未分類

実は誰でもできる運動神経がない人でもできるダイビングの魅力

 今現在多くのスポーツが存在していますがその中でもレクリエーション要素が強いスポーツであるダイビング。聞いてみると「泳げる人でしか楽しめないのではないか」「運動神経がない私では無理だろう」「器具等が高そう」等多くの理由でダイビングをあきらめている人が多数います。非常にそれはもったいないです。本来ならば泳げない人や、運動神経がない人こそ楽しめるスポーツがダイビングなのです。その理由をこれから紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

なぜ運動神経がない人がダイビングをあきらめてしまうのか

 運動神経がない人がダイビングをスポーツの候補から外してしまうのはなによりダイビングの特殊性でしょう。ダイビングは海で行うスポーツであり、なおかつ特殊な機材、団体で行動する等、ほかのスポーツにはない要素を非常に多く持っています。そのため、多くの運動が苦手な運動神経がない人たちはある程度ルールを知っているバスケやサッカーなどのポピュラーなスポーツに視線が行ってしまうのです。たしかにダイビングは素人では理解できない要素が非常に多く、しっかりと理解するまでは海でダイビングをさせてもらえません。しっかりと理解しようとする前にダイビングをあきらめてしまう人が多いでしょう。しかし、それらは全て最終的には自分の命を守るためにあるのです。当然、海の中で行うスポーツであるため、ボンベによる呼吸方法、ボンベを背負った状態での泳ぎ方、サインの種類などは最終的には事故が起こるのを未然に防ぐために行っているのです。それを頭に入れれば、そこまで苦にはならないと思います。

なぜ運動神経がない人こそダイビングをするべきなのか

ここではなぜ運動神経がない人ほどダイビングがいいのかという理由ですがそれには2つ理由があります。1つ目はダイビングの泳ぎ方に運動神経等は関係ないからです。ダイビングで背負うボンベは40キロ程度と意外に重く、これを背負った状態ではクロール等の普通の泳ぎ方では全く進むことができないため、ダイビングでは特殊な泳ぎ方になります。そのため、たとえあなたがカナヅチだろうと運動神経がない人だろうと関係ないのです。ボンベを背負った瞬間、みな平等になり、全員が並んでスタートです。2つ目はダイビングでは常にインストラクターがいるということです。本来の地上のスポーツでは皆がある程度ルールを理解しており、また参加人数も多いため、インストラクターやコーチも一人ひとりには目が届きません。ですがダイビングではインストラクターがペアとなり共に行動するので、もしトラブル等が起こっても、即座に対応してくれるのでダイビングこそ非常に初心者向きのスポーツといつもお世話になっております。えるでしょう。

スポンサードリンク

運動神経がない人にとって嬉しいダイビングの楽しみと魅力

運動神経がない人こそダイビングに向いているというのは前の記事で説明しましたが、ダイビングというスポーツが運動神経がない人にこそダイビングは非常に楽しめるスポーツであるといえる理由は他にも2つあります。1つ目はダイビングには決まったルールがない点です。ダイビングは基本的な泳ぎ方、呼吸方法、サインの方法等を覚えてしまえば基本的に何をしてもいいのです。そのため、人によっては「サンゴ礁をゆっくりと眺めたい」「いろんな魚を見てみたい」「ただただ泳いでみたい」など各々がやりたいことを楽しんでいます。サッカーや野球、バスケ等みたいに勝敗や競争はありません。しいて言えば楽しんだ人が勝ちなのです。2つ目は、時期や場所によって見れるものが変わるという点です。ダイビングは海で行うスポーツなので当然、同じものは見れません。同じ場所でも見れる物は毎回異なります。そのためダイビングは飽きることがありません。行けば行くほど新しいものと出会えます。

ダイビングを行おうと考えている運動神経がない人へ

 ここではダイビングというスポーツがいかに運動神経がない人に向いているかという説明をしましたが、確かにダイビングは始めるには少しハードルが高いスポーツであるかもしれません。ある程度値段のかかる器具を用意し、泳ぎ方等のレクチャーを受け、実際に練習して初めて海でダイビングを楽しむことができるのです。本番までここまで手間と費用が掛かるスポーツはなかなかありません。しかしそれでもダイビングをやめようと考えている人はほとんどいません。それはダイビングを行うことで出会う新たな景色、新たな人たちとの出会い、交流があるためであると考えています。これだけの魅力があるダイビングなのでやる前からあきらめてしまうのは非常にもったいないと思います。せっかくなので挑戦し、新たな出会いと魅力に出会い、「ああ、ダイビングを始めてよかった」と感じてくれれば非常にうれしいです。この記事がダイビングを始めるきっかけになってくれれば幸いです。

スポンサードリンク