会社を辞める時の適当な理由と知っておきたい準備とタイミング

0716f2e4a7cc103f305aea0fb6277a1a_s 仕事

上司からのモラハラや気の合わない同僚との苦痛な日々。残業続きで体はボロボロになり、精神も崩壊寸前。「会社を辞める!」そう決意した時に、始めなくてはいけない準備と、波紋が残らない退職理由とスムーズに退職するためのタイミングをご紹介します!

スポンサードリンク

会社を辞める時に波風が立たない適当な理由

筆者はこれまでに2回転職をしてきました。どちらも仕事が楽しくなく、2社目の会社に至っては上司の事を軽蔑しており同じ空間にいたくない。と思ったのが本当の理由でした。
ですが、いくら辞める身と言っても、相手が言われて気を悪くするような理由をいう事は好ましくありません。もし同じ業界に転職しようと思っていたら、悪い噂が立たないとも言い切れませんし、仕事内容や待遇に不満があるといえば引き止められてしまうかもしれません。
そうならない為にも仕事を辞める時の理由はとても大事です。
筆者が使った理由は
「留学をする」「他にやりたいことができた」といった理由です。
会社に対して不満はないという事を伝えられるだけではなく、この会社ではできない事をアピールする事により引き止められる事もありません。
波風立てづにスムーズに退職する事ができます。
また、理由がうまく考えられなかったり、言いたくない場合は、法律上雇われている側からの契約解除の申し立てには理由は必要ないとされているため「一身上の都合で」といえばいいでしょう。
会社を辞める時の理由としてのポイントは
・会社の不満を言わない
・会社でできない事がしたいとアピール
をすることでお互いにいやな思いもせず辞める事ができます。

会社を辞める時に知っておきたい準備の仕方

筆者が会社を辞めた時、歳が20代前半であったこともあり全く準備をせずに辞めてしまいました。当時は責任もなく辞めたいといえば多少の引継ぎをしてすぐにでもやめられましたが20代後半に差し掛かると、やはりある程度の仕事は任せられていたりして引継ぎに時間がかかったりするため、のちの転職の事を考えると円満退社をするに越したことはありません。では、会社を辞めるにあたりどのような準備をすればいいのでしょうか。

退職の報告は必ず直属の上司から!

辞めたい、辞めたいと思っていると、どうしてもお酒の場などで同僚にぽろっと言ってしまう事があります。それが上司の耳に入った場合「なぜ自分に相談してこないんだ」と気を逆なでて円満な退職ができない可能性があります。また、あなたの仕事を管理している上司に相談ベースで退職の胸を伝える事で日取りや引継ぎの仕方など具体的にスムーズに決める事ができるでしょう。また、会社を辞める場合は法的には2週間前までに申し出ればよいとされていますが、さすがに2週間前に辞めるというのは常識知らずの自己中だと思われてしまいます。筆者は2か月前程度には告げて、円滑に引継ぎができるようにしていました。

スポンサードリンク

貯金はすぐに転職できなくても良いぐらいの金額を

よく言われているのが、6か月間全く働かなくても生活できる分の貯金は確保しろという事です。筆者の場合とても楽観的な性格である事もあり、貯金はほぼほぼありませんでした。初めて転職した際は、次の職場が決まっていた為お金に対する不安がありませんでしたし、2回目の転職の時は少し休もうと思い実家に帰ったものの1週間程度で次の転職先が決まりました。ただしこれは当時の筆者の年齢が若かった為であります。
年齢が上がるにつれだんだんと需要は低くなります。特に27歳を過ぎると即戦力として雇いたいと思う会社が増えるため、圧倒的なスキルや経験がなければすんなりと転職先が見つかるという事は難しいと考えるべきでしょう。
そのため、転職活動が長引いた事も考え独身であれば80~120万程度の貯金があると安心といえます。この金額はあくまでも目安ですのでご自身の1か月の生活費を改めて計算しなおしてみる事をおすすめします。算出した結果圧倒的に貯金が足りないと思っても、失業保険が適応できる可能性もありますのでいくら足りないのか、どうすれば切り詰められるかなども考えると良いでしょう。
お金は会社を辞める際の大きな壁となりますが、お金の事だけで会社を辞められないのはとてももったいない事だと思います。転職した先に心から楽しいと思える仕事や仲間がまっているかもしれないのに、お金に対する不安だけで現状を打破できないのはもったいないです。筆者ほど楽観的になる必要はありませんが、あまり悲観的に考えず会社を辞めるという意思を固めた以上、どうすれば生活できるかしっかりとシュミレーションしてみましょう。

転職サイトやエージェントへの登録

会社を辞めた後に、転職を考えているなら在社中に転職サイトやエージェントに登録して就職活動を始めておいたほうが良いでしょう。引継ぎの兼ね合いもあり、不安に思うかもしれませんが在社中に転職先を決めてしまおうというより、在社中の気持ち的にも余裕のあるうちに転職先の会社をじっくり選んだほうが良いという理由です。いざ会社を辞めると、解放されたという喜びからだらけてしまったり、金銭的な不安による焦りで適当な会社に転職してしまう危険性があります。そうならない為にも、今の会社と比較しながら自分にあった転職先を在社中から吟味する事をおすすめします。

会社を辞める時の適切なタイミング

会社を辞める意思がかたまり、理由を考え準備を始めたら最後の仕上げはタイミングです。
もちろん上司に報告するタイミングも大事ですが、ここで注目したいのは退職する月や日にちによって税金を払う金額が変わってくるという事です。
例えば月末1日前だと各種保険料が引かれないというメリットがあったり、失業保険を貰うためには被保険者期間が退職日以前の1年間に通算で6ヶ月以上あることが必要があります。また、どおせならボーナスもいただいて退職したほうが安心ですよね。そういったことも考慮して、いつ辞めるのが一番ベストなタイミングなのかを決めていきましょう。

まとめ

いかがでしたか?筆者は転職をする際にはいつも上司に報告する事が一番つらいです。関係性が悪ければ悪いほど上司に時間をとってもらうのは気まずいですし、逆に関係性がふつうであっても引き止められたり理由を聞かれたりという不安があります。ですがそこさえ乗り切れば、転職先を見つけあとは次のステージに向かって着実に階段を上っていけるのです。会社を辞めるか辞めないかで悩んで悶悶としているのなら、辞める事をおすすめします。なぜなら筆者は会社を辞めるたびにスキルアップできたし新しい環境に身を置く事、転職するために自分自身を見つめなおした事で大きく成長できたと感じるからです。皆さんも会社を辞めると決めたならまずは行動してみましょう!

スポンサードリンク