未分類

ダイビングをするなら紫外線は避けられない、少しでも回避する方法とは?

海はキラキラとしていてとても魅力ですよね。海を見るだけで癒されるという人もいるのではないでしょうか。ですが、海は日陰がないので、紫外線をダイレクトに浴びてしまいますよね。ですが、ダイビングなら海の中にいるから日焼けしないだろうと思っている人もいるのではないでしょうか。実はそれは大間違いなのですよ。ウェットスーツの上は真っ黒に日焼けしてしまいます。また、顔は何もつけていないので、紫外線をすべて浴びてしまい、マスクの形に焼けムラもできてしまいます。では、ダイビングでどのように紫外線予防をすればいいか紹介します。

スポンサードリンク

ダイビングでの紫外線対策に日焼け止めは絶対に必須

海では常に海水にさらされているので、直接紫外線が当たる部分には絶対に日焼け止めをする必要があります。一番日焼けしやすい場所はもちろん顔です。また、海の中に入るので普段よりもさらにこまめな塗りなおしが必要になります。一回塗ったからと安心しないで、ぬれる場所があれば出来るだけこまめに塗りなおすようにしましょう。また、ダイビングなので当然海の中に入ります。普通の日焼け止めではすぐに取れてしまうので、ウォーターブルーフの日焼け止めを塗るようにしましょう。もちろん体も日焼けしてしまうので、体すべて日焼け止めを塗ることが大切です。ダイビングをするときは日焼けを必需品だと思いましょう。また、こまめに塗りなおさないといけないので、ダイビング先に持っていくようにすることが大切です。気が付いたら塗るというように、こまめなケアでどれだけ紫外線を避けることが出来るかが決まるので何度も塗りなおすようにしてくださいね。

ダイビングで紫外線除けをするにはウェットスーツ選びが大切

ダイビング中はウェットスーツを着ていますよね。ですが、最近では色々なウェットスーツがあります。ワンピースでも半そでだったり、つなぎのようなロングジョンもありますね。ダイビングは外が暑いのでついつい露出するウェットスーツを着たくなってしまいますが、外に出ている間にしっかりと紫外線を浴びてしまいます。そのため、どれだけ暑くても紫外線のことを考えたらなるべく服装は肌を出さないタイプの長袖かロングジョンならボレロが付いているものを選びましょう。露出している部分に日焼け止めを塗るという方法もありますが、海での日焼けはものすごいことになるので、出来るだけ露出しないようにすることをおすすめします。ウェットスーツをきても完全に紫外線を防げるとは限りませんが、それでも肌が直接出ているよりかは紫外線よけが出ているので紫外線を浴びたくない人は出来るだけ長袖で肌を露出しないタイプのウェットスーツを着るようにしましょう。

スポンサードリンク

ダイビングの紫外線は髪の毛にもダメージ大

日焼けといえば肌にばかり注目してしまいそうですが、髪の毛にもかなりのダメージを与えてしまうのを知っていますか?もちろん海水につかるのでその海水で髪の毛がダメージを受けてしまうのもありますが、紫外線の影響も大きいです。せっかくダイビングを楽しんでも髪の毛がパサパサになってしまってはつらいですよね。特に女性は長い髪が痛んでしまったら容姿にも影響してしまいます。ですが、ダイビングのすぐ後に髪の毛をケアする時間はなかなかありませんよね。陸に着いたとしてもシャワーにたくさんの時間をかけるわけにも行かないと思います。そこで、是非おすすめしたいのは洗い流さないタイプのトリートメントです。これならシャワーを浴びるときにさっとつけるだけでOKなので、すぐに髪の毛をケアすることが出来ます。やはり、痛んだ髪はすぐにケアするのがベストなので、できるだけ早めにケアをしてくださいね。お肌のケアばかりでなく、髪の毛のケアも忘れないようにしてくださいね。

ダイビングをする前に髪の毛を紫外線から守る方法とは

ダイビングをする以上は髪の毛が紫外線を浴びてしまうのは仕方がないことですよね。100%予防することはできないです。ですが、長い髪の毛ならしっかりと結ぶことで紫外線や海水に触れる面積を少なくすることで少しでも痛ませないように出来ます。結び方はお団子や三つ編みがおすすめですね。これなら一まとめに出来るので紫外線を浴びる面積を減らすことが可能です。また、髪の毛にも使用できる日焼け止めというものがあるのでそれを利用することをおすすめします。髪の毛に直に日焼け止めをぬれたら効果は大きいですね。特に海にもぐる前は髪の毛は紫外線を浴びてしまうので、絶対に塗るようにしましょう。そして、これも出きるだけこまめに塗りなおすことで効果がアップします。また、ダイビング後はすぐにシャワーで髪全体を洗い流し、塩分をしっかりと洗い流すようにしましょう。髪の毛を洗うのはダイビングが終わったらできるだけ早く行うのが大切です。まずは一目散にシャワー室へ行ってシャワーを浴びるようにしてくださいね。

スポンサードリンク