未分類

こんな行動の人はダイビングには少し向いていないかもしれないです。

“海の中はカラフルな魚たちがたくさんいて、とても幻想的な世界を作り出してくれます。

海の中は普段では絶対に体験できない世界で、多くの人たちは憧れて一度は体験してみたいと思っています。

ですがダイビングは常に危険と隣り合わせになっているスポーツで、きちんとした講習などを受けて行わなければならないです。

常に二人一組となって行動をしますし、何組も一緒にダイビングをするものなので、自分勝手な性格やすぐにチームワークを乱す人には少し向いていないかもしれないです。”

スポンサードリンク

海の中は常に危険が多く、ダイビングに向いていない人もいます。

“登山や川下りなどと同じで、ダイビングは海の中で活動するスポーツなのでいつも危険が隣り合わせになっています。

穏やかで静かな海の中では、
カラフルな魚たちやサンゴ礁などで作り出すファンタジーで幻想的な世界は、またに絵本などから飛び出しできた世界で、見ているだけでも癒されます。

澄んだ海は、その場所によっては全く海の色が違っていて、毎日海の表情を変えてくれてダイバーたちを魅了してくれます。

そんな海も突然潮の流れが早くなったり、波が高くなったりして急変する事もありあらためて自然の怖さを感じます。

海の中には空気がありませんので、ダイバーたちはせいぜい1時間程度しか滞在する事が出来ず、40メートルを超えると窒素酔いなどの身体に変調があらわれたりもしてきます。

そのため必ず二人一組のバディシステムを原則にするスポーツで、お互いに助け合ったり相手の状態を確認しながら楽しむものなので、性格的に自分勝手な人ですと相手が困ることになってしまいます。”

ダイビングに向いていない人は、こんな行動のしてしまいます。

“ダイビングは、
まずはチームを組んで一緒に海に入り、目的のスポットまで時には海面移動を行ないながら進んでいき、それから少しずつ海の中には潜っていきます。

あらかじめ海の中を移動するルートなども決まっていて、30分から40分程度海の中の景色を楽しんだり、いろいろな生物などを見て楽しみ、それから徐々に時間をかけて海面まで浮上して海面移動をしながらエントリーした元の場所に戻っていくスポーツです。

常にチームでの行動が前提になっていて、海の中では二人一組での行動は絶対に大切なものですが、中には自分勝手な行動で相手の人やチームのメンバーに迷惑をかける人がいます。

スポンサードリンク

自分の好きな場所に勝手に行ったり、
気になる生物のいる場所からなかなか動かなかったりする人や、みんなで浮上する時もなかなか浮かび上がってこない人もいます。

このような自分勝手な行動の人は、緊急時のトラブル時に更に自分だけ勝手な行動をする危険性が高く、ダイビングの基本であるチーム行動には向いていない感じです。”

ダイビングに向いていない人は、思いやりに欠けています。

“人それぞれに水に対する自信や不安などはまちまちで、様々な人たちがチームになって行動するのがダイビングです。

中には泳ぎがとても得意な人もいますし、逆に全く泳げない人もいて、それだけでも海に対する不安感が違ってきます。

海面移動などの場合も、
男性と女性ではやはりスピードが違いますので、目的地に移動する場合には遅い人は少し遅れて着くことになりがちです。

ダイビング中のエアの消費量も個人差があり、緊張などでエアの消費量が多い人は少ない人の倍ぐらいの消費をしますので当然それだけでも潜っている時間が違ってきます。

ダイビングは初心者と経験豊富なベテランダイバーが一緒になって潜ることが多いですので、ベテランダイバーたちが経験の少ない人をしっかりとサポートしてあげることが重要になってきます。

自分勝手な人ですと、常に自分の行動を優先にして考えてしまう傾向があり、このような人と一緒にダイビングする初心者のダイバーたちはとても不安な気持ちにさせてしまいます。”

ダイビングに向いていない人は危険と隣り合わせになります。

“どんなスポーツでも危険はつきものですが、時々発生する山や海の事故の最大の特徴は経験者の過信や油断が引き起こす事が多いです。

経験の少ない人たちは決して無理をしないですから、安全を最優先にして行動しますが、ある程度経験のある人になりますと少しぐらいの無理などは大丈夫だと思ってしまったりします。

海などの状況は刻一刻と変化してきますので、状態によっては取り止める勇気や引き返す判断が必要になります。

そんな場合も、
自分勝手な行動をする人は従わなかったり、簡単に考えて判断してしまうケースもあり、これが思わぬ事故などにつながっていきます。

常にチームでの行動が前提になっていますし、海の中でも二人一組のバディシステムが前提で成り立っていますし、経験の差があるものどおしで楽しむものだ思って欲しいです。

ダイビングを通じて知り合った仲間たちはとても大切な財産になりますし、いつでも多くの海に魅了された人たちと交流できる機会が多くあるのも魅力です。

スポンサードリンク