未分類

本格的に始めた沖縄旅行でのスキューバダイビング、

ダイビングと言えば海域を楽しむものであれば、簡単なものではシュノーケリング、それにやや本格的なスキューバダイビングなどがあり国内では沖縄が実質的な本場ということになるでしょう。 私事になりますが、私達はそれ以前に息子の著名な高校進学の祝いを兼ねて、数年前に訪れたハワイ・オアフ島のハナウマ湾に行ったことが有るのです。
ハナウマ湾といえば、ハワイ(オアフ島)でもナンバーワンと言われるダイビングスポットと言われているのです。 此の地で私達は初めてダイビング(シュノーケリングでしたが)を体験して其の面白さと海中の素晴らしさを味わったのです。 その後は国内の沖縄旅行で本格的なダイビングを体験することになるのです。

スポンサードリンク

先ず、沖縄旅行でのダイビング以前にハワイで体験、


沖縄旅行のダイビングの前に、其のきっかけとなったのはハワイでした。 ハワイ旅行はダイビングを楽しみに観光する人あ結構おりますが、此のハナウマ湾というのは場所的にはワイキキビーチにも比較的近く、其の様子というのは大きく湾曲した入江(元の火山の火口)になっていて、海域はエメラルドグリーンの浜辺が見渡せ、多くの人たちが海上や砂浜で戯れています。 チョット沖へ出た磯の方は珊瑚の岩礁帯になっていて、大・小の魚が泳いでいるのが見通せるし、其処ではアクアメガネやシュノーケルのダイビング、それに本格的なスキューバダイビングを楽しむ人達で賑わっているところです。
チョット沖の海域に向かうと、既に其処には岩陰などには色んな種類の色も鮮やかな沢山の魚たちが泳いでいりのです。 それにしても、さすがにハワイの海らしく、実に透明感があって素晴らしい海なのです。 そして、私達が想像していたとおりの大きな海ガメなども泳いでいましたし、魚たちも我々が直ぐ近くに人の姿があっても恐れること無く優雅に泳いでいるのです。
これはまるで水族館の中を覗いているようで、実に美しい景観なのです。 勿論、ハナウマ湾は波もほとんどなく穏やかなので、ダイビングとしては初心者でも充分に楽しめるところでもあるのです。 我々は家族揃って此れ等の海中の美しい景観を楽しみましたが、帰国してからも忘れられず、その後は沖縄旅行でダイビングを楽しむようになったのです。

沖縄旅行には是非ダイビングで楽しみたいもんです、

我ら家族がダイビングを楽しむようになってから数年が経ちますが、其のダイビングスポットといえば、日本国内は海に囲まれている関係上、多数のスポットが有りますが其の中でも亜熱帯地方に属する南西諸島の沖縄の海は国内でも有数のスポットでもあります。 そんな関係もあって我らは沖縄旅行の主な目的はダイビングになります。 沖縄の海の特徴は白い砂浜が特長ですが、此の白い砂浜はサンゴが長い間に風化したものとされ、山から流れてきた国内の砂浜とは一味違う風景を呈しているのです。 即ち、沖縄の海というのは珊瑚の海と言っても過言ではないのです。 其の珊瑚の海というのは熱帯から亜熱帯地方独特の魚類の宝庫でも有るのです。 又、沖縄の海というのは珊瑚の海なので、海そのものが非常に透明でダイビングとして一度潜れば、そこはまさに別世界であり、国内には想像もつかないほどの別世界と思えるほどの、トロピカルな絶景を楽しめる沖縄ダイビングスポットでも有るのです。 沖縄ではシュノーケリングにしろスキューバダイビングにしろ、沖縄ダイビングはお勧めのところがイッパイです。 

スポンサードリンク

沖縄旅行での主要なダイビングスポット、

国内のダイビングスポットとしては、勿論、澄んだ海の奇麗な所ならどこでも出来ますが、国内での関東地方や首都圏では、近いところでは伊豆半島の特に西伊豆でしょう。 岩場の入り組んだ名所が各所にあります。 南の松崎、雲見、中ほどの土肥、それに大瀬崎あたりでしょうか。 しかし、やや遠方にはなりますが、国内屈指と言われるところは南国沖縄の海でしょう。 沖縄旅行の際には是非、ダイビングも試してほしいところです。 沖縄本島の海でも特にダイビングスポットとしては、那覇より近いところでは北谷エリアで米軍の行楽施設も充実していて街なかはとても賑やかなところです。 一方、海の方へ目を向けると、其処には海底に横たわる遺跡を観る様な不思議な光景や地形が広がっていて、其処には多くの魚たちが舞い泳いでおり不思議な食うか海域でもあり当然ながらダイビングポイントなのです。 
更に、最も有名なダイビングスポットと言えば恩納エリアは外すことはできませんでしょう。 恩納村はダイビングだけでなくリゾートライフも楽しめるところでもあり、又、ダイバーにはこのエリアがオススメポイントでしょう。 
其の一つのポイントとしては、勿論、陸からもいけますが、船からの数分の海域という、短い移動時間で多くのポイントを楽しむことが出来ます。 

沖縄旅行で真夏の海中へダイビング、


いよいよ夏のシーズンがやってくると海が恋しくなります。 そんな時期になると沖縄旅行で真夏の海中へダイビングというのは最高の贅沢でしょう。 
真夏の海といえば時折、沖合や岩場において海面近くで顔に用具を付けてプカプカしながら海の中の様子を眺めたり観察していたりするかたもおりますね。 又、水面から顔を出しての息継ぎをしながら、浅目の海中を泳いだり、漂よったりする際に息をするための呼吸用具を付けていますが、これはシュノーケリングと呼んでいます。
一方、空気ボンベを背中に背負って適度に深く、チョット長い時間にかけて潜水するのはダイビング若しくはスキューバダイビングといいます。 美しい海の中を観察しようとする時、海と身体が一体になる喜びを味わい、楽しく、そこで広がる新しい世界を探求出来るのはダイビングで、今までテレビでしか見たことのない全く未知なる青い空間の感動があります。 ダイビングは、それを好む人達を感動という世界に導いてくれて、夢の世界へ誘ってくれます。
然しながら、海中というのは実は危険が一杯であることも確かです。 それは人間は海中では生きられないという現実が有るからで、其のためにも人が海中に潜るには其れなりの装置や装備が必要なのです。 例えば、メガネタイプのシュノーケリングはともかくとしても、誰でも空気ボンベを付けて海中に潜れるわけではなく、其々にライセンスというものが必要になります。 特に初心者の人は講習をしっかり受けて、ライセンス(Cカードライセンス)を取得することが肝要です。 

スポンサードリンク