丁寧に説明してくれます。機材の準備と人員の手配をするので、2日前までに予約しておくと確実です。当日参加を受け付けているダイビングショップもありますが、なるべく早めに予約しておくことをおすすめします。

予約の方法は、ダイビングショップのホームページの問い合わせフォームやメール、電話のいずれかです。旅行代理店と提携している場合は、そのエリアまでの公共交通機関のチケットと宿泊施設への予約まで完備しているセットプランも選べます。宿泊施設からの送迎まで含まれているパターンが多く、時間と手間の節約という意味でも有効です。体験ダイビングとは時間厳守のアクティビティだから、ダイビングショップによる送迎を利用することも検討しましょう。

1日の体験ダイビングとは?短時間コースとの違いを知っておこう

1日の体験ダイビングとは、2ダイブによる長時間のコースです。ダイビングでは背負っているタンクの残量がなくなる前に浮上しますが、そのタンクを交換するので1日に2回ぐらい海に潜れます。ただし、ボートで絶好のポイントに移動して、1タンクだけ潜るパターンもあるので気をつけましょう。どちらにせよ、短時間の体験ダイビングとは全く違う、これぞ海の面白さと言えるだけの内容です。時間が許すのならば、1日がかりの体験ダイビングによって一生の思い出になる光景を見てみることをおすすめします。

短時間のコースでも、ダイビングそのものは同じ内容です。違うのは潜るポイントまでの移動時間で、1日コースではそのダイビングショップしか知らない場所というケースがよくあります。どの体験ダイビングでも、地上でのレクチャーから足がつく水深での基本操作の習熟まできちんと行ってくれるから、どれぐらいの時間を費やせるのかが焦点です。ちなみに、基本操作の習熟を足がつかない沖合で行うパターンもあるので、ダイビングショップのホームページなどで体験ダイビングとはこういう内容であるという説明を確認してから申し込みましょう。

スポンサードリンク